社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】世界最大級・中国「三峡ダム」危険水位を大幅超え崩壊寸前

テレ朝ニュースによれば

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

世界最大級のダムが「危険水位」を大幅に超え、警戒が強まっています。

中国・長江の中流にある世界最大級の三峡ダムは、6月から降り続く大雨で水位が過去最高を更新し続けています。

流入する水量も過去最大で、すでに「危険な水位」を意味する「制限水位」を大きく超えました。ダムの上流の四川省や重慶市では広い範囲で冠水し、地下街が水没するなど被害がさらに拡大しています。

Newsweekは

中国、三峡ダムのある長江流域で洪水 10万人避難、世界遺産の楽山大仏も水没の危機
中国・長江流域で豪雨による洪水が発生し、10万人が避難する事態となっている。 ...

すでに中国・長江流域で豪雨による洪水が発生し、10万人が避難する事態となっている。

と指摘。

Twitterでも「他人ちゃん」さん

三峡ダムは世界最大級のダム。崩壊すれば、下流にある南京、上海、武漢などの大都市に多大な影響を及ぼし、約3億人に被害が及ぶと言われている。

この情報に、黒瀬さんは中国自体の崩壊との指摘

フィフィさんは、中国からの報道が見えてこない

三峡ダムは、6月半ばからの梅雨入りから大雨と集中豪雨が続いて、近くの河川が氾濫。その結果、26の省で洪水が発生。被災者は4000万人近く。すでに経済的な損失は約5,000億円近いといわれる。

そして問題の揚子江中流の三峡ダムが決壊するのではと言われてきた。もし三峡ダムが決壊すれば中国史上最悪のダム崩壊とな理、3億人の被災者が出るとの予測もある。一番河口には上海があるが、都市の昨日は失われる。

上海だけでなく流域に位置する武漢など170の都市は大打撃。経済、工業地帯を形成しており、日本企業も多数ある。

三峡ダムの決壊は中国のGDPの半分を奪い、サプライチェーンが寸断される。

有本香氏の指摘

のように、トヨタだけでなく、本田などの日本メーカーはもはや中国頼みをやめて原点に帰るべきであろう。

 

タイトルとURLをコピーしました