社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】全米OP,ジョコビッチまさかの失格。線審にボールを当てる/今大会のポイント、賞金は没収の上罰金

ジョコビッチ失格 中断時に打ったボールが線審喉に当たって失格に

記事によると

<テニス・全米オープン>◇6日(日本時間7日)◇米国ニューヨーク◇男シングルス4回戦

世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が失格となる前代未聞の出来事が起きた。

ジョコビッチは、同27位のカレノブスタ(スペイン)と対戦。第1セットの5オールでジョコビッチのサーブ。15-40でブレークポイントを握られ、そこでポイントを失い、サービスゲームを失った。

その瞬間、後ろを振り向かず、ジョコビッチはボールをバックフェンス側にラケットで打った。それほど強くはなかったが、そのボールが線審の喉を直撃。ジョコビッチは、すぐに謝罪に駆けつけたが、線審は座り込んだ。

その行為に対し、大会のスーパーバイザー、レフェリー、主審が協議の結果、ジョコビッチは、失格となった。大会主催の米国テニス協会は「この失格により、ジョコビッチは、今大会で獲得した賞金、世界ランキングのポイントは没収され、後に罰金を科される」と発表した。

ジョコビッチは今季、負けなしの26連勝中だったが、初の敗戦が失格という後味の悪いものとなった。ジョコビッチは会見を行わず、自身のSNSに「本当に残念な結果となってしまった。故意ではなかったが、彼女(線審)に多大な迷惑をかけ、本当に申し訳ない。この行為から学び、自身の成長につなげたい」とコメントした。

(ソース:日刊スポーツ)

ジョコビッチ失格 中断時に打ったボールが線審喉に - テニス : 日刊スポーツ
世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が失格となる前代未聞の出来事が起きた。ジョコビッチは、同27位のカレノブスタ(スペイン)と対戦。第1セット… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
「Azpiをクエタ」さんのツイート

スポンサーリンク

ネットの反応

かわいそうだけど、故意かどうか何て関係ないんでしょうね。例えばプロ野球でも頭部に死球したら故意かどうか何て関係なく退場処分ってのと同じ。
ジョコさん、今年は何かとお騒がせやなぁ。
今回の件は故意では無いと思うけど、かなりイライラしてたから、平静じゃなかった事は確かだよね。
蛮行というほど酷い行為には見えないし本人も深く反省してるようだから、これ以上叩いたりする必要はないと思う。
ただ、イライラを抑えられず物に当たっているだけ。
球審もまさかこんな時にボールが来るとは思っていないだろうから、無防備な状態でまともに当たってる。

擁護と批判が渦巻いた。

ノバク・ジョコビッチ(wikipedia)
(Novak Đoković, セルビア語: Sr Novak Djokovic.ogg Новак Ђоковић, 1987年5月22日 – )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。ATPツアーでシングルス80勝、ダブルス1勝。身長188cm、体重77kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。愛称はノール(Nole)

ノバク・ジョコビッチ - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました