社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代大統領トランプは「戦いの場にとどまる」元ホワイトハウスの首席補佐官

政治
スポンサーリンク

トランプは「アリーナにとどまる計画」

元ホワイトハウスの首席補佐官マーク・メドウズは、上院が彼を有罪にするために進行中の弾劾裁判を行っているときに、ドナルド・トランプ前大統領の政治計画に対する新しい洞察を明らかにした。

「アメリカと7500万人の有権者は、ドナルド・トランプと彼が国のためにしたすべてはまだ終わっていない」とメドウズは インタビューで語った。トランプ氏は「アメリカを最優先したいが、アリーナに留まるつもりだ」と付け加えた。

スポンサーリンク

下院院内総務との会談

前大統領は先月、フロリダ州パームビーチのマーラゴリゾートと自宅で共和党の共和党党首ケビンマッカーシー(R-Calif。)と会い、会談後に2人の写真を公開した。トランプ氏のチームは、前大統領がマッカーシの下院の過半数を民主党から奪還するのを支援すると述べており、どちらも彼らの話は心のこもった温かいものだと述べた。

メドウズは、彼の一部として、シニアパートナーとしてConservative PartnershipInstituteグループに参加しました。グループは元共和党員ジム・デミント議員によって率いられています。

スポンサーリンク

ペロシに対して戦略を立てる/新政権の大統領令に対し訴訟を起こす

メドウズはゴルカに、保守的なハウスフリーダムコーカスで数人の代表と会い、下院議長のナンシーペロシ(D-Calif。)に対して戦略を立てる予定であると語った。

メドウズ氏によると、トランプ氏の移民議題の作成を支援した元ホワイトハウスの上級顧問スティーブン・ミラー氏は、「この新政権から出てくる急進的な大統領命令のいくつかに対して」訴訟を起こすよう弁護士グループに働きかけようとしている。彼はその計画についてこれ以上詳しくは述べなかった。

Trump 'Plans to Stay in the Arena,' Says Former White House Chief of Staff
Former White House chief of staff Mark Meadows revealed new insights into former President Donald Trump's political plans, ...
スポンサーリンク

ケビンマッカーシーとの会談後のドナルド・J・トランプ大統領のコメント(1/29)

フロリダ州パームビーチのマー・アー・ラゴで行われたドナルド・J・トランプ大統領と下院共和党指導者のケビン・マッカーシーとの会談は非常に素晴らしく、心のこもったものでした。彼らは多くのトピックについて話し合いましたが、その1つは2022年に下院を取り戻すことでした。トランプ大統領の人気は今日ほど強くはなく、彼の支持はおそらくいつでもどんな支持よりも意味があります。

スポンサーリンク

トランプ大統領メディア広報部長ダンスカビーノ氏のツイート/(フロリダ州パームビーチ郡Mar-a-Lago(マーララーゴ)から)

午後11:01 · 2021年2月12日 The Mar-a-lago Clubから

参考記事
タイトルとURLをコピーしました