社会の話題と反応を発信していくネットメディア

北京で過去10年で最悪の黄砂 視界300メートル/6人死亡81人が行方不明/日本にも多額の経済損失を及ぼす恐れ/ネット:どこまでも迷惑な国

中国
スポンサーリンク

北京で大黄砂

ざらざらしたオレンジ色の混乱に目覚めます。モンゴル砂漠から吹き込まれた砂嵐は、大気汚染レベルをチャートから外します-スケールで最大999をはるかに超えています。前代未聞ではありませんが、まれです。

スポンサーリンク

6人死亡、81人が行方不明に

北京と中国北部の他の地域は、10年間で最大の砂嵐に見舞われました。近隣のモンゴルで少なくとも6人が死亡、81人が行方不明

北京と中国北部の一部は大規模な砂嵐に見舞われ、何百ものフライトがキャンセルされました。

スポンサーリンク

黄砂というより砂嵐

ジャストイン-砂嵐が襲う北京、大気質「危険」

スポンサーリンク

過去10年で最悪黄砂 視界300メートル 北京

中国の首都、北京市は15日、過去10年で最悪の黄砂に見舞われた。

市全体が黄色い霧に覆われたような状態になり、中国メディアによると、多くの地区で視界は300~800メートルになった。

14日にモンゴル南部で発生した黄砂が中国北部の広い地域に拡散した。「過去10年で最も大規模」(気象当局)で深刻な大気汚染となり、当局は高齢者や児童、持病のある人に屋外での活動を控えるよう呼び掛けた。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

ネットの声

・門倉貴史(エコノミスト/経済評論家)

中国の黄砂は、家畜を過剰に繁殖させたことで森林が減少し、砂漠化が進むことによって年々深刻化している。中国では、砂塵嵐によって毎年4億人の人々の生活に悪影響を及ぼし、直接的な経済損失は毎年8000億円以上に上るというデータもある。日本や韓国にも多額の経済損失を発生させている。

・千種ゆり子(テレビ朝日気象キャスター/地球温暖化防止コミュニケーター)

春は特に黄砂が多い季節ですが、ここまでひどいのは珍しいようです。気象衛星ひまわり9号からも、広い範囲に濃い黄砂が広がっているのが、はっきりと見えるほどでした。

黄砂を舞い上げる原因となったのは、急速に発達した低気圧と、その西側にある高気圧の間で等圧線の間隔が狭くなり、非常に強い北風が吹いているためだと思われます。

・中島恵(ジャーナリスト)

この時期の北京は黄砂に悩まされるのが常なのですが、今日は本当にひどいようで、朝から中国人のSNSはこの話題で持ち切りです。怖い音楽とともに、黄土色にかすんだ町の写真や動画を投稿し、嘆いている人が多いです。ここ数年、北京のPM2・5はかなり改善されていたのですが、今回はPM2・5と黄砂が混じっている竹村俊彦 

・竹村俊彦(九州大学応用力学研究所主幹教授)

私自身のコンピュータシミュレーション予測(SPRINTARS)や気象庁の予測によると、この黄砂が日本へ明日飛来すると予測されていますが、地上付近の濃度はそれほど上がらないと予測されています。

・この黄砂やPM2.5は日本海側にもやってくるから他人事ではない。

・モンゴル南部で発生したのなら、緑地化を検討すべきではないか。

・中国も世界に喧嘩を売ってばかりでなく、世の中の為になることをして欲しいと思う。

・北京の砂漠化が、公害汚染が進んでいる。黄砂に、PM2.5に、どぎつい色の付いた水に

・どこまでも周辺諸国には迷惑をかける国だ

・中国で進む深刻な砂漠化現象。

・人が住めなくなり砂に埋もれる住居・・・

・砂漠化進行の深刻さを伝える内容だった。

・北京の背後にある広大な砂漠地帯。

・まだまだ北京との距離はあるが。

・こういう現象が徐々に増えていくと思う。

・コロナもそうだが。PM2.5も黄砂も日本は影響を受けてばかり。何とかならないものか?国レベルで交渉してほしい。

・あの国が経済発展するとロクな事がない。

・中国はどうでもいいが、日本への影響が気になる。

・この黄砂が日本にも飛来すると思うと暗い気持ちになる。

・なぜ緑化運動を進めないんだ?

・黄砂は日本にも影響があります。自然現象ですが、今や中国は他国に多大な迷惑と悪影響を与えています。責任を求めたいと思います!

・どんな国に成ろうが正直、どうでもいいです。この様な事に関しては国費を投じて慰謝料という形の金を支払うべきですよ。

・大阪市だけど、先々日の雨の後、ベランダの壁が物凄く汚かったんだよね。いずれにせよ、もうすでに日本には黄砂もPM2.5も目に見えるくらい飛んできてるよ

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました