社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン政権で気候変動への戦いを主張している「ケリー気候問題担当大統領特別特使」の家族はプライベートジェットを所有している

政治
スポンサーリンク

ジョン・ケリーの家族は、まだプライベートジェットを所有している

 

スポンサーリンク

ケリー米国気候特別特使の家族は、新政権で化石燃料と戦う立場にあるにもかかわらず、プライベートジェットを所有している

FAAのレジストリには、Flying SquirrelLLCが所有するGulfstreamAerospaceジェットが示されています。これは、以前にTeresaHeinz-Kerryの民間チャータージェット会社で報告された名前です。同社の記載されている住所は、ハインツファミリー財団の住所と一致しています。

ホワイトハウスは、フォックスニュースのコメント要求にすぐには応じなかった。ハインツ家の事務所もそうではありませんでした。

スポンサーリンク

あちら側得意のダブスタ

FAAの記録によると、ジェット機の登録証明書は2005年7月に発行され、2023年10月に失効します。

ケリーが妻の会社からどれだけの恩恵を受けたかは正確にはわかりませんが、プライベートジェットは 、商用便の40倍以上の炭素を乗客1人あたりに排出すると推定されてい ます。(foxnews)

John Kerry's family still owns private jet as he leads climate fight, FAA records indicate
FAA records indicate that the family of U.S. Special Envoy for Climate John Kerry owns a private jet, despite his position on combatting fossil fuels in the new...続きを読む
スポンサーリンク

さすが気候変動の専門家

NEW-気候変動の専門家ジョン・ケリーは、バイデンが2兆ドルの「グリーンニューディール」を推進する直前に、米国でのゼロ排出は世界の気候変動に違いをもたらさないと認めています。 世界の炭素排出量の30%を生み出しているのは中国です」

ジョン・ケリーは、「生計の終わりを見る」石油・ガス労働者への彼のメッセージは何であるかを尋ねられます。 「バイデン大統領がやりたいのは、それらの人々がより良い選択肢を持っていることを確認することです…彼らがソーラーパネルを作るために仕事に行く人々になることができるようにすることです。

スポンサーリンク

ケリーはポンペオ前国務長官にこう言われた

「この中東の「専門家」を覚えていますか?彼は起こり得ないと言ったが、我々はやった」

 

スポンサーリンク

ジョン・フォーブズ・ケリー

1943年12月11日生まれ -2021年1月発足予定のジョー・バイデン政権において新設される気候問題担当大統領特別特使に指名されている。 バラク・オバマ政権で第68代国務長官を務めた。

ジョン・フォーブズ・ケリー - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

NEW👇

NEW👇

NEW👇

NEW👇

タイトルとURLをコピーしました