社会の話題と反応を発信していくネットメディア

警官に7発撃たれた黒人男性、元恋人から訴えの性的暴行等について病院から無罪を主張/ #BLM

ウィスコンシン州ケノーシャで、警官に背後から7発撃たれたブレイクさん、罪状に無罪を主張

記事によると、

米ウィスコンシン州ケノーシャで警官に背後から7発撃たれたジェイコブ・ブレイクさん(29)が4日、それ以前に被害届が出ていた罪状について、病院からビデオ通話アプリ「ZOOM」経由で無罪を主張した。

8月23日に至近距離から背中を7発撃たれたブレイク被告は入院中で、撃たれた傷により下半身が麻痺(まひ)しているという。この日は、それとは別件で元恋人から7月に被害届が出されていた事件について、ケノーシャ郡裁判所による罪状認否に出席した。

訴えによると、被告の元恋人は被告による不法侵入や性的暴行、公序良俗違反などの被害にあったと主張している。ブレイク被告はいずれの罪状についても、無罪を主張した。

一方で、地元検察は起訴相当の証拠があると判断した。

元恋人は、今年5月に被告から性的に暴行された上、車のカギとデビットカードを奪われたと主張している

ケノーシャ郡検察官事務所によると、8月に警官に撃たれた事件の時点で、ブレイク被告はこうした罪状で訴追されていた。

(BBC)

米警官に7発撃たれた黒人男性、別件の審理で病院から無罪主張 - BBCニュース
米ウィスコンシン州で警官に背後から7発撃たれたジェイコブ・ブレイクさんが4日、それ以前に被害届のあった罪状について、病院からビデオ通話アプリを使って無罪を主張した。

ケノーシャはこの事件をきっかけに混沌としており、17歳少年が抗議参加者に発砲して3人を死傷させる事件も起きている。

特に黒人差別を訴える行動 ブラック・ライブズ・マター(BLM)は過激を極め、一般市民への暴動、略奪を重ね、これを制止する警官との間で激しい争いが起きている。

BLMは非暴力を訴える組織であるが、実態は真逆。その行動の過激さはネットで調べると山ほど出てくる。

これについて、メラニア夫人も共和党大会で「正義の名を語った暴力や略奪をやめるべき」と批判した。

大阪なおみ選手が、決勝までマスク姿で登場するという行動もBLM擁護ではないかと批判が出ている。

大坂なおみ 抗議マスクについて「誇りに思っている」/ネット「BLMの暴力行為は知ってるの?」
BLMのマスクをつけ続けると言って物議をかもしている大阪なおみ選手 が、マスクについてまたコメントした 記事によると この日も大坂は1・2回戦に続いて人種差別への抗議の意を示すため、2月にジョージア州で射殺された黒人男...続きを読む

このBLMの運動は黒人差別を批判するバイデン氏と、警察を擁護するトランプ氏の政治的な構図を生み出し、今のところ黒人票は、圧倒的にバイデン氏に流れている。

しかし、BLMの暴動に嫌気をさしている人の中には黒人も増えてきており、この暴動が今後続くようであれば、逆にトランプ氏が有利になると言われている。

タイトルとURLをコピーしました