社会の話題と反応を発信していくネットメディア

元ゴールドマンサックスの幹部、エプスタインのマンハッタン邸宅を5100万ドルで購入

事件
スポンサーリンク

元ゴールドマンサックスの幹部がジェフリーエプスタインのニューヨークマンションを5100万ドルで購入

2021年3月17日

ダフィーのスポークスマンによると、ゴールドマンサックスの元幹部であるマイケルダフィーは、有罪判決を受けた性犯罪者のジェフリーエプスタインのマンハッタン邸宅を5100万ドルで購入した。

“CNBCが引用したDaffey社のスポークスマン、Stu Loeser氏は、「Daffey氏はこれまでその家に入ったこともなければ、その所有者に会ったこともありませんでしたが、彼はニューヨークの未来を強く信じており、ニューヨークの最良の時代は過去のものかもしれないと言うすべての人々の反対側に立つつもりです」と語っています。

 

エプスタインの遺産執行人は、2020年7月にマンハッタンのアッパーイーストサイドにある28,000平方フィートのタウンハウスを8,800万ドルで最初にリストアップしました。遺産執行人は、今年初めに2300万ドル(約23%)値下げして6500万ドルとした。買い手を見つけるためには、何と言っても、この豪邸はエプスタインの名前で永遠に汚されてしまうからです。

スポンサーリンク

売却収入は性被害者の補償基金に

不動産の遺言執行者は別のヘアカットを取り、今月ダフィーと5100万ドルで取引をしました。当初の定価から販売価格まで、誰も恥ずべき家を所有したくないか、市の住宅市場が低迷しているため、物件は42%割引されました。

邸宅の売却による収入は、エプスタインを性的虐待で告発した女性のための補償基金に移されると予想されています。故フィナンシェは未成年者の性的人身売○で起訴され、2019年に彼の独房で死んでいるのが発見されました。検察官は彼のマンハッタン邸宅は「数千とまではいかなくても数百」の裸の女の子の写真が見つかった性的人身売買計画の一部であると述べました。

Business Insiderは、ダフィーの購入は、彼が暗号通貨取引で途方もない利益を上げた後に行われたと報告しています。

Daffeyは30年近くゴールドマンで過ごし、3月に引退するまでグローバルマーケット部門を率いていました。ダフィーがエプスタインのかつての邸宅を彼の主な住居にするかどうかは定かではありません。(zerohedge)

Ex-Goldman Sachs Exec Buys Jeffrey Epstein's NYC Mansion For Million | ZeroHedge
ZeroHedge - On a long enough timeline, the survival rate for everyone drops to zero
スポンサーリンク

ジェフリーエプスタインはかつて十代の処女を奪うことについて自慢していた:裁判所の文書

1月29日

ジェフリー・エプスタインはかつて、19歳の女性の処女を奪うことについて事実上の見知らぬ人に誇らしげに自慢したと、被害者は新たに封印されていない法廷文書で述べた。

スポンサーリンク

参考:エプスタイン島(wikipedia)

リトル・セント・ジェームズ島、通称エプスタイン島は、アメリカ領ヴァージン諸島のセント・トーマス島沖に位置するプライベート・アイランド。有罪判決を受けた性犯罪者で投資家のジェフリー・エプスタインが所有しており、70から78エーカーの広さを持つ。

「罪の島」とも呼称される。また、「小○性愛の島」「乱○島」としても知られている。『インデペンデント』によると、エプスタインが所有するこの島は10代の少女たちが乱○パーティーに参加させられた場所として悪名を馳せた。

エプスタインから被害を受けたとされる人物の弁護士によると、リトル・セント・ジェームズ島はエプスタインとその友人によって、未成年者に対する最も悪い犯罪の多くが行われた場所だという

タイトルとURLをコピーしました