社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ペンスカード2/「1月6日にペンス副大統領は不正票を棄却する義務がある」

スポンサーリンク

1月6日の合同会議でペンス副大統領は不正票を捨てる義務がある

それは多くの人がフォローしている物語の1つのバージョンです。ペンスが持っている憲法上の義務の別のバージョンがあり、水曜日はプロセスの重要な日付ではなく、1月6日が重要な日付であると述べています。

「ペンスカード」理論が真実である場合、これはそれがどのように展開するかです:

多くの専門家は、マイク・ペンス副大統領が、 詐欺に基づく2020年の選挙で選挙人団の勧告を破棄する義務があると信じてい ます。(djhjmedia.com)

スポンサーリンク

アミスタッドの訴訟によると1月6日にペンス副大統領は疑わしい票を選択できない/ペンスに不正票を捨てさせるための訴訟

・ペンス副大統領は、WI、PA、GE、AZ州の有権者同盟から「不正票を選択することは違法だ」と訴えられている被告

・憲法および連邦法の下でその義務を負っている

「上記の原告ウィスコンシン有権者同盟、ペンシルベニア有権者同盟、ジョージア有権者同盟、選挙完全性基金、アリゾナ選挙完全性同盟、リニーストーン、バロンベンハム、デビハース、ブレンダサベージ、マシューダディッチ、リアフープス、ロンホイアー、リチャードW .Kucksdorf、Debbie Jacques、John Wood、Sonny Borrelli、Warren Peterson、Matthew Maddock Daire Rendon、David Steffen、Jeff L. Mursau、William T. Ligon、Brandon Beachは、次のように主張しています。

マイケル・リチャード・ペンス副大統領は、米国上院の大統領としての公的な立場で訴えられた被告です。そのため、ペンスは、大統領および副大統領の大統領選挙人の投票用紙を開いて数えることに関して、憲法および連邦法の下で法的義務を負っていると特定されています。(djhjmedia.com)

'Pence Card' not Played, Amistad Lawsuit Goes into Effect Names Pence, Others say Date Not Important | DJHJ Media
President Trump retweeted a copy of a Memo, starting online conversations between people outlining authorities and powers that Vice President Mike Pence could h...続きを読む
スポンサーリンク

ArtOfWar(弁護士)氏のツイート

「ペンス副大統領のの締め切りは12月23日ではない。行動するのは今夜(12/23)ではありません。 1月6日です」

(現在ArtOfWar氏のツイートは一部制限がかかり見にくくなっています)


「選挙人を選択する力。 1月6日がその重要な日です。ペンス副大統領は知事によって争われている州から出された選挙人を拒否することを発表し、立法府によって選ばれた選挙人と一緒に行く予定です。12月14日と23日は州の締め切りです」

スポンサーリンク

憲法で定められた日は1月20日のみ

「彼らの選挙人を選ぶが、それはすでに起こった。 1月6日は次の主要な日付です。憲法に定められた日付は1月20日のみです」

NEW👇

NEW👇

NEW👇

NEW👇

タイトルとURLをコピーしました