社会の話題と反応を発信していくネットメディア

池袋暴走事故加害者とその家族へのバッシングは大衆の胸中に潜んでいる羨望のせい〜ネット:違うわ/的外れ/恐ろしく勘違いな分析

事件

 

「上級国民」バッシング

昨年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し11人が死傷した「池袋暴走事故」の初公判で、過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告は、「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しており、暴走したのは車に何らかの異常が生じたため暴走したと思っております」と自身の過失を否定した。

これに対して批判の声が上がっているようだ。

飯塚幸三被告が、事故は自分の運転ミスのせいではなく、運転車両の不具合のせいと主張したことには、私自身も反感を覚える。

また、「ご親族の皆様に心からお詫び申し上げます」と謝罪したのは、口先だけなのかと疑いたくなる。だから、加害者である飯塚被告本人を叩くのは、理解できなくもない。

だが、そのことと、飯塚被告の家族まで「運転免許を返納させるべきだった」「運転を止めるべきだった」などと責め、攻撃することとは別問題である。

この事故の後、飯塚被告が逮捕されなかったのは「上級国民」だからという書き込みをはじめとする罵詈雑言がネット上にあふれた。また、「家族も同罪」「家族も死刑」といった家族へのバッシングも加熱した。

なぜ家族まで袋叩きにするのか

このように、加害者本人だけでなく、その家族も叩く傾向に最近拍車がかかっているように見える。加害者家族の責任を問い、それ相応の責任を取るまでは許さないという姿勢で袋叩きにするのだ。

とくに、加害者とその家族が恵まれた境遇にいるように見える場合、バッシングはより激しくなる。これは、大衆の胸中に潜んでいる羨望のせいだろう(記事続く)

(日刊ゲンダイ)

池袋暴走事故「上級国民」だけでなく「家族も死刑」と袋叩きにする人々のヤバい心理(片田 珠美) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

ネットの声

よくこんな恥ずかしい文章を記事にしたな
なんか某国の記者の書く記事みたいだなwww
単に恵まれているからじゃねえわ悪事を微罪でもみ消そうとしてる連中だから叩かれるんだぜ
飯塚の精神鑑定でもしてろよ
足が不自由なのに運転して母子殺して挙げ句に「安全な車云々」って言ったからだろ。こんな恥知らずの爺さんを羨ましく思う奴は誰もおらん
身分?出自?関係ない。
これで精神科医なのか?得意げに分析してるが全く的外れじゃんww
こいつとかのせいで精神科医がパヨクばかりと思われて心外だわ。変なやつは多いけど、基本みんなノンポリや。
自分が上級国民だと思ってないと精神が崩壊するのかな
羨望のせい?それは勘違いだな
すげ〜精神科医だなwww母子が殺されてるのを批判したら「羨望のせい」だってさwww
上級なんてどうでもよくて、ただじじいの言動がクソすぎのが問題なのに
つまり上級が人を殺傷するのは当然の権利であると
タイトルとURLをコピーしました