社会の話題と反応を発信していくネットメディア

伊藤詩織氏の書類送検の意味が重い特別な理由(令和電子瓦版)

政治
スポンサーリンク

書類送検には特別な意味がある(令和電子瓦版)

伊藤詩織問題 書類送検の意味が重い特別な理由

伊藤詩織ジャーナリストが虚偽告訴と名誉毀損で9月28日に書類送検されたとする問題で、オンラインメディアのBuzz Feedが「書類送検に意味はそれほどない」という趣旨の記事を掲載した。瀧口徹弁護士のコメントを中心とした記事だが、メディア出身者から見ると首をひねりたくなる内容であり、しかも本件においては特別に意味を有していることに気付いていないという点で、的外れな記事と言える。

■山口敬之氏の告訴 満たした要素は形式面だけではない

警視庁渋谷署(写真はイメージ)
問題の記事は「伊藤詩織さんの『書類送検』は単なる手続き。山口敬之さんの投稿を弁護士が解説」で、瀧口弁護士がコメントをしてそれを瀬谷健介氏がまとめる形になっている。簡単に内容を書くと以下のようなもの。

①告訴が警察に受理されたという事実は、山口氏の告訴が形式面などの最低限の要素を満たしていると判断した、という以上の意味は持たない

②今回の手続きは「送付」(刑事訴訟法242条)で、現時点では単なる手続きの一つに過ぎない

③書類送検は、送致における例外をのぞいて、当たり前に行われる

④送付を単独で見れば、ニュース性がないとも言え、本来の法的な手続き上の意味としても、それほど意味のあるものではない

⑤伊藤詩織ジャーナリストは「被疑者」「容疑者」なのは間違いない

⑥被疑者(容疑者)や被告人であるからといって、その人が悪い人とはならない

以上は瀧口弁護士のコメントによるもので、瀬谷記者は以下の内容を加えている。

⑦SNSの発信や情報の拡散には、事実を踏まえた上での慎重さと冷静さが必要

瀧口弁護士のコメントで問題となるのは①である。山口氏の告訴が形式面の要素を満たしていたのは当然で、問題は「形式面など」の「など」の部分。つまり、内容としても要素を満たしていたということである。それが受理されたことの意味は決して小さくない。

刑事訴訟法230条【告訴権者】 犯罪により害を被つた者は、告訴をすることができる。

つまり、告訴は「犯罪」が成立していなければ、少なくとも受理する警察の時点で犯罪が成立すると判断されなければ告訴としての要件を満たさないことになる。犯罪とは「構成要件に該当し、違法で有責な行為」である。一般の人が加害者の行為が犯罪に該当するかどうかを見極めるのは意外と難しい。例えば、A氏が誤ってB氏の2000万円の壺を壊してしまったが、謝罪をしなかったとしよう。B氏がA氏の誠意のない態度に怒り器物損壊罪(刑法261条)で告訴したとしても、受理される可能性はほぼゼロ。A氏には器物損壊罪の構成要件的故意がないからである。過失で他人の物を壊しても器物損壊罪は成立しない。

そのように犯罪が成立することが難しい場合もあるため、告訴状ではなく「被害届」の形で提出されることは少なくない。「(告訴が)犯人の処罰を求める意思表示である点で、犯罪の被害を申告するにとどまる被害届とは異なる」(刑事訴訟法講義 第3版 安冨潔 p62 慶應義塾大学出版会)と明確に区別されており、検察官への送付の義務があるのは告訴の方だけである。

 警視庁が告訴を受理し、検察官に送付したということは警察レベルで犯罪成立の可能性があるとジャッジしたことにほかならず、そのハードルは決して低くない。その低くないハードルを越えた後の手続きは刑事訴訟法に沿って粛々と行われるのであり、そのことをもってして「ニュース性がない」と言うのは合理性を欠く。粛々と行われるような状況になった点にニュースバリューがあるのは言うまでもない。瀧口弁護士は法律のプロであろうが、報道、特にニュースバリューの判断については専門家と呼べるレベルではないと思う。(記事抜粋、記事続く:令和電子瓦版)

伊藤詩織問題 書類送検の意味が重い特別な理由 | 令和電子瓦版
 伊藤詩織ジャーナリストが書類送検されたとする問題で、Buzz Feedが「書類送検に意味はそれほどない」という趣旨の記事を掲載した。
スポンサーリンク

BuzzFeedは書類送検は単なる手続き

伊藤詩織さんの「書類送検」は単なる手続き。山口敬之さんの投稿を弁護士が解説

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、性行為を強要されたとして元TBS記者の山口敬之さんを相手取って起こした民事訴訟が続いている。

一審では伊藤さんが勝訴した。しかし、山口さん側は判決を不服として東京高等裁判所に控訴している。

この件に関連し、伊藤さんを虚偽告訴と名誉毀損の疑いで警視庁に刑事告訴している山口さんは、「伊藤さんが書類送検された」とネット上で報告した。これを目にして、伊藤さんが「有罪」という印象を持った人々のSNS発信や拡散が起きた。

この「書類送検」は、司法手続きのなかでどんな意味を持つのか。どう見るのが適切なのか。

名誉毀損事件に詳しい瀧口徹弁護士は、BuzzFeed Newsの取材に、伊藤さんの書類送検は、現時点では単なる手続きの一つに過ぎないとし、冷静に受け止めるように注意を促した。(記事つづく:BuzzFeed)

伊藤詩織さんの「書類送検」は単なる手続き。山口敬之さんの投稿を弁護士が解説
「そもそも書類送検とは...」。名誉毀損事件に詳しい弁護士に聞きました。
タイトルとURLをコピーしました