社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報!】第5報 ミシガン州でもクラーケン放つ/ミシガン裁判所は独立機関の再集計を勧告!/中国とイランが大統領選挙を操作した軍事情報源を入手!!/修正第14条の衝撃!

政治
スポンサーリンク

これから民主党、マスゴミ、Bigtech、ディープステート壊滅へのプレイボールか

民主党や大手マスゴミ、Bigtech、ディープステートが必死にバイデン偽大統領の既成事実を作ろうとしていたことがわかる。

 

「ミシガン州とウィスコンシン州の両方で提起された訴訟によると、中国とイランはDominion Softwareにアクセスし、2020年の米国総選挙を操作しました。

これはただ一つのことを意味します—そして一つだけ—愛国者は索具の行為で彼らを捕まえました!ゲームオーバー」

シドニー・パウエルは、GA政府とMI政府の両方が第14修正条項に違反していると述べました。

修正第14条により、大統領は、法の下で平等保護を付与することにより、有権者に対する検閲を支持する州から選挙人団の票を取り除くことができます。

スポンサーリンク

修正第14条の衝撃

修正第14条は、「いかなる国も、法の適正手続きなしに、いかなる人の生命、自由、または財産を奪うことも、法の平等保護を拒否することもありません」と述べています。

1票でも投じられた場合、それは第14修正条項に違反します。民主党員が捕まった!

はっきりさせておきますが、パウエルは中国を宣言するための軍事情報源を手に入れ、イランはドミニオンを通じて選挙をハッキングし、嫌がらせの複数の例を挙げ、原告にデジタル透かしと投票機についての話をさせました

それはすべて終わった。It’s all over!!」

「私は、スペルミス、フォーマットの誤り、および州政府の汚職のためにパウエルの訴訟が棄却された場合、彼女の訴訟は最高裁判所に判決を下す可能性があるという理論を持っています。トランプ大統領はエイミーコニーバレットを世界を変えるために連れて行った、ペイトリオッツ!」

 

タイトルとURLをコピーしました