社会の話題と反応を発信していくネットメディア

郵政公社の内部告発者詳報/内部告発→連邦捜査官が圧力→CNNが内部告発を撤回と報道→内部告発者撤回などしてない

政治
スポンサーリンク

連邦捜査官が圧力

ジャーナリスト(オキーフ)のリポート

捜査官(ラッセル・ストラッサー)調査する意図は全くなく、内部告発者(リチャードホプキンス)を翻意(ほんい)させようとしていただけ

郵政公社の内部告発者リチャードホプキンスに尋問する捜査官の生の音声がリリースされました…捜査官は脅迫戦術を使用してホプキンスを元のバージョンから遠ざけます:「私はあなたをねじろうとしています」…「私はここであなたを怖がらせています」

連邦捜査官、ラッセル・ストラッサー:「この嵐はおかしくなりつつありますよね?それは多くの人々のコントロールの外にあります。それで、彼らが私を呼んだ理由は、その群れを利用しようとし、それが本当に狂う前にそれを巻き戻そうとするためです。」

ラッセル・ストラッサー:「私は実際、あなたを少しひねろうとしています。信じられないかもしれませんが、あなたの心が動き出すからです。」

ストラッサー:「ここであなたを怖がらせています。OK。私たちが正直に1,000%パーセント正確でなく、お金が得られたと主張できるのであれば、私は仮定を言うつもりです。彼らは欺瞞を言うつもりです。」

ストラッサー:「私はあなたを信じています。私はあなたの隅にいます。私はあなたの世話をしたいです。はい。あなたは私を信じています。つまり、私がここにいる理由です。そこに行きます。OK?」

O’Keefe(ジャーナリスト):「ここで見ているのは、不正投票の調査ではありません。これは明白で単純な目撃者の脅迫であり、リチャード・ホプキンスが経験したことを誰もが経験することを防ぐために何かをしなければなりません。」

[ニューヨーク州ウエストチェスター郡– 11月。2020年11月11日]プロジェクトVeritasは本日、USPSの調査員とUSPSの内部告発者であるRichardHopkinsとの間の月曜日の数時間にわたるインタビューの生の音声をリリースしました。

プロジェクトベリタスの創設者兼最高経営責任者(CEO)であるジェームズオキーフは、次のように述べています。

「ストラッサーは、リチャード・ホプキンスによって提起された不正投票の非常に深刻で、有効な主張を調査する意図はまったくありませんでした」と彼は言いました。

「ここで見ているのは、不正投票の調査ではありません。これは明白で単純な目撃者の脅迫であり、リチャード・ホプキンスが経験したことを誰もが経験することを防ぐために何かをしなければなりません」と彼は言いました。

ホプキンスはインタビュー中にUSPSの捜査官と全面的に協力し、捜査官は彼らが不正な行動で逃げることができると信じるようになったと彼は言った。

ホプキンスとのインタビュー中にストラッサーが行ったコメントの一部を次に示します。

「この嵐はおかしくなりつつありますよね?それは多くの人々のコントロールの外にあります。それで、彼らが私を呼んだ理由は、その群れを利用しようとし、それが本当に狂う前にそれを巻き戻そうとするためです。」

私は実際、あなたを少しひねろうとしています。信じられないかもしれませんが、あなたの心が動き出すからです。OK。私たちは心をコントロールするのが好きです。そしてそれをするとき、私たちは自分自身に記憶を納得させることができます。しかし、私が意図的に行っていることである少しのストレスにさらされているとき、あなたの心は少し明確になる可能性があり、私たちはあなたの心を少し作るために別の運動もしますより明確になりました。

「私はここであなたを怖がらせています。OK。そうでない場合、私たちの正直さで千パーセント正確であり、お金が得られたと主張することができます、私は仮定を言うつもりです。彼らは欺瞞を言うつもりです。」

“私はあなたを信じています。私はあなたの上にいます私はこれについてあなたの隅にいます。お世話になってほしいです。はい。あなたはそれについて私を信じています。つまり、それが私がここにいる理由だからです。そこに行きます。OK。”

オキーフは、このインタビューで起こったことは怒りだと言った。

「これらの戦術は、外国の敵の戦闘員を尋問するために使用されてきました。Strasserは、彼の目標がホプキンスの物語を調査することではなく、弱体化させることであることを示しました。」

プロジェクトベリタスについて

James O’Keefeは、アンダーカバージャーナリズムの仕事を続けるために、2011年に非営利のジャーナリズム企業としてProjectVeritasを設立しました。今日、プロジェクトベリタスは、より倫理的で透明性の高い社会を実現するために、公的機関と民間機関の両方における汚職、不正直、利権、浪費、詐欺、およびその他の不正行為を調査および公開しています。O’Keefeは、CEO兼取締役会会長を務め、仲間のジャーナリストを引き続き指導および指導し、プロジェクトのベリタス文化を保護および育成することができます。

プロジェクトVeritasは、501(c)3に登録されている組織です。プロジェクトVeritasは、調査を通じて提起された問題に対する特定の解決策を提唱していません。(projectveritas)

RAW AUDIO of USPS Investigators Interrogating USPS Whistleblower Richard Hopkins Released … Investigators Use Intimidation Tactics to Sway Hopkins Away From Original Version: ‘I Am Trying To Twist You’ … ‘I Am Scaring You Here’
Investigating and exposing corruption in both public and private institutions.

連邦捜査官が「怖がらせる」場面は、内部告発者が録音テープに撮っていた

連邦捜査官:「私はあなたを少しひねろうとしています」 「私はここであなたを怖がらせます」

「君のために大変なことになっている」

「(この件は)上院議員が関与している。司法省が関与している」

「少し怖がらせるぞ」

内部告発者は退役軍人で、戦場より怖かったと発言。

CNNは内部告発者が話を捏造している、内部告発者は撤回したと報道

 

その後、内部告発者が、告発は取り消していないと発言し動画をアップ

タイトルとURLをコピーしました