社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】トランプ陣営は裁判に備え、激戦州の巡回控訴裁判所を保守派に配置換え実施!

スポンサーリンク

トランプ陣営は裁判に備え、巡回区の控訴裁判所を配置換え実施

トランプ陣営は控訴に備え、11月20日、控訴裁判所における連邦最高裁判事の配置換えを実施していた。主な配置は以下のとおり。

●ミシガン州:カバノー判事(保守派)
●ウィスコンシン州:バレット判事(保守派)
●ペンシルベニア州:アリート判事(保守派)
●ジョージア州:トーマス判事(保守派

回路の割り当て

合衆国法典第28編第42条に従い、本法廷の最高裁判所長官および準裁判官に以下の割り当てを行い、2020年11月20日よりそのような割り当てを記録に残すよう命じられています。

コロンビア特別区サーキットの場合-ジョンG.ロバーツジュニア、最高裁判事
最初の巡回区控訴裁判所-スティーブン・ブレイヤー、準正義
(メイン州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、プエルトリコ、ロードアイランド州)
第2巡回区の場合-ソニアソトマイヨール、準正義
(コネチカット、ニューヨーク、バーモント)
✳️第3巡回区控訴裁判所-サミュエル・A・アリト・ジュニア、準正義
(デラウェア、ニュージャージー、ペンシルベニア、バージン島)
第4巡回裁判所の場合-ジョン・G・ロバーツ・ジュニア、最高裁判事
(メリーランド州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、ウェストバージニア州、バージニア州)
第5巡回区控訴裁判所-サミュエル・A・アリト・ジュニア、準正義
(ルイジアナ州、ミシシッピ州、テキサス州)
✳️第6巡回区控訴裁判所-ブレット・M・カバノー、準裁判官
(ケンタッキー、ミシガン、オハイオ、テネシー)
✳️第7巡回区控訴裁判所-エイミーコニーバレット、準正義
(イリノイ、インディアナ、ウィスコンシン
第8巡回区控訴裁判所-ブレット・M・カバノー、連邦最高裁判所陪審員
(アーカンソー、アイオワ、ミネソタ、ミズーリ、ネブラスカ、ノースダコタ、サウスダコタ)
第9巡回区控訴裁判所-エレナ・ケイガン、準正義
(アラスカ、アリゾナ、カリフォルニア、グアム、ハワイ、アイダホ、オレゴン、モンタナ、ネバダ、北マリアナ諸島、ワシントン)
第10巡回区控訴裁判所-ニール・M・ゴーサッチ、連邦最高裁判所陪審員
(コロラド、カンザス、ニューメキシコ、オクラホマ、ユタ、ワイオミング)
✳️第11巡回区控訴裁判所-クラレンス・トーマス、準正義
(アラバマ、フロリダ、ジョージア
連邦巡回控訴裁判所の場合-ジョンG.ロバーツジュニア、最高裁判事。

太字:ゴーサッチ、ロバーツ判事も保守派。(supremecourt)

Circuit Assignments - Supreme Court of the United States
スポンサーリンク

控訴裁判所とは

控訴裁判所と地方裁判所

連邦裁判制度で、最高裁判所に続いて上位に位置するのは、控訴裁判所である。同裁判所は、事件の処理を円滑にし、最高裁判所の負担を軽減するため、1891年に設置された。連邦議会は、国内12地区に巡回控訴裁判所を置き、加えてひとつの連邦巡回控訴裁判所を設置した。各控訴裁判所の判事の数は、裁判所によって6人から28人までと大きな開きがあるが、大半の巡回区では、10人から15人の判事を擁している。

控訴裁判所は、巡回区内の地方裁判所(連邦管轄権では第一審裁判所)が下した判決の再審を行う。さらには、独立規制機関の命令に関し、機関内部の審査機能をすべて使い果たし、それでもなお法的問題について大きな意見の相違が残る場合には、それを審査する権限を付与されている。

米国政府の概要 – 司法府 ― 憲法の解釈|About THE USA|アメリカンセンターJAPAN
 「司法は、憲法の下に定められたわれわれの自由と財産の保護手段である・・・」 — チャールズ・エバンズ・ヒューズ、連邦最高裁判所長官、1907年ニューヨーク州エルメイラでの演説 連邦政府の第3の部門である司法府は、連邦最高裁判所を頂点として、米国内に広がる裁判所組織によって構成されている。 憲法の起草以前

上記4人のうち、トーマス判事、カバノー判事は就任時議会での公聴会で、民主党にセクハラの言いがかりをつけられ、辱めを受けたことから民主党に対するその気持ちは今でも持ち続けていると想定される。

*トーマス判事は1991年の公聴会で、民主党のジョーバイデン(当時上院司法委員会長)から、セクハラの言いがかりをつけられ、辱めを受けた

*トランプ大統領が指名したカバノー氏も2018年公聴会でありもしないセクハラ疑惑でカマラハリスから攻撃された

詳細はこちら👇

・トランプ大統領は、11月5日に次にように述べた。

「多数の証拠があり、多数の訴訟になるだろう。おそらく最高裁まで行く。(中略)裁判官の仕事になると思う。いくらでも不正行為をするがいい。だが、我が国ではそれは許されない。ご清聴ありがとう」と語り、質問の時間は設けずに去った。(itmedia)

トランプ大統領、演説で「選挙は盗まれた。訴訟は最高裁まで行くだろう」
郵便投票分の開票に時間がかかり、まだ結果が出ていない米大統領選について、ドナルド・トランプ現大統領が記者会見を開き、「正しい開票をすれば私が簡単に勝つ」が不正が行われており、多数の訴訟を起こすと語った。
ブレット・カバノー(wikipedia)

(英: Brett Kavanaugh、1965年2月12日 – ) とは、アメリカ合衆国の法律家、裁判官。2018年7月9日にドナルド・トランプ大統領から連邦最高裁判所陪席判事に指名された。宗教はカトリック。

経歴
イェール大学ロースクールを卒業後、ジョージ・H・W・ブッシュ政権下でアンソニー・ケネディ最高裁判事の助手を務める。その後、ケネス・スター(英語版)独立検察官の助手としてビル・クリントン大統領の不倫疑惑を調査。2006年、ジョージ・W・ブッシュ大統領から連邦控訴裁判所判事に指名され、首都ワシントンで活動してきた。2018年6月、アンソニー・ケネディ最高裁判事が引退を発表すると、ドナルド・トランプ大統領は後任候補6人を直接面接し、2018年7月9日、ブレット・カバノーを指名。しかしその後、カバノーに高校生時代の性的暴行疑惑が持ち上がり野党・民主党が追及。就任に過半数の賛成が必要な上院では与野党の議席数が拮抗していたため承認が危ぶまれる事態となり、調査のため採決を1週間遅らせることを余儀なくされたが、10月7日に「賛成50、反対48」の賛成多数で承認され就任した

ブレット・カバノー – Wikipedia
クラレンス・トーマス(wikipedia)

生年月日 1948年6月23日(72歳)

クラレンス・トーマス(Clarence Thomas、1948年6月23日 – )は合衆国最高裁判所の陪席判事であり、1991年10月23日に就任した。最高裁判所でのトーマスは、アフリカ系の祖先を持つ判事としては2人目であり、保守的な判断傾向を持っている。トーマスの判決は、権利章典 (アメリカ)の修正第2条と修正第10条を重視しているため、銃規制には消極的な傾向がある。

経歴
1991年6月にサーグッド・マーシャル判事が退官を発表したことに伴い、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領が後任として当時43歳のトーマスを同職に指名した。しかし、トーマスの指名に際して、トーマスの元部下で当時オクラホマ大学法学部教授であったアニタ・ヒル氏がトーマスからセクシャルハラスメントを受けたと訴え出た。その結果、この人事案の採決は歴史的な僅差で決まることになったが、最終的には1991年10月のアメリカ合衆国上院の本会議において52対48の採決で承認を受け、トーマスは宣誓を経て就任した。

クラレンス・トーマス – Wikipedia
サミュエル・アンソニー・アリートJr(wikipedia)

(英: Samuel Anthony Alito, Jr.、1950年4月1日 – )は、アメリカ合衆国の裁判官、検察官、法律家。現在はアメリカ合衆国連邦最高裁判所・陪席判事を務める。宗教はカトリック。尊敬する判事は、最高裁で共に判事を務めたアントニン・スカリアである。

経歴
ニュージャージー州トレントンのイタリア系アメリカ人の家庭に生まれ、青年時はプリンストン大学、イェール大学で法律を学んだ。ロナルド・レーガン政権下で司法次官補代理、ニュージャージー州の連邦検事、フィラデルフィアの連邦高裁判事を経て、2005年10月31日、ウィリアム・レンキスト最高裁長官の死去に伴い、ジョージ・ブッシュ大統領から、アメリカ合衆国連邦最高裁判所・判事に指名される。レンキストの後任には、当初、ブッシュと同じテキサス州の出身で自身の法律顧問をつとめていたハリエット・マイアーズを指名していたが、民主党からは「縁故主義に基づく人事」、一方、マイアーズが中絶問題でのスタンスが曖昧なことから、ジャーナリストのジョージ・ウィルやサム・ブラウンバック上院議員からは「公約違反」と激しく批判された。そうした経緯から、明確な保守派であるアリートが判事に指名された。上院での指名承認は当初難航が予想されたが、エドワード・ケネディ上院議員が呼びかけた審議妨害は同調者が広がらず、上院・司法委員会での公聴会では民主党議員の追及にマーサ夫人が号泣する一幕が見られた。2006年1月24日の司法委員会で採決が行われ、共和党議員全員が賛成、民主党議員全員が反対し、10対8で承認。舞台はその後、本会議に移り、1月31日の採決でベン・ネルソン上院議員ら一部・民主党議員が同調し58対42でアリートは最高裁判事に正式に承認された

サミュエル・アリート – Wikipedia
エイミー・コニー・バレット(wikipedia)

(Amy Coney Barrett、1972年1月28日 – )は、アメリカ合衆国の裁判官、法律家。同国の控訴裁判所(高裁)判事などを経て2020年10月27日より合衆国最高裁判所の陪席判事を務める。

経歴
1972年1月28日、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。インディアナ州のノートルダム大学ロースクール(英語版)を1996年に卒業し政治学の学士号を取得、1999年に法学博士号を取得し、保守派で最高裁判事のアントニン・スカリアの下で調査官を務めた。また母校を含めた複数の大学において法学を教えている。

敬虔なカトリック教徒であり、人工妊娠中絶を不道徳なものと考えるなどアメリカ合衆国において保守的な立場とされる[3]。2013年には雑誌記事上で、命は受胎の時に始まるとの見解を示し、人工妊娠中絶を批判した。また2012年に最高裁が下した、バラク・オバマ政権による医療保険制度改革(通称:オバマケア)を支持する判決に批判的な立場である。一方でドナルド・トランプ大統領が行った移民規制政策や、銃規制緩和に対しては支持を表明している。

この人事案の承認に必要な公聴会が2020年10月12日より上院司法委員会にて開催された。その中でバレットは事前に提出した冒頭陳述の中で、裁判所に対し政策決定や政治的判断を求めるべきではないと指摘し、自分自身の政治的・宗教的立場に基づき司法判断は行わないと強調した。翌13、14日には議員からの質問が行われ、人工妊娠中絶やオバマケア、性的少数者/LGBTQの権利などについての質問については、これまでの判決について個人的な意見を表明するのは不適当とした上で、法の支配を重視し、他の判決を覆そうという意図はないと述べるにとどまり、直接的に見解を示さず、回答を回避した。ただしオバマケアについては、これを破壊する意図はないと言明した。また11月の大統領選挙の結果が最高裁の場で争われることになった場合、その協議に加わらないと誓うことを拒否。不適格者を定めた法律には従うと述べた一方、法的結論を今すぐには示せないと述べた。15日には外部有識者による審議が行われた。

10月16日に公聴会は予定通り終了し、22日の委員会採決を前に民主党はボイコットを表明したものの共和党は予定通り行うと表明。結局、民主党が欠席する中、上院司法委員会は人事案を可決し本会議に送付。26日の上院本会議において賛成52、反対48で承認を受け、翌27日の司法宣誓を経て就任した。

エイミー・コニー・バレット – Wikipedia
ジョン・ロバーツ(wikipedia)

生年月日 1955年1月27日(65歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国·ニューヨーク州バッファロー市出身校 ハーバード大学、ハーバード・ロー・スクール宗教 カトリック教
ジョン・グローバー・ロバーツ・ジュニア(John Glover Roberts, Jr. 1955年1月27日 – )は、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領によって2005年に任命された、第17代アメリカ合衆国最高裁判所首席判事(最高裁長官に相当)である。ロバーツは最高裁長官就任前コロンビア特別区巡回区連邦控訴裁判所の判事を務め、それ以前は14年間の法律事務所勤務、司法省勤務に加えてレーガン政権時代のホワイトハウス法律顧問をも務めている。

ジョン・ロバーツ – Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました