社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ピーター・ナバロ「私はこの目でディープステートを見てきた」/ボルトンでさえもだ

政治
スポンサーリンク

ピーター・ナバロ激白

・トランプはDSと長い間戦ってきた
・不公正ではない選挙がトランプ政権を終わらせようとしてる
・不正選挙の問題をクリアせずに、バイデンが誕生する事は認められない
・きちんと不正を質さなければ、アメリカは深刻なトラブルを抱え壊れてしまう
・私はディープステートをこの目で見てきた
・私がいたより前も、去った後もいる官僚達、中には私達が選んだ官僚もいて選ぶべきでなかった人達もいる
スポンサーリンク

ナバロ氏のツイート

「私はこの目でディープステートを見てきた」

スポンサーリンク

トランプ大統領は長期にわたりDSと戦ってきた

ホワイトハウスの貿易・製造局長ピーター・ナバロ氏によると、ドナルド・トランプ大統領は共和党と民主党の両方のディープステートとの長期にわたる戦いを繰り広げてきた。

「我々は公正な選挙を実行できない場合は、この共和国は成り立たない」

「就任日にジョー・バイデンで不法な投票によって大統領になることを認められずに非嫡出で違法な大統領を獲得した場合、この国は深刻な問題に直面するでしょう。

ナバロ氏は、トランプ氏は、政治的部外者として、共和党員と政府の民主党員の両方に、自分たちの権力と権威を維持しようとしているキャリアオフィシャルである敵がいると述べた。


「私はそれを目で見てきました。、去った後もいる官僚達、中には私達が選んだ官僚もいたし、選ぶべきじゃなかった人達もいた」

「レックス・ティラーソンズ、ジム・マティス、ジョン・ボルトン:トランプの経済ナショナリズム、フェアトレード、安全な国境、アメリカの製造業の強調を本当に信じたことのない人々だ(newsmax)

https://www.newsmax.com/politics/peter-navarro-deep-state-coup-election-fraud/2020/12/20/id/1002397/
{{description}}

ナバロ氏のレポート全文はこちら

ピーター・ナヴァロ(Wikipedia)

(Peter Navarro, 1949年7月15日 – )は、アメリカ合衆国の経済学者・公共政策学者。現在、カリフォルニア大学アーバイン校ポールミラージュ・ビジネススクール(英語版)教授。2017年1月20日、ドナルド・トランプ大統領から指名を受け、新設された国家通商会議(現・通商製造業政策局)のトップに就任した。教職に付く以前は東南アジアのアメリカ合衆国平和部隊に所属していたほか、ワシントンD.C.でエネルギー・環境政策のアナリストとして勤務していた。

ナバロの記事はこちら👇

 

タイトルとURLをコピーしました