社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン政権下の米国国務省の副スポークスパーソンのジャリナ・ポーター、4年前に「ISISよりアメリカの警察の方が脅威だ」とFBに投稿

政治
スポンサーリンク

アイシスよりアメリカの警察の方が脅威だ

2016年のFacebookの投稿で、バイデン政権下の米国国務省の新たに指名された副スポークスパーソンであるジャリナ・ポーターは、アメリカの警察が黒人アメリカ人を「殺した」ため、ISISよりも大きな国家安全保障上の脅威をもたらしたと書いています

ワシントンフリービーコンによると、ポーターは投稿に次のように書いています。「米国の国家安全保障に対する最大の脅威は米国の警官です。

ISISでも、ロシアのハッカーでも、誰でも何でもありません。もしあなたが目を覚まして起き上がらなければこの真実まで、アメリカでの黒人に対する虐殺は、私たちがほぼ絶滅するまで続きます。それは、私が自分自身と私の周りの人々のために住み、創造しようとしている世界ではありません。」

スポンサーリンク

アメリカの黒人に対する大量虐殺で絶滅の危機に

セドリック・リッチモンド議員(D-LA)の元職員で、現在はホワイトハウスの上級顧問であるポーターは、次のように付け加えた。「もしあなたが目を覚ましてこの真実に立ち向かわなければ、アメリカの黒人に対する大量虐殺絶滅の危機に瀕するまで続きます。」

スポンサーリンク

警官に従わず射殺された黒人をことを誤って指摘したコメントだった

ポーターのコメントは、オクラホマ州タルサで警察に撃たれたテレンス・クラッチャーのビデオが公開された後に行われたようです。

実際、場所に関する警察官の指示に従わずに窓に手を伸ばした。陪審員は、「容疑者の肌の色、性別、大きさに関係なく、その瞬間にその状況に置かれた役員は、法執行機関の訓練に従って同じように行動しただろう」と付け加えた。

彼女のコメントの時点で、ポーターは、以前ハンター・バイデンを雇用していた国家安全保障および外交政策シンクタンクであるトルーマン国家安全保障プロジェクトで働いていました。

'Largest threat to US national security are US cops,' says Biden's new State Department spokesperson
In a 2016 Facebook post, Jalina Porter, the newly named deputy spokesperson for the US State Department under the Biden administration wrote that American polic...続きを読む

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました