社会の話題と反応を発信していくネットメディア

シドニーパウエル弁護士「トランプ大統領は2018年に署名した大統領令を発動する」、「ラトクリフ国家情報長官の報告まであと数日だ」

政治
スポンサーリンク

シドニー・パウエル:トランプは外国の選挙干渉に関する2018年の大統領命令を引き起こす可能性があります

シドニー・パウエル弁護士は、11月3日の選挙で外国からの干渉があったとされているため、2018年に発行されたドナルド・トランプ大統領の外国からの干渉に関する大統領命令を「トリガーするだけで十分」と主張しました。

2018年9月には、トランプは、行政命令に署名と言い、他の適切な執行省庁(機関)の長と協議して、米国の選挙の終了後の45日以内に「国家情報局長が外国政府、または外国政府の代理人として、または外国政府に代わって行動する人物が、その選挙に干渉する意図または目的で行動したことを示す情報の評価を実施します。」

2018年の大統領令については、12月5日に記事にしています。記事はこちら👇

パウエル氏は、その大統領命令により、トランプ氏に「資産の差し押さえから物事の凍結、機械の湛水要求まで、あらゆることを行うためのあらゆる種類の力」を与えることができると信じているとエポックタイムズに語った。

スポンサーリンク

非常事態下では特別検察官を任命する(特別検察官はパウエル自身?)

「非常事態下では、彼はこれを調査する特別検察官を任命することさえできました。それはまさに起こる必要があることです」とパウエルは言いました。

「国内のすべての機械、すべての投票機は今すぐ投獄されるべきです。率直に言って、それを正当化するのに十分な数の刑事上の考えられる原因があります。政治、企業の貪欲、または世界の富ではなく、純粋に真実に基づいて法律と事実に取り組むことをいとわない人にとっては。」

パウエルは、2018年9月の大統領命令によると、国家情報長官のジョン・ラトクリフが大統領への報告書を準備するまであと数日しか残っていないと述べた。これまでのところ公的な確認がなされていないため、ラトクリフがいつ、またはいつレポートを発行するかは明確ではありません。2年以上前に大統領命令が出されて以来、大統領命令についてはほとんど言及されていません。

ラトクリフが彼の報告書を発行した場合、「それは真実と事実を見て喜んでいる国のすべての市民の心を吹き飛ばすだろう」とパウエルは言った。「これまでにないので、この国の歴史の中でこのようなものを見たことがありません。そして、今すぐ停止する必要があります。そうしないと、自由で公正な選挙はありません。」

命令はまた、「評価と情報を受け取ってから45日以内に」、司法省と国土安全保障省の長および「その他の適切な機関」が米国の総選挙を評価する報告書を提出することを規定しています。

これには、「選挙インフラストラクチャを対象とした外国の干渉が、そのインフラストラクチャのセキュリティまたは整合性、投票の集計、または選挙結果のタイムリーな送信に重大な影響を及ぼした程度。外国の干渉が、政治組織、キャンペーン、または候補者のインフラストラクチャを対象とする、またはそれらに関連する活動に関係する場合、そのような活動が、不正アクセス、開示、脅迫など、そのインフラストラクチャのセキュリティまたは整合性に重大な影響を及ぼした程度情報やデータの開示、改ざん、改ざん」と述べています。(theepochtimes)

 

Sidney Powell: Trump Could Trigger 2018 Executive Order on Foreign Election Interference
Lawyer Sidney Powell asserts that alleged foreign interference in the Nov. 3 election was "more than sufficient to ...
スポンサーリンク

大統領令とは

『選挙で外国からの干渉を受け、アメリカ国家が操作、侵略された時に備えてトランプ大統領は今回の選挙に備えて、トランプ大統領は2年前(2018.9.18)に大統領令に署名していた。大統領令国際選挙詐欺に関与した個人、グループ、または国を調査し、罰します(個人は刑事罰のほか、組織、企業の資産は全て没収)

スポンサーリンク

外国勢力の選挙干渉を調べるラトクリフ国家情報長官は、外国の干渉があったと述べている

国家情報長官(DNI/現在のジョンラトクリフ)が選挙の45日後(12月18日)に、外国の実体または私たちの選挙を台無しにしている外国の実体と協力しているアメリカ人に対処するためのレポートを作成することを述べています。

・国家情報長官室(ODNI)は、米国のCIAやFBIなどのインテリジェンス・コミュニティの16機関を統括する最高機関。

・ラトクリフ氏は12月6日のフォックスニュースで、スーツケーススキャンダルや、不正票をトラックで運んだ問題について具体的に指摘し、「ドナルド・トランプ大統領の法務チームが提起した問題は法廷で審理されなければならない、米国の最高諜報当局者は、11月3日の大統領選挙の勝者を宣言する前に、選挙訴訟やその他の問題を解決する必要がある」と述べた。

記事はこちら👇

タイトルとURLをコピーしました