社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ドイツの修道女達は175人の孤児の少年を集団輪●・虐待し、変●者に売った/人身売●の現実

事件
スポンサーリンク

ドイツの修道女が孤児を性的捕食者に売った

ドイツ当局が沈黙させようとした報告は、カトリックの修道女が孤児になった少年を略奪的な司祭や変質者に何十年も行商したことを示しています。
ローマ—貪欲な修道女と変質した司祭の手による何十年にもわたる横行する児童の性的虐待を概説する不快な報告は、ドイツの教会における体系的な虐待の厄介な絵を描いています。
虐待の疑いは何年も続き、男性の1人は、修道女が修道院を出た後も頻繁に大学の寮を訪れたと主張しました。彼は、尼僧がしばしば彼に薬を飲ませ、捕食者のアパートに彼を届けたと言いました

スポンサーリンク

教皇は司祭を認め、司教は性的に虐待された修道女を持っている

ああ、神様
2021年1月。その調査報告の詳細は非常に恐ろしいものであったため、ライナー大司教マリア・ヴェルキはそれを公表することを拒否し、それを見たジャーナリストは秘密保持協定に署名するよう要求した。ドイツのジャーナリスト8人は、教会の内容を公表しないことに同意しない限り、教会の調査へのアクセスを拒否された後、1月に記者会見から退出しました。
Hauckeは、11歳から14歳の間に少なくとも週に1回、しばしば複数の司祭に虐待されたと言います。「私たちに何が行われていたかを説明する言葉はありませんでした。また、それが何を意味するのかわかりませんでした。そしてそれは肉体的な苦痛で止まらなかった。私たちは屈辱と使用されているという明確な感覚を持っていました」と彼はレポートがリリースされる予定だったときにドイチェ・ヴェレに語った。彼は、1月の報告書の発表の

スポンサーリンク

175人の少年が20年にもわたり虐待されてきた

この報告書は、1960年代から1970年代にかけてドイツのシュパイアーで修道院を運営した修道女たちから、少年たちを「借りた」さまざまなドイツ人ビジネスマンと共謀聖職者を指名しています。虐待の最悪の例の中には、少年たちが修道院に戻る前に参加を余儀なくされた輪姦や乱交があり、そこで修道女たちは衣服にしわを寄せたり、精液で覆われたことで彼らを罰しました。
「現在大司教区を率いるカールハインツヴィーズマン司教は、虐待の報告は「非常に残酷」であり、公表するには衝撃的すぎると述べた。」
報告書によると、175人、主に8歳から14歳までの少年が、20年以上にわたって虐待されていました。しかし訴訟はまた、修道会内で調査を引き起こし、修道院、小教区、および修道院に住んでいた、または頻繁に訪れた1,412人が、少なくとも654人の僧侶、尼僧、およびその他の修道会のメンバーによって子供、10代の若者、および病棟として虐待されたことがわかりました。調査された犠牲者の約80%が男性で、20%が女性でした。調査はまた、虐待者の80%が現在死亡しており、37人が神権または修道会を去ったことを発見した。

Nuns Sold Orphaned Children to Sexual Predators: Report
A report German authorities tried to silence shows how Catholic nuns peddled orphaned boys to predatory priests and perverts for decades.
スポンサーリンク

Twitter上の声

「修道女でこれか、クズ」
「ドイツだけではないだろうな」
「仏に帰依してる人間でこれ、あとは推して知るべし」
「精神異常者!!多過ぎて怖すぎる」
「BBCのドキュメンタリーでも孤児院の子供が高額で売却され、劣悪な環境で奴隷労働させられていたと告発されていた」
「孤児院には大金が」

スポンサーリンク

参考記事

NEW👇

タイトルとURLをコピーしました