社会の話題と反応を発信していくネットメディア

シドニーパウエル弁護士「詐欺事件は12月8日の期限は適用されない/覆すための十分な時間/大規模な不正訴訟を起こす」

政治
スポンサーリンク

パウエル弁護士「詐欺事件12月8日までの期限は適用されない」

パウエル弁護士は、「不正事件の場合12月8日の期限は適用されない、少なくとも12月14日までの期限がある」と述べる。
これから多くの訴訟を起こす。
ミシガン州やウィスコンシン州の裁判所は今日それを認める素晴らしい命令を出してくれた。単なる論戦でなく大規模な不正訴訟を提起する。

133年前の選挙人算定法。記事は👇

トランプが選挙結果を覆すための十分な時間
2020年12月4日金曜日午後8時48分

シドニー・パウエル弁護士は、ドナルド・トランプ大統領の法務チームが2020年の大統領選挙の結果を覆すには十​​分な時間があると述べています。

「詐欺事件では、12月8日の期限は適用されない」とパウエル氏は金曜日、ニュースマックステレビの「スティンチフィールド」に出演した際に、州をさらに解放する「セーフハーバー」の期限に言及して述べた。それがすべての論争を解決し、その投票結果を証明するかどうかに挑戦します。

「少なくとも12月14日まではある」と彼女は言った。

「私たちはもっと訴訟を起こすかもしれません。今日、ミシガン州またはウィスコンシン州の裁判所は、それを認める素晴らしい命令を私たちに与えました。これらは、私たちが提出している純粋な選挙コンテストではありません。これらは大規模な詐欺訴訟であり、いつでもこの詐欺による選挙の結果を脇に置くことができます。州はそれに直面して選挙結果を証明するべきではありません

トランプの法務チームの元メンバーであるパウエルは、2020年の選挙の結果を覆すための十字軍での複数の訴訟の一部でした。

いくつかの州は、ジョー・バイデンを選挙の勝者として認定しています。トランプが法廷で結果に異議を唱え続けているため、ニュースマックスはまだ勝者を予測していません。

金曜日のウィスコンシン州最高裁判所は、トランプの法務チームによる訴訟を受け入れず、請求のメリットに関する決定を回避し、代わりに、訴訟は最初に下級裁判所を通過しなければならないと裁定したと述べた。

大統領は、不在者投票の管理方法に不規則性があるとして、州の2つの最大の民主党郡で221,000を超える投票を失格にするよう裁判所に求めた。(newsmax)

https://www.newsmax.com/newsmax-tv/election-2020-powell-trump-wisconsin/2020/12/04/id/1000147/#
スポンサーリンク

パウエル弁護士のいう、セーフハーバー条項とは

1887年に制定された「選挙人算定法」には、その運用を具体的に規定した次のような「セーフハーバー(承認領域)条項」がある。

「選挙人集会の少なくとも6日前までに、開票作業等の懸案が解決し、当選者を決定できるならば、その州議会の決定は当該州の勝者決定の最終決定とみなす」

選挙人集会(今年は12月14日)の6日前(12月8日)が開票作業の期限で、再集計や訴訟でそれに間に合わない場合は、改めて憲法の規定に従って州議会が定める方法で選挙人を選ぶということになる。

パウエル弁護士は詐欺事件はこれ(12月8日期限)が適用されないと言っている。

スポンサーリンク

マキナーニ報道官のツイート

ウィスコンシン州の訴訟は本日、選挙におけるウィスコンシン州法の明らかな違反を概説し、221,000票に影響を及ぼしました。

タイトルとURLをコピーしました