社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】ハンター・バイデン氏の悪行をFBIに垂れ込んだボブリンスキー氏が、FBIから公式にインタビューを受けた模様〜ネット:CBSが伝えてることに真実味ある

政治
スポンサーリンク

ハンター・バイデン氏の悪行をFBIに垂れ込んだボブリンスキー氏が、FBIから公式にインタビューを受ける

CBSの調査特派員によると

FBIのインタビューを直接知っている情報筋によるとハンターバイデンのビジネスアソシエイトであるトニーボブリンスキーは、10月23日に約4〜5時間、局のワシントンフィールドオフィスで弁護士出席のもと、FBIからインタビューを受けました。

情報筋によると、本物であることを確認するために、3台の電話の「検査とレビュー」が含まれているという。ボブリンスキー氏は、電話を使用してハンターバイデン+ HBのビジネスチームと通信したと述べています。

インタビューにはハンター・バイデンとのビジネス取引+中国企業CEFCの彼のチーム、およびボブリンスキーの「他のバイデン家のビジネス取引」が含まれていました。

(トランプ大統領との)最後のデイベートで、バイデン候補は「非倫理的なことは何もなかった」+「私は人生でこれまで外国の情報源から1セントを受け取ったことがない」と述べていた。

FBIはこの情報について、「あなたの証拠は非常に貴重な情報だ」と述べたと伝えられている。

スポンサーリンク

「バイデン一家は中国に弱みを握られている」元ビジネスパートナーが語る

ハンター・バイデン氏とジェームズ・バイデン氏の元ビジネスパートナー、トニー・ボブリンスキー氏は、10月27日に放送されたインタビューで、民主党の大統領候補ジョー・バイデン氏とバイデン一家は、中国共産党に関係のある人物や企業とのビジネス取引で、中国に弱みを握られていると主張した。

ボブリンスキー氏は、ある合併企業の最高経営責任者(CEO)を務めていた。この合併企業は、ハンター・バイデン氏、ジェームズ・バイデン氏、そして他の2人のパートナーと、中国共産党に関係のあるエネルギー複合企業、中国華信能源(CEFC チャイナ・エナジー)の創設者で億万長者の葉簡明氏との間で立ち上げられた。ボブリンスキー氏は、FOXニュースのタッカー・カールソン氏との長いインタビューの中で、彼の考えを語った。

ボブリンスキー氏、「ジョー・バイデン本人と2回面会」

ボブリンスキー氏はインタビューで、「ジョー・バイデン氏とバイデン一家は弱みを握られていると思う。私はQ-clearance(米エネルギー省のセキュリティ許可で、極秘データへアクセスできる)を持っていた。Q-clearanceを持っていると、弱みを握られた者の情報や、誰と話し、取引し、ビジネスを行うことができるかについて報告を受ける。これまでの経緯と事実を考えると、CEFCとの関係によってジョーが影響を受けることがないとは到底考えられない」と話した。(記事抜粋、EPOCH TIMES)

「バイデン一家は中国に弱みを握られている」元ビジネスパートナーが語る
ジェームズ・バイデン氏とハンター・バイデン氏の元ビジネスパートナーは、10月27日に放送されたインタビューで、民主党の大統領候補ジョー・バイデン氏とバイデン一家は、中国共産党に関係のある人物や企業とのビジネス取引で、中国に弱みを握られていると主張した。

ハンター・バイデン氏の元ビジネスパートナー「FBIにすべての証拠を提出する」

(NTD)

ハンター・バイデン氏の元ビジネスパートナー「FBIにすべての証拠を提出する」 - NTDTV Japan
米大統領選の討論会の前にバイデン氏の ...

ハンター・バイデン氏の共同経営者、トニー・ボブリンスキー氏の告白動画

ハンター同僚(CEO)Tonyの証言ー「大物」はジョー・バイデン。(日本語字幕)

6日前のボブリンスキー氏の発言

「バイデン家のe-mail、チャット、ドキュメント、携帯電話3台を録音したものを証拠として持っている。中国から金をもらったビッグガイはジョー・バイデンのことだ。今からこの証拠を持ってこれからFBIに行く」

ジョー・バイデンは腐敗した政治家

タイトルとURLをコピーしました