社会の話題と反応を発信していくネットメディア

テキサス州の訴え、全米へ広がる!/21州(米国民の42%)がテキサス州を支持/下院議員の106名以上(下院議員の54%)が支持を表明

政治
スポンサーリンク

下院議員の100人以上の共和党議員が選挙結果に異議を唱えるテキサス州の訴訟を支持する文書に署名

このブリーフは、2020年の大統領選挙に関係する違憲の不規則性が、その結果とアメリカの選挙制度の完全性に疑問を投げかけるという、数百万人の議員が共有する下院議員としての懸念を示しています」とブリーフは述べています。 106人の共和党議員によって署名されました。

ブリーフに署名した他の主要な共和党員には、マイノリティホイップが含まれます スティーブスカリース、ジムジョーダン(オハイオ)、司法委員会のトップ共和党員。保守的なフリーダムコーカスの議長であるアンディビッグス議員(アリゾナ州)。共和党調査委員会の次期議長であるジム・バンクス議員(インディアナ州)。

下院少数派リーダー ケビンマッカーシー(R-Calif。)、別のトップトランプ同盟国は、署名者の中にはありません。共和党会議の議長でもないリズ・チェイニー(ワイオ)(thehill)

More than 100 House Republicans sign brief backing Texas lawsuit challenging election results
More than 100 House Republicans on Thursday signed an amicus brief in support of the Texas lawsuit aimed at overturning the election results in four swing state...続きを読む
スポンサーリンク

ケビン・マッカーシー下院議員、「大統領には権利がある」

ケビン・マッカーシー下院少数党院内総務「大統領には、あらゆる法的異議申し立てを聞く権利があります。彼にはそれを持って最高裁判所に行く権利があります」

スポンサーリンク

全米21州がテキサスを支持

21の州がテキサス連邦最高裁訴訟をサポートし、アメリカの42%がアメリカの8%を訴える

本日ワイオミング州とオハイオ州が加わったことで、テキサス州を含む合計21州が、ペンシルベニア州、ジョージア州、ミシガン州、ウィスコンシン州での選挙に異議を唱える最高裁判所の訴訟に署名するか、署名を求めています。

テキサス州が訴訟を起こして以来、20を超える州が参加したか、参加に関心を示しています。現在のところ、次の州が11月3日の選挙に対する最高裁判所の救済策を求めていますテキサス、オクラホマ、カンザス、ネブラスカ、サウスダコタ、ノースダコタ、アリゾナ、ユタ、アイダホ、モンタナ、ワイオミング、インディアナ、ミシシッピ、アーカンソー、ルイジアナ、ミシシッピ、テネシー、アラバマ、オハイオ、ウェストバージニア、フロリダ。

ワイオミング州は今朝、訴訟への参加の可能性を発表し、州議会議員は州の司法長官に訴訟への参加を要請する書簡を州知事に送った。

ワイオミング州の議員たちは、ワイオミング州上院議員のボー・ビテマン氏が次のように書いていることから、正式な参加が間近に迫っていることを示しています。乞うご期待!”

昨夜、National Fileは、アリゾナが訴訟に参加しようとしたことを報告し、その数は合計18人になりました。 (nationalfile.com)

最高裁は10日の午後3時までに被告州に弁明を求めている。

反トランプメディアは、このような訴訟は最高裁が受け付けることはないだろうと述べているが、これだけの広がりに最高裁が審理を却下するとは考えにくい。

UPDATE: 21 States Now Support Texas SCOTUS Lawsuit, 42% of America to Sue 8% of America - National File
Almost half of the Union has signed on, or expressed a desire to sign on, to Texas's Supreme Court lawsuit challenging the election.
タイトルとURLをコピーしました