社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【緊急】PA州の提訴が最高裁で却下されたというニュースは誤報、フェイク!!/却下されたのは緊急停止命令救済のみ。いまだPAは係争中

政治
スポンサーリンク

このニュースは誤報(または内容不完全)

米最高裁、米大統領選めぐり初の判断 トランプ氏側の訴え退け

米首都ワシントンにある米最高裁判所(2020年12月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)米最高裁は8日、米大統領選のペンシルベニア州での投票結果を認定させないよう求めていたドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領側の訴えを退けた。選挙結果を覆そうとするトランプ氏の試みは、またもや頓挫した。

トランプ氏が指名した3人を含む9人の最高裁判事は判断について詳しい説明はしていない。反対意見を表明した最高裁判事はいなかった。

米最高裁は上告を棄却してこの裁判を終わらせ、大統領選後の訴訟に関わらないことをにおわせた。トランプ氏は、保守系判事が多数を占める最高裁が自身に有利な判断をすることを期待していた。(AFPBB News) 抜粋

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

トランプ弁護団のジェナエリス氏のツイート

重要なポイントレポーターがPAスーツに欠けています: 最高裁判所は緊急差止命令による救済のみを却下しました。順番に、それは証明書を否定しませんでした。 ケリー議院(@MikeKellyPA)の訴訟はまだ合衆国最高裁判所で係属中です。

スポンサーリンク

関連記事

タイトルとURLをコピーしました