社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】二転三転!再度ミシガン州がひっくり返る可能性!!ウェイン郡選挙管理委員会の共和党員の家族が脅され、選挙結果認証を強いられていた。再度「選挙結果の認定取り消し」を宣誓!

スポンサーリンク

再度ミシガン州がひっくり返る可能性!

速報:ミシガン州ウェイン郡選挙管理委員会の共和党員が(選挙結果を認証する)投票を取り消し、家族が脅かされていることを証明し、(選挙結果を認証を否定する)宣誓供述書を提出する

宣誓供述書は👇

本件は一度、ミシガン州ウェイン郡が選挙結果証明を拒否したとのニュースが流れたが、その後、共和党員2名が認定拒否の投票を覆し、選挙認定が決定された。

しかしその後、家族が脅されたことにより認証したので、「不正が解決されるまでは現在の選挙結果を認証すべきではない。認証するとした投票を再度取り消した。


トランプ大統領「数は改善されていません、それはまだ71%バランスが崩れています」と、ミシガン州ウェイン郡、Canvassersは述べました。 「投票数には広範囲にわたる不規則性があります。」 「人より投票数が多い」。嫌がらせを受けた2人の愛国者Canvassersは、書類への署名を拒否しました。

「ウェイン郡で投じられた投票の総数は約863,000でした。 ウェイン郡がなければ、ミシガン州でのバイデンのリードは177,000トランプのリードに変わります。

スポンサーリンク

劇的な逆転で、ウェイン郡選挙管理委員会の共和党員は結果を証明する投票を取り消す

宣誓供述書では、共和党のキャンバス委員会のメンバーは、いじめられたと主張し、選挙結果を受け入れることを正当化するにはデトロイトの投票に不規則性が多すぎると述べています。2020年11月4日、投票所の労働者がデトロイトのTCFセンターの窓に乗り込み、投票がカウントされているのを観察者が見ることができないようにします。

ウェイン郡の選挙管理委員会の2人の共和党員は水曜日の夜、ミシガン州最大の大都市での選挙結果の承認にいじめられ、誤解されたと主張し、訴訟の可能性を予見する異常な転換期に署名しました。デトロイトの投票は解決されました。

ウェイン郡の選挙運動委員会のモニカ・パーマー会長と共和党の仲間であるウィリアム・C・ハートマンの前日からの投票を取り消す声明は、現在民主党のジョー・バイデンを支持しているミシガン州の大統領投票が承認されるかどうかを改めて疑問視した。彼らはまた、法的な対立の可能性を示唆した。

「私は認証しないことに投票しました、そして私はまだこの投票が認証されるべきではないと信じています」とハートマンは彼の宣誓供述書で言いました。「これらの質問に答えるまで、私はウェイン郡の結果の証明に反対し続けます。」

パーマーを宣誓供述書に追加しました。「ウェイン郡の選挙を証明するために以前の投票を取り消します。」

「ハートマン氏とパーマー氏は、いじめや脅迫にもかかわらず、ミシガン州の州務長官による約束が破られたにもかかわらず、ウェイン郡の結果の認証に反対を繰り返したことを嬉しく思う」とクライン氏はジャストニュースに語った。「ハートマン氏はウェイン郡の選挙当局に適切に回答を求めている。」(justnews)

In dramatic reversal, Wayne County election board Republicans rescind votes certifying results
In affidavits, GOP canvass board members claim they were bullied and say there are too many irregularities in Detroit vote to justify accepting election results...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました