社会の話題と反応を発信していくネットメディア

Twitter、Facebook、公聴会で大批判を浴びる。共和党「検閲をおこなった。セクション230を廃止検討する」/両CEOたじたじ

政治

ツイッターCEO「判断誤った」 米上院で浮かんだ課題(朝日新聞)

スポンサーリンク

FBとツイッター「報道機関はるかにしのぐ」、共和が公聴会で非難

米議会で17日に開かれた公聴会で、共和党議員の間から米大統領選期間中にフェイスブックとツイッターがトランプ大統領に対する「検閲」を行ったと非難が上がった。

[ワシントン 17日 ロイター] – 米議会で17日に開かれた公聴会で、共和党議員の間から米大統領選期間中にフェイスブックFB.OとツイッターTWTR.Nがトランプ大統領に対する「検閲」を行ったと非難が上がる一方、民主党議員はソーシャルメディアにおける偽情報の拡散に懸念を示した。

上院司法委員会は、大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領の息子のハンター氏を巡るニューヨーク・ポストの記事を、両社が閲覧できないようしたことを受け公聴会を開催。フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)とツイッターのドーシーCEOが出席した。

冒頭でリンゼー・グラム委員長(共和党)が、2社は報道機関でないにもかかわらず、ニューヨーク・ポストの記事について編集の権限があったのかと質問。これに対し、民主党議員はトランプ大統領と支持者による偽情報拡散を巡る議論に焦点を当てた。

ザッカーバーグ氏とドーシー氏はともに、一部対応に誤りがあった可能性があると認めながらも、自社の方針はおおむね適切だという認識を示した。

このほか、リチャード・ブルーメンソール議員(民主党)がザッカーバーグ氏に対し、元大統領首席戦略官のスティーブ・バノン氏のアカウントを閉鎖するか質問。ザッカーバーグ氏は「フェイスブックの方針に基づき閉鎖しない」と回答した。

ソーシャルメディア各社が自社のプラットフォームに掲載する情報と掲載しない情報を巡る軋轢が高まる中、トランプ大統領のほか、一部共和党議員は通信品位法230条の下で保証されている保護を撤回する姿勢を示している。

グラム委員長も通信品位法230条(セクション230)の改正に支持を示し、「伝統的なメディアをはるかにしのぐ力を持つ企業に対し、何らかの対応が必要だ」と指摘。これに対し、ザッカーバーグ氏とドーシー氏はともに、一定の法改正に反対しない姿勢を示した。(ロイター)

FBとツイッター「報道機関はるかにしのぐ」、共和が公聴会で非難
米議会で17日に開かれた公聴会で、共和党議員の間から米大統領選期間中にフェイスブックとツイッターがトランプ大統領に対する「検閲」を行ったと非難が上がる一方、民主党議員はソーシャルメディアにおける偽情報の拡散に懸念を示した。

テッドクルーズ議員はTwitterのCEOに「発行者」という単語を定義するように依頼し、彼自身の定義を使用して、Twitterの長い検閲の歴史をポイントごとに調べ、Twitterが実際に発行者である理由を示した。

スポンサーリンク

セクション230とは

米司法省、「セクション230」改定案を議会に提出 プラットフォーマーによる検閲や見逃し規制強化目指す

米司法省(DoJ)は9月23日(現地時間)、1996年制定のCommunications Decency Act(通信品位法)第230条(いわゆる「セクション230」)によって提供されている第三者のコンテンツをホストするプラットフォーム(Twitter、Google、Facebookなどのこと)の保護を抑制する提案を連邦議会に提出すると発表した。

セクション230は、プラットフォームはそのプラットフォーム上のコンテンツのパブリッシャーとはみなさないというもの。大まかに言えば、プラットフォームは発言の場を提供しているだけなので、どのような発言があってもその発言に責任はないということだ。例えば米Facebookが2016年の大統領選でのフェイクニュース拡散の責任を法的に問われないのは、この条項のためだ。

セクション230については、Twitterによって投稿に警告ラベルを付けられたドナルド・トランプ米大統領が5月末、プラットフォームに責任を問う改訂についての大統領令に署名し、ウィリアム・バー司法長官が6月に改定案を発表しているが、法律改定は最終的に議会の承認が必要だ。

バー司法長官はプレスリリースで「インターネットを安全かつ活気に満ちたオープンで競争を保護する環境に保つことは米国にとって極めて重要だ。そこで、議会に対し、これらに必要なセクション230の改革を提案した。プラットフォームがコンテンツを違法に検閲した場合と、犯罪行為を故意に助長した場合の両方で、プラットフォームに責任を持たせる」と語った。

この改定が実現すれば、FacebookやTwitter、Googleなどのプラットフォームは、サービス上での児童搾取やテロを助長するコンテンツを表示したり、ガイドラインに違反しないコンテンツを規制したりすると、民事訴訟を起こされることになる。(itmedia)

米司法省、「セクション230」改定案を議会に提出 プラットフォーマーによる検閲や見逃し規制強化目指す
米司法省が、Tiwtter、Facebook、Googleなどのオンラインプラットフォームがそのコンテンツについての責任回避を可能にしていた法律、いわゆる「セクション230」の改定案を議会に提出した。
【速報】トランプ大統領、とうとうTwitter社にきれる/ツイッターは制御不能だ!!セクション230に言及!
Twitterは制御不能であり、セクション230の政府からの贈り物とツイート これはセクション230を改訂するぞ!というコメントと取れます 「この改定が実現すれば、FacebookやTwitter、Googleなどのプラットフォ...続きを読む

 

【速報】リンウッド弁護士、今日何かが起きると予告か?トランプのHPと彼のメッセージを注意深く読め!
リンウッド弁護士、予告か? 今日は偉大な日だ。realDonaldTrumpのホームページと彼のメッセージを注意深く読んでください。 トランプはそれらすべてをトランプするつもりです。 Twitter民 これはきたかも 早く...続きを読む

 

【速報】トランプ陣営、ウィスコンシン州で一部再集計を要請し300万ドル送金/州全体の再集計には790万ドル必要
米大統領選、トランプ陣営がウィスコンシン州で一部再集計要請 [ウィルミントン(デラウェア州)/ワシントン 18日 ロイター] - 米大統領選の開票作業を巡り、共和党のトランプ大統領の陣営は18日、ウィスコンシン州で一部再集...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました