社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アリゾナマリコパ郡の選挙監督官がドミニオンで作成された投票用紙の引き渡しを拒み、逮捕に直面

スポンサーリンク

上院共和党は、マリコパ郡の監督者を侮辱罪で逮捕(を要求)しました

アリゾナ上院の16人の共和党員全員が、マリコパ郡の監督委員会を「侮辱し、選挙の備品および材料に関する幅広い召喚状の遵守を拒否した」として逮捕することを求める決議をした。

上院決議1005は、カレン・ファン上院議長に、州法の「第41-1153項に従ってすべての法的措置を講じる」よう指示し、「召喚状に従うことを怠ったり拒否したりする証人は、守衛官によって逮捕される可能性がある」と述べています。

スポンサーリンク

アリゾナ上院は投票機に不正があると睨んでいる

ファンと上院司法委員会の議長を務めるウォーレン・ピーターセン上院議員が発行した召喚状は、マリコパ郡が2020年の総選挙からの投票集計機、210万票、その他の資料とデータを提出することを要求しています。彼らはそれらの資料の法廷監査を実施したいと考えています。

アリゾナミラーが入手した電子メールは、上院が、誤った情報と誤った不正選挙の主張を繰り返し広めているドナルドトランプ前大統領のキャンペーンと同盟を結んでいる連合セキュリティオペレーショングループに、数十万の投票用紙を数え、投票機を調べることを望んでいることを示しています。

スポンサーリンク

拒むマリコパ郡と追及する上院

マリコパ郡は上院に数万ページの公に利用可能な有権者登録情報、どの選挙労働者が機器にアクセスしたかを示すログ、および詳細な選挙結果を提供しました。しかし郡は、州法が実際の投票用紙を引き渡すことを禁じていると主張している。また、郡は、州法とベンダーのDominion Voting Systemsとの契約により、作表機の引き渡しが禁止されている可能性があると述べた。

共和党のセラーズ氏は火曜日の記者会見で、ピーターセン氏が監督者を軽蔑する可能性を提起した後、「彼らが自分たちの立場の合法性を本当に信じるなら、法廷侮辱罪で解決策を模索することに参加するだろう」と述べた。彼らを逮捕し、軽犯罪で起訴することを含みます。

Senate GOP all back arresting Maricopa County supervisors for contempt
All 16 Republicans in the Arizona Senate co-sponsored a resolution calling for the Maricopa County Board of Supervisors to be held in contempt and arrested for ...続きを読む
スポンサーリンク

アリゾナ州マリコパ郡では、サイバーセキュリティの専門家が「ドミニオンのハッキングがあった」と12月1日の公聴会で証言

「選挙中にドミニオンシステムがドミニオンの集計ソフトは、確実にネットに接続されフランクフルトからハッキングされていた」
「我々のチームは選挙日のドミニオンのネットワークを調べた。サーバーのウェブトラフィックの増加を確認した」
「ユーザーマニュアルはネットへの接続方法をユーザーに説明している。複数の州で選挙中にインターネットに接続された」
「世界中どこからでもマルウェア経由でログインして資格情報を取得し、システムに簡単にアクセスでき、投票を容易に調整できる」

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました