社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報!】ラトクリフ国家情報長官、ブレナンCIA長官の手書きメモを機密解除/ヒラリーのロシア疑惑でっちあげも、それをCAIが隠していたことも明るみに!

政治
スポンサーリンク

元CIA長官の手書きメモを機密解除し議会へ提出

DNI(国家情報庁)、ジョン・ブレナン元CIA長官の手書きメモの機密解除

2016年、クリントンキャンペーンの共謀作戦に関するCIAの紹介

ブレナンと米国の諜報機関は、2016年の選挙の数か月前に、共謀の塗抹標本が民主党大統領候補のヒラリー・クリントンの選挙運動によって孵化した選挙運動の結果であることを知っていました。

そして、起訴された人は一人もいません。

DNIは、ジョン・ブレナンからの手書きのメモの分類を解除します。2016年、クリントンキャンペーンの共謀作戦に関するCIAの紹介

火曜日に、国家情報長官ジョン・ラトクリフは機密解除し、元CIA長官ジョン・ブレナンからの手書きのメモと、ヒラリー・クリントンの反トランプ結託塗抹標本操作に関するロシアの知識を調査するよう要求するジェームズ・コミーとピーター・ストルゾックへのCIA調査紹介を発表しました。

米国の最高諜報当局は2016年の選挙に向けて非常に懸念していたため、ロシア人は民主党大統領候補のヒラリー・クリントンがロシアの代理人としてドナルド・トランプを中傷する計画を認識し、操作する可能性があるため、バラク・オバマ大統領にこの問題について個人的に説明しました。エージェンシー(CIA)の文書が示しています。CIA当局者はまた、FBIがクリントンキャンペーンの共謀スミア作戦に関するロシアの知識を調査することを要求した。(gellerreport)

 

スポンサーリンク

「トランプ大統領のロシア疑惑」は民主党とヒラリーがでっちあげていた

元CIA長官ジョンブレナンからの新たに機密解除された手書きのメモは、米国の諜報機関が2016年に、ロシアの諜報機関がクリントンの反トランプ共謀の物語を積極的に監視し、潜在的に偽情報を注入していることを知っていたことを示しています。

クリントンのキャンペーン計画に関するロシアの知識に関する情報は、ブレナンと他の国家安全保障当局に非常に懸念されていたため、2016年の夏に大統領執務室でオバマに個人的に通知した。ブレナンからの手書きのメモは国家情報局長によって機密解除された( DNI)ジョンラトクリフと火曜日の午後に議会に提供されました。

機密解除されたメモによると、ブレナンと米国諜報機関は、2016年の選挙の数か月前に、共謀の塗抹標本が民主党の大統領候補ヒラリー・クリントンのキャンペーンによって孵化したキャンペーン作戦の結果であることを知っていました。

「[編集済]からロシアの活動に関する追加の洞察を得ています」とブレナンの手書きのメモは述べています。「7月26日、ヒラリー・クリントンが、ロシアの治安機関による干渉を主張するスキャンダルをかき立てることによってドナルド・トランプを非難するという彼女の外交政策顧問の1人からの提案を承認したと主張している。」

このメモは、ホワイトハウスで大統領と彼の最高の国家安全保障顧問との会合を記念するためにブレナンによって作成されたようです。ブレナンのメモには、ブリーフィングの他の参加者の回答が含まれています。これには、元ホワイトハウス国家安全保障補佐官スーザンライス、元ホワイトハウス参謀長デニスマクドノー、元DNIジェームズクラッパーが含まれますが、これらの回答は編集されています。

ある時点で、オバマはトランプキャンペーンとロシアの間に協力の証拠があるかどうか尋ねました、しかしブレナンのメモに記録されたかもしれないどんな応答も編集されます。

さらに、CIAや他の諜報機関も、共謀の物語を裏付ける重要な主張の多くは、それ自体が意図的なロシアの偽情報の産物である可能性があると早い段階で疑っていました。

ラトクリフは先週、ブレナンのメモに一部基づいて機密解除されたメモを発表し、ロシアの諜報機関がクリントンキャンペーンの計画を認識しており、ロシアの偽情報に汚染される可能性を高めていると述べた。

クリントンキャンペーンは、認可されたロシアのオリガルヒのポケットにいる外国人エージェントであるクリストファースティールを雇って、トランプに対する申し立ての書類を作成しましたが、反逆的な共謀の最も凶悪で忌まわしい申し立ての主な情報源は、イゴールという名前の疑わしいロシアのスパイから来ました。(gellerreport)

スポンサーリンク

ヒラリーのメールスキャンダルから目を逸らすための謀略

民主党の議員は、証拠なしに、最新の機密解除はそれ自体がロシアの偽情報の産物であると主張しているが、複数の上級諜報当局者は、ロシアの諜報機関が2016年の夏には早くもクリントンキャンペーンがクリントンの電子メールスキャンダルから気をそらすための反トランプ共謀。

2017年10月、クリントンキャンペーンの最高弁護士と民主党全国委員会は、トランプがロシアの秘密エージェントであるという主張を捏造するためにスティールに支払った民主党野党調査会社FusionGPSを個人的に雇ったことをついに公に告白しました。ウラジーミルプチン。

ラトクリフはまた、2016年9月7日に送信された正式なCIA調査紹介の一部を火曜日に機密解除し、元FBI長官のジェームズコミーを解雇し、元防諜当局者のピーターストルゾックを解雇し、クリントンキャンペーンの反トランプ共謀スミア作戦を調査するよう求めました。(gellerreport)

DNI Declassifies Handwritten Notes From John Brennan, 2016 CIA Referral On Clinton Campaign’s Collusion Operation - Geller Report News
Brennan and the U.S. intelligence community knew months prior to the 2016 election that the collusion smear was the result of a campaign operation hatched by th...続きを読む

18日のラトクリフ長官のトランプ大統領へのレポートが、とてつもない内容になりそう。

バイデン、民主党はもちろん、CIAもヒラリーもオバマも根こそぎです。

ヒラリーメールスキャンダル(wikipedia)

2016年3月16日にはウィキリークスが、2010年6月30日から2014年8月12日までにヒラリーの個人サーバーが送受信した3万322通の電子メールおよび添付ファイルを公開した。このうちでヒラリー自身の手による記事は7570件にのぼる。これら電子メールは夫のビルが署名した情報公開法によりPDF 形式で入手できるが、最後にPDF 化されたのは2016年2月29日であり、まだ周知されていない事実を相当含むと目される。

ジョン・オーウェン・ブレナン(wikipedia)

(John Owen Brennan、1955年9月22日 – )は、アメリカ合衆国の官僚。中央情報局(CIA)第23代長官、国家テロ対策センター(NCTC)初代センター長などを歴任した。

ジョン・オーウェン・ブレナン - Wikipedia
ロシア疑惑とは

複数の米情報機関が、ロシアがトランプ政権の誕生を後押しするため、民主党のクリントン陣営にサイバー攻撃を仕掛けて選挙に干渉したとした。トランプ陣営がロシアと結託したのかどうか、専任の特別検察官が調べたが、3年半の時を費やして調べたが何一つ証拠は出なかった。

NEW👇

NEW👇

NEW👇

NEW👇

タイトルとURLをコピーしました