社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン、銃メーカーに暴力の責任を負わせる法律を制定し、国民が武器の保有を認めている合衆国憲法修正第2条を無効にしようとする

スポンサーリンク

バイデン、国民から自らが身を守るための銃を規制しようとする

「速報:プレバイデンは議会に対し、すべての銃の販売に関するバックグラウンドチェック、攻撃用武器および大容量の雑誌の禁止を義務付ける法律を制定し、銃メーカーに銃器による暴力の責任を負わせるよう求める声明を発表しました-AP」

「ジャストイン:バイデンは議会に、すべての銃の販売に関する身元調査の要求や攻撃用武器の禁止など、銃法を強化するよう求めた」

スポンサーリンク

「行動する時が来ました。」パークランドの記念日に、バイデンは銃規制を要求します

ジョー・バイデン大統領は、日曜日に「常識的な銃規制改革」を可決するよう議会に求めた。バイデンの声明は、フロリダ州パークランドでの学校銃撃虐殺の3周年にあたります。バイデンは、「この政権は、次の銃乱射事件がその呼びかけに耳を傾けるのを待たないだろう」と約束した。

「演説抜粋」

3年前の今日、フロリダ州パークランドにあるマージョリーストーンマンダグラス高校で、一人の銃撃者が14人の生徒と3人の教育者の命を奪いました。数秒で、何十もの家族の生活、そしてアメリカのコミュニティの生活は永遠に変わりました。

パークランドの家族は3年間、愛する人なしで誕生日や休暇を過ごしてきました。彼らは子供たちを大学に送ったり、高校卒業後の最初の仕事で子供たちに会ったりする経験を逃しました。あまりにも多くの家族のように、彼らは彼らの魂の断片を地球の奥深くに埋めなければなりませんでした。あまりにも多くの家族のように、そして実際、私たちの国のように、彼らは物事が大丈夫かどうか疑問に思っています。

私たちの国中、両親、配偶者、子供、兄弟、そして友人は、銃による暴力で愛する人を失うことの痛みを知っています。今日、私たちはパークランドコミュニティに悼み、愛する人を銃による暴力で失ったすべての人を悼みます。

スポンサーリンク

銃メーカーと販売店に責任を負わせようとするバイデン

この政権は、次の銃乱射事件がその呼びかけに耳を傾けるのを待たないだろう。私たちは、銃による暴力の蔓延を終わらせ、学校や地域社会をより安全にするための行動を起こします。今日、私は議会に、すべての銃の販売の背景チェックを要求すること、攻撃兵器と大容量の雑誌を禁止すること、そして故意に私たちの街に戦争兵器を置いた銃製造業者の免責を排除することを含む、常識的な銃法改正を制定するよう呼びかけています。私たちは、失ったすべての人々と、変化を起こすために悲しむために取り残されたすべての人々のおかげです。行動する時が来ました。(breaking911.com)

"The time to act is now." On Parkland anniversary, Biden calls for gun control - Breaking911
President Joe Biden called on Congress to pass “common-sense gun law reforms” Sunday. The statement from Biden comes on the three-year anniversary of the school...続きを読む
スポンサーリンク

トランプ大統領「国民には銃を持って自らを守る権利があり、それを規制するのは神に逆らう行為」(2020/8)

トランプ氏は、オハイオ州クリーブランドでの演説で「(バイデン氏は)極左のアジェンダに従い、あなた方から銃を取り上げ、(武器の保有を認める)合衆国憲法修正第2条を無効にしようとしている。無宗教で聖書と神を傷つけている」などと述べ、「彼は神に逆らっている」とした。(ロイター)

バイデン氏は「神と銃」に反対、トランプ氏が激戦州で演説
トランプ米大統領は6日、11月の大統領選に向け野党・民主党の候補指名を確定させたバイデン前副大統領が「神に逆らっている」と非難した。伝統的に選挙の勝敗を左右してきた重要州であるオハイオ州で述べた。
スポンサーリンク

Twitterの声

「バイデンは、銃の製造業者が銃撃の責任を問われることを望んでいる。オネイダに気をつけてください、彼らはあなたとあなたの包丁が次に来るでしょう」(oneidaは食器メーカー。包丁も作っている)

グリーン議員:「彼の就任式には3万人の武装警備員がいたが、彼は明らかに銃を持った善人を信じている。学校での銃撃を防ぐ最善の方法は、銃のない学校のゾーンをすべて廃止し、彼が自分自身を守るように子供たちを守ることです」

 

スポンサーリンク

アメリカで銃に特別な意味が与えられていることは、合衆国憲法の規定にも表れている。

合衆国憲法修正第2条の規定は、“A well regulated Militia, being necessary to the security of a free state, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed” である。

これを部分的に日本語に訳せば、「規律ある民兵は、自由なstateの安全にとって必要であるから、人民が武器を保蔵しまた携帯する権利は侵してはならない」となる。

この規定が、民兵に言及しているのは興味深い。建国者たちの基本哲学とされた共和主義は、各人が私益よりも共通善、全体の福祉を追求することを重視する考え方であり、そのための前提として、市民が公徳心を持つことが重要だとされた。(gendai.ismedia)

アメリカ「銃社会」の起源と現在 〜だから一筋縄では規制できない (西山 隆行) @gendai_biz
3億丁の銃、年間3万人死亡、医療費に投入された税金は5億ドル、そして2016年には「アメリカの犯罪史上最悪」の銃乱射事件が起きた。国民の8割が規制に賛意を示しても、実現しない。アメリカ銃社会はこうして形成・維持されているのだ。
パークランド事件/マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件

2018年にアメリカ合衆国フロリダ州ブロワード郡パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高等学校 (Marjory Stoneman Douglas High School) で発生した銃乱射事件。現場の学校名はフロリダ州の環境保護に功績のあった同名のジャーナリストにちなむ。2018年2月14日午後3時頃、同高校を退学処分とされていた19歳の元生徒が校内に侵入。元生徒は、火災報知器を作動させ、生徒が逃げようと避難を始めたところにAR-15ライフル(M16自動小銃の民生型)を乱射。生徒や教職員17人が死亡する惨事となった。

マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件 - Wikipedia
参考記事
タイトルとURLをコピーしました