社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】期限は1月6日まで、トランプ大統領「不正選挙、戦え!」/トランプ大統領勝利への3つの選択肢

政治
スポンサーリンク

トランプは最高裁判所の敗北に応えます:「戦いなさい!」

大統領は、テキサス州の訴訟を検討することを裁判官が拒否したことに失望を表明しますが、弁護士に代替戦略を見つけるように言います。

トランプ大統領は金曜日遅く、選挙に異議を唱えるテキサス州の訴訟を最高裁判所が却下したことで不承認を表明したが、彼は「戦う」計画を示した。

「最高裁判所は本当に私たちを失望させた。知恵も勇気もない!」トランプはツイートした。

「これ(投票)をそのメリットで判断する裁判所はない。」

テキサスの。それは法的な恥辱であり、米国にとって恥ずべきことだ!!!

その各州は慎重に検討し考慮し、不正があり、彼らも被害を被ると考えた。多数がそうして訴訟に参加した。

ところが、あっさりと門前払いだ。根拠も見ないでだ。不正選挙だ。諦めるな!!

トランプの弁護士は、議会が選挙人の決定を受け入れる予定の日である1月6日が彼らの最終期限であると示唆する上級法律顧問のジェナエリスとともに、主要な州でジョーバイデンのリードに挑戦するための代替の法的戦略を探求するように彼らに指示したと述べた。

「つまり、あなたは米国の大統領であり、選挙を通過したばかりで、歴史上、現職の大統領よりもはるかに多くの票を獲得し、敗北したとされています」とトランプ氏はツイートで説明しました。

「最高裁判所の前で「立つ」ことはできないので、慎重な調査と検討の結果、「ねじ込まれた」と思うという素晴らしい状態で「介入」します。これは彼らにも害を及ぼします」と彼は付け加えました。

「他の多くの人も同様に訴訟に参加しますが、それがもたらされた多くの理由を見ることさえせずに、あっという間に捨てられて消えてしまいます。不正選挙、戦いましょう!」

Trump responds to Supreme Court defeat: 'Fight on!'
President expresses disappointment at justices' refusal to review Texas case but tells lawyers to find alternate strategy.
スポンサーリンク

期限は1月6日まである/ペンス副大統領は拒否権を持つ

及川幸久氏もyoutubeチャンネルで言っていたように、期限はまだある。ウルトラCはある。

及川氏が動画で引用した「nationalinterest」の記事によると、12/14に実施された投票は、1/6にペンス副大統領が承認するか否かの権限を持つ

共和党は、法的および歴史的先例に支持されて、次のように書かれている第12改正の文言の下で、次のように主張するでしょう。上院の大統領であるマイク・ペンス副大統領は、上院と下院の間の行き詰まりを打開し、争われている選挙人を受け入れるか却下するかを単独で裁量します。

エドワードB.フォーリーが説明するように、そのようなシナリオでは、「一部の共和党員は、上院議長としてのマイクペンスが、ペンシルベニアからの選挙人団のどの証明書が権威であるかを決定するために、第12修正の下で一方的な権限を持っているという特に積極的な立場を取ります。

現職の副大統領が解決すべき選挙紛争に直接個人的な利害関係を持っているかもしれないことは事実ですが、共和党は、少なくともスポットライトのまぶしさは、この状況で副大統領が何をするかに焦点を当てていると主張します。副大統領が論争の解決において名誉ある行動をしたのか、それとも不名誉な行動をとったのかを判断することができます。

その後、ペンス副大統領は、ペンシルベニア州の共和党議会がトランプに投票して提出した選挙人を受け入れるか、争議として却下し、数えないようにします。この新しく減少した選挙人の総数では、残りの過半数が依然としてトランプに勝利をもたらしています。

過半数に達しない場合は、第12修正の下で、「衆議院は、投票により、大統領を直ちに選択するものとする。しかし、大統領を選ぶ際には、州が投票を行うものとし、各州の代表が1票を投じます。」共和党が州の代表団によって現在の26州下院の過半数を維持している場合、それによって、このシナリオでは、トランプ大統領を2期目に再選することができます。(nationalinterest.org)

Donald Trump's Stealthy Road to Victory
As the counting of votes in Arizona, Georgia, and especially Pennsylvania continues, most of the press and punditry have concluded that Vice President Biden has...続きを読む
スポンサーリンク

選択肢は3つ

・州議会が12/14までに選挙人を独自で決めてひっくり返す

・1/6にペンス副大統領が選挙結果を拒否する

・大統領令(または戒厳令)を発動する

大統領令詳細はこちらの2つの記事

タイトルとURLをコピーしました