社会の話題と反応を発信していくネットメディア

エプスタインは生きている?!「1月6日に証言する」という未確認情報とリンウッド弁護士のツイート

政治

 

スポンサーリンク

リンウッド弁護士のツイート

「私は、ジョン・ロバーツ裁判長に関する私の啓示に基づいて、私に対して行われた攻撃の猛攻撃を十分に認識しています。私を攻撃する前に、多分公平な人々は最初にロバーツに真実を言うように頼むでしょう。

または、ジェフリーエプスタインに聞いてください。彼は生きています

スポンサーリンク

私はBAAACKです!エプスタインは生きており、1月6日に証言します–おそらく

以下の話は、現段階では未確認の推測であることに注意してください。それが本当かどうかはわかりませんし、ハウエル以外の誰かが私に送ってくれたのなら、私はそれを公開しません。しかし、ハウエルの私が間違っていることを証明してきた歴史を考えると、私はそれをただそこに出すつもりです。

私が知っている限りでは、ジョン・ロバーツには、母国をバスの下に投げ込む他の完全にもっともらしい理由があるかもしれません。ジョン・ロバーツの不正行為の証拠はまったくありません。

しかし、エプスタインと関係のある強力な人々は今や彼らの上に雲がかかっており、少なくともこれらの過去の関係によって影響を受けた可能性のある行動についての憶測について報告することは公益であると感じています。

また、これらの「匿名の情報源」が私たちの尻を吹き飛ばしていたかどうかは、数日でわかります。

スポンサーリンク

エプスタインはまだ生きていますか?

ジョン・ロバーツは、オバマCIA長官ブレナンの違法プログラム「HAMR」と「PRISM」によってスパイされた159人の連邦裁判官の1人であり、2)海外の子供たちの彼の「養子縁組」は米国の法律を回避したことを以前に報告しました。これは、オバマチームが重要な場合に望んでいたように、ロバーツ裁判長に統治を強制するために使用された可能性があると思われます。

最初の(1)は、HAMRプログラムの発明者であるデニスモンゴメリーがオバマ前大統領、彼のCIAチーフ、ジョンブレナン、恥ずべきFBI長官、ジェームズコミーなどに対して起こした連邦訴訟の証拠から来ました。

(2)は確かに推測ですが、これまで信頼できる情報源であった非常に深刻な人々から来ています。

共和党のジョン・ロバーツは、トランプ大統領が就任して以来、そしてそれ以前でさえ、すべての重要な事件で中国共産党とその民主党の同盟国を支持してきました。

エプスタインの乱○島でビル・クリントンを含む他の強力な人々と一緒にサーフィンをしているロバーツの写真と、昨日ロバーツとエプスタインが一緒に浮上した写真を公開しましたが、検証されていません。

私たちは1月6日それを聞いていた場合でも、目は特に地獄に既におそらくある1から- 、それはかなりなものになるだろう。

しかし、この男に関するニュースはまだありません。
たぶん、ロバーツは彼の仕事をして、憲法に対する彼の義務がそうであったようにテキサスの訴訟で支配し、トランプの勝利を犠牲にした詐欺を覆したはずでした。

「ハイアップ」は、アダム・シフ、チャック・シューマー、ビル・クリントン、バラク・オバマ、そして他の多くのCCPの役に立つ馬鹿がエプスタインの秘密を守るという敷物の下にこれらすべてを置いていたかもしれません。

しかし、1月6日は予想以上に面白いかもしれない。

ハウウェル・ヴォルツ

リチャードソンポスト(richardsonpost.com)

EPSTEIN IS STILL ALIVE AND WILL TESTIFY ON JAN 6TH – POSSIBLY
'Anonymous sources' have told us that Jeffrey Epstien never committed suicide. He is still alive and will testify on Jan 6th against the swamp
スポンサーリンク

ジェフリー・エプスタインとは

児童売春を斡旋したことで有罪。獄中で自殺したが、他殺が疑われている。

・エプスタインが生きていて証言をすれば、著名人、政治家を巻き込む大スキャンダルになる。

ジェフリー・エドワード・エプスタイン(Jeffrey Edward Epstein、1953年1月20日 – 2019年8月10日)は、アメリカ合衆国の実業家、投資家。児童買春で有罪となった。

2019年8月10日、再審の申し立てで逮捕・拘留されていたニューヨーク州の拘置所内で首を吊って自殺したと発表された。しかし、エプスタインの遺族や弁護団は、この自殺という判断に異を唱えている。ジェフリーの弟のマーク・エプスタインから、鑑定を依頼された法医学者マイケル・バーデンは、2019年10月30日、他殺されたことを示す証拠があると発表している(wikipedia)

スポンサーリンク

ジェフリー・エプスタインの死は様々な憶測を呼んでいる

2019年8月10日、アメリカ合衆国の投資家、有罪判決を受けた性犯罪者で、性的人身売買の罪で告発されていたジェフリー・エプスタインは、収容されていたニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタンにあるメトロポリタン矯正センターの独房で遺体で発見された

ニューヨーク市検視当局はエプスタインの死を首吊りによる自殺と断定したが、エプスタインの弁護士はその結論に異議を唱え、独自の調査を行う意向を表明した。FBIとアメリカ合衆国司法省はエプスタインの死の状況について捜査を行っている。

エプスタインが自殺警戒監視リストから削除されたこと、基本的な刑務所の手続きに違反があったこと、またエプスタインが著名人の醜聞を知っていた可能性があったことから、彼の死は様々な憶測を生じさせた。(wikipedia)

スポンサーリンク

エプスタイン島とは何か

リトル・セント・ジェームズ島、通称エプスタイン島は、アメリカ領ヴァージン諸島のセント・トーマス島沖に位置するプライベート・アイランド。有罪判決を受けた性犯罪者で投資家のジェフリー・エプスタインが所有しており、70から78エーカーの広さを持つ。

「罪の島」とも呼称される。また、「小児性愛の島」「乱○島」としても知られている。『インデペンデント』によると、エプスタインが所有するこの島は10代の少女たちが乱交パーティーに参加させられた場所として悪名を馳せた。

エプスタインから被害を受けたとされる人物の弁護士によると、リトル・セント・ジェームズ島はエプスタインとその友人によって、未成年者に対する最も悪い犯罪の多くが行われた場所だという。

ジェフリー・エプスタインの死後、FBIの捜査員はリトル・セント・ジェームズ島を捜索した。(wikipedia)

スポンサーリンク

エプスタイン島の訪問者

裁判所の文書には「アメリカ国内外の著名な政財界の幹部」がこの島に訪問していたことが記録されている。

フライトログによると、アンドルー王子、スティーヴン・ホーキングは3人のノーベル賞受賞者を含む物理学者のグループでこの島を訪れていた。

2006年3月に島で撮影された写真にはホーキング、デイビッド・グロス、リサ・ランドールらが会合の合間にバーベキューをしている様子が写っている。

ヘーラルト・トホーフト、フランク・ウィルチェック、ローレンス・クラウス、マーティン・ノヴァクらも招待されている。

クラウスは、会合の大部分は付近にあるセント・トーマス島で開かれ、リトル・セント・ジェームズではエプスタイン主宰のパーティーが開かれたと述べている。

ビル・クリントンが訪問していたことは広く報じられている。(wikipedia)

スポンサーリンク

リンウッド弁護士は最高裁ロバーツ判事もエプスタイン島に行っているとツイートしている

「ジェフリーエプスタインのプライベートジェットの飛行記録にある「ジョンロバーツ」について長い間質問がありました。私はそれが私たちの最高裁判事だと思った。 MSM(メインストリームメディア)は、真実を見つけるために問題を調査することに関心を示していません。

アメリカは今、答えを知る権利があります。すべての嘘が明らかになります」

タイトルとURLをコピーしました