社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ロシア、反体制派の指導者に神経剤を使用したとドイツ政府/過去に何人も

ドイツ政府及びメルケル首相は、ロシア反体制派の指導者に神経剤ノビチョクを使用したと発表した。

記事によると、

 ドイツ政府は2日、同国で入院中のロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏について、化学神経剤「ノビチョク」と同じグループの毒物が使用された証拠を確認したと明らかにした。

ナバリヌイ氏は先月、シベリアの都市トムスクから航空機で移動中に体調不良を訴え、現在はドイツの首都ベルリンの病院で治療を受けている。

ドイツ政府のザイベルト報道官は声明で、国内の軍研究所でナバリヌイ氏から採取されたサンプルの毒物検査を行った結果、ノビチョクに属する化学神経剤の「明白な証拠」が得られたと説明した。

そのうえで、ナバリヌイ氏がロシア国内で化学神経剤による襲撃の被害者になったのは「驚き」だとし、今回の襲撃を「可能な限り最も強い言葉で非難する」と表明。ロシア政府に説明を要求した。

ドイツのメルケル首相も2日の記者会見で、検査の結果、ナバリヌイ氏はノビチョク系の化学神経剤による犯罪の被害者であることが判明したと指摘。「この毒物がサンプルから検出されることは疑いない」とした。

さらに「ロシアは彼の発言を封じたがっていた。可能な限り最も強い言葉で非難する」とした上で、「ロシア政府だけが答えることのできる重大な疑問があり、ロシアは答えなければならない」と説明を要求した。

一方、ロシア国営タス通信によると、ペスコフ大統領報道官は同日、ナバリヌイ氏にノビチョクが使用されたという情報はドイツから一切受け取っていないと述べた。

ノビチョクは2018年3月、英ソールズベリーで起きたロシア人元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏の襲撃事件でも使われた。

(ソース:CNN)

ロシア反体制派に神経剤ノビチョク使用、検査で証拠確認 ドイツ政府
ドイツ政府は2日、同国で入院中のロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏について、化学神経剤「ノビチョク」と同じグループの毒物が使用された証拠を確認したと明らかにした。

ロシアは過去にも敵対する人物に

元ウクライナ大統領のビクトル・ユーシチェンコ氏は14年前、親ロシア派の対立候補と大統領選を争っている際、食事にダイオキシンを盛られた。

(BBC)

ロシアによる毒殺未遂  元ウクライナ大統領の場合 - BBCニュース
元ウクライナ大統領のビクトル・ユーシチェンコ氏は14年前、親ロシア派の対立候補と大統領選を争っている際、食事にダイオキシンを盛られた。
チェチェン紛争でのロシア政府による残虐行為などを批判してきたノーバヤ・ガゼータ紙のアンナ・ポリトコフスカヤ記者が2004年、機内で出された紅茶を飲んで意識不明の重体、2年後の06年に自宅アパートのエレベーター内で射殺体で見つかった。
06年にロシアの元スパイのアレクサンドル・リトビネンコ氏が亡命先のロンドンで殺害された事件では、ホテルのバーで飲んだのが緑茶に猛毒の放射性物質「ポロニウム210」が混入されていた。
国外の殺害事件でも関与を疑われてきた。59年、ドイツ・ミュンヘンで起きたウクライナの民族主義運動の指導者ステパン・バンデラ氏を暗殺。
78年には、ブルガリアから亡命してソ連圏の言論弾圧などを批判した作家ゲオルギー・マルコフ氏がロンドンで毒を仕込んだ傘で刺され、殺された。
04年にもチェチェンのヤンダルビエフ元大統領代行がカタールの首都ドーハで、乗車中の車を爆破されて死亡。
15年に野党指導者ボリス・ネムツォフ氏が、モスクワのクレムリンを目の前に望む橋で銃撃されて殺害
18年に、英国の商業施設のベンチで元ロシア軍情報機関大佐セルゲイ・スクリパリ氏と娘ユリアさんが意識不明で発見された。英当局は、旧ソ連で開発されたとされる神経剤「ノビチョク」が使用され、容疑者らは「ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の将校」と認定。

(情報:朝日新聞GLOBE)

「裏切り者」が次々消えていく ロシア暗殺の歴史を振り返る:朝日新聞GLOBE+
ロシアの代表的な反政権活動家であるアレクセイ・ナバリヌイ氏が飛行機の中で意識を失って重体となった。このニュースを聞いたとき、私の頭に真っ先に浮かんだ疑問が、「この日は誰かの誕生日なのか?」だった。ロシアではソ連崩壊後の1990年代から...
スポンサーリンク

ネットの声

恐ろしい国
政敵は誰でもか
民主政治など無縁の国
この国と普通に外交を考える方がおかしい
北方領土など夢のまた夢
タイトルとURLをコピーしました