社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】12月8日の選挙人選出期限「セーフハーバー」は影響を及ぼさない/トランプチーム弁護団

政治

セーフハーバー条項とは

・1887年に制定された「選挙人算定法」にある条項。選挙人算定法の運用を具体的に規定したもの。

「選挙人集会(12/14)の少なくとも6日前まで(12/8)に、開票作業等の懸案が解決し、当選者を決定できるならば、その州議会の決定は当該州の勝者決定の最終決定とみなす」

・トランプ弁護団のジェナエリス氏、ジュリアーニ氏は12/8には拘束されないとの見解

・法律学者も憲法上唯一規定されているのは1/20の大統領就任日のみとの見解

・一部法律学者は、(12/8の)セーフハーバー条項は有効

スポンサーリンク

「セーフハーバー」はトランプ訴訟に実際的な影響を与えない:ジェナエリス

ジャック・フィリップス 2020年12月8日 更新:2020年12月8日 印刷
ドナルド・トランプ大統領の法務チームは、12月8日の「セーフハーバー」の期限は、選挙の結果を覆そうとする大統領の訴訟には実際的な影響を及ぼさないと主張した。

弁護士のルディ・ジュリアーニとジェナ・エリスは、「セーフハーバー」の期限は「州が選挙結果を証明する最終日を一般的に示すタイムライン」であると述べました。

しかし彼らは、12月8日を超えて続くことは「選挙にとって前例のないことではない」挑戦であると述べた。

2000年の大統領選挙中のブッシュ対ゴア事件での故ルース・ベイダー・ギンズバーグ裁判官の議論を引用して、弁護士は「議会が選挙人団の投票を数え、証明する最終的な重要性の日付は1月6日である」と述べた。

「唯一の決まった日は、米国憲法では、1月20日の正午に大統領が就任することです。」と彼らは言いました。

エリスは火曜日のニュースマックスとのインタビューで、12月8日の「セーフハーバー」の期限は「実際には訴訟に実際的な影響はない」と述べた。彼女は、ギンバーグの意見を引用して、12月14日の選挙人団の投票も「実際には効果がない」と付け加えた。

「1月。6は私たちが見ている日付なので、まだこれに取り組む方法があります、グラント」とエリスは付け加えました。「そして、これを急いで判断したいのは、実際には偽のニュース主流メディアだけです。」

一部の専門家は、「セーフハーバー」の日付は実際には重要であると述べています。(theepochtimes)

'Safe Harbor' Has No Practical Effect on Trump Lawsuits, Ellis Says
President Donald Trump's legal team argued that the Dec. 8 "safe harbor" deadline has no practical effect in ...
スポンサーリンク

トランプチームの正式声明

2020年12月8日

プレスリリース
「「セーフハーバー期限」は、州が選挙結果を証明する最終日を一般的に示す法定のタイムラインです。しかし、選挙コンテストが12月8日をはるかに超えて続くことは前例のないことではありません。

「ブッシュ対ゴア事件で、ギンズバーグ裁判官は、議会が選挙人団の投票を数え、認定する「究極の重要性」の日付は1月6日であることを認めました。米国憲法の唯一の決まった日は、1月20日の正午に大統領が就任することです。

「メディアは戦いが終わったと必死に宣言しようとしていますが、すべての法定投票が公正かつ正確にカウントされるまで、私たちは選挙の完全性を擁護し続けます。」

-トランプ大統領の弁護士であるルディ・ジュリアーニと、トランプキャンペーンの上級法律顧問でありトランプ大統領の弁護士であるジェナ・エリス

スポンサーリンク

憲法学者はセーフハーバー条項は無視できるとの見解

・1月20日の就任式までに選挙人を選ぶ憲法上の期限はどこにもない
・よって、12/8までに選挙人を選ぶ(12/14までに選挙人投票という)セーフハーバー条項も無視でき、1/20の正午まで引き延ばせる

 

タイトルとURLをコピーしました