社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】プーチン大統領「法的な問題が解決するまで、米国大統領選挙の勝者を祝福しない」〜ネット:西側のヘタレ首脳より、はるかにまとも

政治
スポンサーリンク

プーチン大統領は、法的な問題が解決するまで、米国大統領選挙の勝者を祝福しません

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、2020年11月6日にロシアのモスクワで開催された電話会議を通じて、安全保障理事会のメンバーとの会議に出席します。(Alexey Nikolsky / Sputnik / AFP via Getty Images)

クレムリンのスポークスマンは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、米国大統領選挙の公式結果を待ってから、勝者を祝福すると述べた。

ロシアのペスコフ大統領スポークスマンは月曜日に記者団に、クレムリンは「次の米国大統領との対話を構築し」、二国間関係を強化する方法を模索することを望んでいるが、プーチンは法的な問題が解決し選挙結果が出た後、大統領選挙を祝福するのを待つと語った。

「(ロシアのウラジーミル・プーチン大統領から)米国大統領選挙へのお祝いについてのあなたの考えられる質問を予想して、私は次のことを言いたい。選挙の公式結果が発表されるのを待つのは正しいと思う」とペスコフは言った。ロシアの報道機関タスに。

ペスコフ氏は、2016年の勝利でトランプ氏を祝福するためにプーチン氏がすぐに待つことを選んだ理由について尋ねられ、4年前の選挙結果に法的な問題はないと述べた。

「そこで(米国では)現職の大統領によって発表された特定の法的手続きに直面しているため、この状況は異なります。したがって、公式発表を待つのは正しいと考える」とペスコフは述べた。

ペンシルベニア州とネバダ州での予想される勝利が彼を270の選挙人票のしきい値を超えた後、土曜日に大統領選挙人として宣言されたとき、一部の世界の指導者はジョー・バイデン前副大統領をすぐに祝福しましたが、他の指導者はもっと控えめでした。防衛と貿易の問題でトランプと衝突したヨーロッパの同盟国、特にドイツとフランスは、バイデンを祝福した最初の人の一人でした。過去にトランプへの支持を表明してきたハンガリーとスロベニアの保守的な指導者たちは、そうしなかった。

ポーランドの元首でトランプの同盟国であるアンジェイ・ドゥダは、土曜日のメディアの呼びかけに続く彼の「成功した大統領選挙」についてバイデンを祝福したが、彼の勝利については明確に述べていなかった。大統領スポークスパーソンのBlazejSpychalskiは日曜日に、選挙人が投票し、米国大統領が正式に召集された後、最終的に選挙に勝った人にお祝いの言葉を述べると、Dudaの声明を明らかにした。

メキシコのアンドレスマヌエルロペスオブラドール大統領は土曜日、法的な問題が解決した後、勝利者を祝福するのを待つと述べた。(記事抜粋、NTD)

Putin Won't Congratulate Winner of US Election Until Legal Challenges Settled
Russian President Vladimir Putin is waiting for official results from the U.S. presidential election before congratulating the winner.
スポンサーリンク

ネット民

メキシコ、スロベニアに続いてロシアもか
しかし、英仏独印日豪はくそだな。
ロシアより西側が劣っているとは
法的な問題が解決してから、ってど正論
ウラジミールやるやん
情けないな日本は
つか、普通係争中なら祝福しないだろ
ロシア今回だけは偉い
ウラジミーーーーール!!
プーチン、なかなかやるか
ロシアは大嫌いだが、これは評価する
タイトルとURLをコピーしました