社会の話題と反応を発信していくネットメディア

米超党派議員を中共メンバーを特定して罰する法律「臓器強制摘出停止法」を上下院に提出/提案議員「非道で野蛮な行為だ!」

スポンサーリンク

米超党派議員、中国念頭にした「臓器強制摘出停止法」を上下院に提出 対象者に制裁

2021年03月13日

クリス・スミス米上院議員ら超党派は3月初旬、中国を念頭にした臓器強制摘出停止法案を上・下院に提出した。
中国共産党が主導する信仰者や少数民族から移植用臓器の強制摘出問題に対応するため、米国の超党派議員たちは3月上旬、この人道犯罪に関わる外国政府高官や組織を制裁対象とする法案を上院と下院に提出した。

臓器摘出は、私たちの世界には存在するべきではない、ひどく野蛮で非人道的な行為だ。国際的な人身売買ギャング、テロ組織、さらには無実の人々を殺し、利益のために臓器を売る一部の政府、特に中国の共産主義政権による恐ろしい虐待を終わらせるために、私たちはもっと努力しなければならない」 と同問題に長らく取り組むクリス・スミス上院議員は法案提出にあたり、声明を発表した。

スポンサーリンク

「臓器強制摘出停止法案(Stop Forced Organ Harvesting Act)」は、次の内容を盛り込んでいる。

1.米政府が、違法な臓器購入者の入国拒否または入国許可を取り消すことを許可する
2.米国務省は、強制臓器摘出に責任のある外国の役人と団体を特定して、強制臓器摘出に関する年次報告を作成する
3.強制臓器摘出に関与する外国組織と提携する臓器移植外科医を訓練する米国の機関について、米国務省は保健福祉省と連携して年次報告書を作成する
4.臓器移植手術のための道具や機器を、強制臓器摘出に関わった組織の輸出を禁止する
5.強制臓器摘出に関与またはその他の方法で支援する外国高官および団体を制裁する
スポンサーリンク

中共が迫害された宗教団体、無実の囚人、死刑囚から臓器を収穫し続けている

議員たちは提出にあたり、声明を発表している。「中国共産党が迫害された宗教団体、無実の囚人、死刑囚から臓器を収穫し続けているという証拠が増えている」 「この法案は、強制臓器摘出に関与している中国共産党のメンバーを特定して罰するものだ」とコットン議員は述べた。

「強制臓器摘出は非人道的、非道徳的、そして残酷だ。米国はこの卑劣な慣行と戦うためにできる限りのことをしなければならない」 と上院人権委員会の共同議長を務めるクーンズ上院議員は述べた。

「私は、臓器収奪と国際人身売買に関係するこの超党派の法案を支持できることを誇りに思う」と付け加えた。

人権擁護NGOの臓器移植濫用停止国際ネットワーク(ETAC)は、それぞれ米上下院で臓器強制摘出停止法案が提出されたことに歓迎の意を示した。ETAC事務局長であるスージー・ヒューズ氏は「この法案は、臓器の人身売買と臓器の除去を目的とした人身売買の問題について、最も包括的な内容だ。世界的な臓器売買に広く取り組むだけでなく、毎日罪のない人々の命を奪われている、中国での強制臓器摘出取引の阻止に繋がる」と述べた。

米超党派議員、中国念頭にした「臓器強制摘出停止法」を上下院に提出 対象者に制裁
中国共産党が主導する信仰者や少数民族から移植用臓器の強制摘出問題に対応するため、米国の超党派議員たちは3月上旬、この人道犯罪に関わる外国政府高官や組織を制裁対象とする法案を上院と下院に提出した。
スポンサーリンク

英国に亡命した外科医は自ら実行したことこ告白している

2019年9月15日

正直なところ、祖国にいる家族の身が心配です」──こう打ち明けるのは、今年8月に来日した英国在住ウイグル人のエンヴァー・トフティ氏(56)。中国国内におけるウイグル人への人権弾圧を世界が問題視する中、トフティ氏は故郷に残した家族の身を案じる毎日を過ごす。

元外科医であるトフティ氏は、中国政府にとって不倶戴天の敵といえる。トフティ氏は1998年、中国が1960年代から秘密裏に新疆ウイグル自治区で行ってきた核実験の被害を告発したことで、1999年、英国への亡命を余儀なくされた。

英国亡命後に「人権」の存在を知ったトフティ氏は、2009年に中国の臓器狩りを告発する米国人ジャーナリストの講演を聴講した際、自ら挙手して「私が実行しました」と初めて公に証言した。

「中国臓器狩り」戦慄の手口 亡命ウイグル人の元医師が激白
「いまも新疆ウイグル自治区に住む母ときょうだいに連絡を取ろうとしても、電話が通じるのは母だけです。しかも最近は以前より明らかに口数が減り、私が何を聞いても母は『大丈夫よ』と繰り返…
スポンサーリンク

英国では臓器ビジネスが行われていると最終裁定している

1年あまりかけて多数の証拠を検証し、人道犯罪を裁量するロンドン民衆法廷は、2019年6月、良心の囚人から強制収奪するという非人道的な中国の「臓器ビジネス」は相当な規模で行われ、現在も続いているとの最終裁定を下した。

中国共産党は組織的に「良心の囚人」つまり無実の罪で収監されている信仰者や少数民族、政治異見者から、臓器を強制摘出しているとの疑惑が消えない。

心臓移植希望の中国人実習生が帰国 「中国臓器ビジネス」伝えない日本メディア
愛知県名古屋に技能実習生として来日中に心臓病を患った中国人女性(24)が6月13日、中国のチャーター便で入院先の武漢に渡った。「心臓外科の先進」である武漢の病院で心臓移植を待つという。日本のメディアは「日本では移植までの待機期間は3年必要だが、中国では1~2カ月で受けることができる」と伝えた。しかし、なぜ中国で他国と比...続きを読む
スポンサーリンク

トランプ政権下でポンペオ国務長官はウイグル人に対する行為をジェノサイドと認定

「私は、中華人民共和国がウイグル人イスラム教徒や他の民族的および宗教的マイノリティグループのメンバーを標的として、中国の新疆ウイグル自治区で大量虐殺と人道に対する罪を犯していると判断した」
「これらの行為は、中国の人々とあらゆる場所の文明国にとっての侮辱です。中華人民共和国と中国共産党は責任を問われなければならない」

スポンサーリンク

米英が断固たる行動約束、ウイグル人女性拷問の調査報道受け

2021年2月5日 15:03 発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ 米国 北米 中国 中国・台湾 ]

米国と英国は4日、英BBCが中国の収容施設で行われているウイグル人女性に対する拷問や性的暴行を詳細に報じたことを受けて、断固たる対応を取ると約束した。

米国務省の報道官は、中国がウイグル人に対する「ジェノサイド(大量虐殺)」を行っているということで、前政権と現政権の見解は一致していると改めて述べた

参考記事
タイトルとURLをコピーしました