社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報!】バイデン、シリアを空爆開始!/トランプ大統領が築いた平和を破る

スポンサーリンク

速報:米国がシリアで空爆を開始

スポンサーリンク

速報:米国のジェット機がイランが支援する民兵に砲撃/シリアでの爆発

当局者は匿名の条件で話し、シリアでのイランが支援する民兵に対する空爆はジョー・バイデン大統領によって承認されたと述べた。 (ロイター)
3回の空爆が、アルブカマルの国境地帯の税関ビルを襲ったと報告されている。
ペンタゴンは、米国がイラクの米国/連合要員に対する最近の攻撃に応えて、「イランが支援する民兵グループ、カタイブ・ヒズボラとカタイブ・サイード・アル・シュハダに関連するシリアの標的に対して、今夜早くに防御的精密攻撃」を行ったことを確認する
米国当局者:アメリカのF15戦闘機が空爆に使用されました。標的はイラクとシリアの国境地帯でした。ロシアはそこでの空域を管理しています。

スポンサーリンク

バイデン大統領がトランプの平時記録を破る:シリアに対する空爆を開始

平時と繁栄のトランプの年は終わりに近づいています。バイデン時代の経済的倦怠感、終わりのない封鎖、そして海外での戦争が私たちに迫っています。

米国は現在、シリアでイランが支援する過激派に対して空爆を開始することにより、シリアとイランに対する戦争の危険を冒しています。

ロイターは空爆について報告した:

米国は木曜日に、イランが支援する民兵であると述べたものに属する建造物に対してシリアで空爆を実施した、と2人の当局者がロイターに語った。

当局者は匿名を条件に話し、ストはジョー・バイデン大統領によって承認されたと述べた。

更新:もう少し情報があります。これはシリア東部での精密な空爆だったようです。

ABCニュースはレポートを裏付けています:

米国は東部で軍事空爆を実施しました 米国当局によると、米国は、イラク北部のエルビルでの最近のロケット攻撃に対する報復として、イラクと の国境に沿って シリアイランが支援する民兵を標的にした。

空爆は、イラクのアメリカの施設に対して過去にロケット攻撃を開始したカターイブ・ヒズボラと他のイランが支援する民兵に属するシリア東部の町アル・ブカマルの建造物を標的にしたと米国当局者は述べた。

シリアの空爆は、バイデン政権がイランの政権と対峙した後に起こった 核開発計画を急速に拡大する約束し。

ニューズウィークが2020年11月に述べたように、ドナルド・トランプはジミー・カーター以来の最初の大統領であり、米軍を軍事紛争に巻き込まなかった。

バイデン大統領は、トランプ大統領の大統領職から始まった平和記録を破り、今や米国を別の外国戦争に巻き込むと脅迫している。

President Biden Breaks Trump Peacetime Record: Launches Air Strikes Against Syria
Advertisements The Trump years of peacetime and prosperity are coming to an end. The Biden years of economic malaise, never-ending lockdowns, and brewing wars o...続きを読む
スポンサーリンク

関係記事

タイトルとURLをコピーしました