社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【メキシコ大統領激怒】バイデンの国境対策を激しく非難/バイデンは国境で不法移民問題を引き起こした

スポンサーリンク

メキシコ大統領、国境危機の原因をバイデン氏に求め、「期待を持たせた」と発言

メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領は、火曜日の記者会見で、ジョー・バイデン大統領の南の国境での移民政策を非難した。

“ロペス・オブラドールは、「バイデン大統領の政権下では、移民の扱いが良くなるという期待が生まれた」と述べました。”これにより、中米の移民や我が国の移民が、より簡単に国境を越えることができると考え、国境を越えようとしている」と述べました。

“ロイター通信によると、ロペス・オブラドールは、「人々は楽しみのためにアメリカに行くのではなく、必要に迫られて行くのだ」と述べました。

スポンサーリンク

バイデンに人道的行動をとるよう特使を派遣

ロイター通信によると、バイデンは国境での急増に対処するために特使を派遣し、メキシコのマルセロ・エブラルド外相は、中米から米国への移民の根本原因に対処するために、経済発展を促進する「人道的行動」が必要だと述べた。

一方、バイデン政権は、不法移民を抑制するためのトランプ時代の政策を撤回したにもかかわらず、国境の危機をトランプ政権のせいにしています。

スポンサーリンク

マヨルカス国土安全保障長官は的外れなトランプ批判

The Hillによると、国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカースは日曜日、CNNの「State of the Union」に出演した際に、トランプ政権を非難した。

“共和党政権でも民主党政権でもシステムがありましたが、それがトランプ政権で取り壊され、そのために課題がこれまで以上に深刻になっています。”

“私たちは、これらの子どもたちが実際に危険な旅をする必要性を避けるために、トランプ政権が壊した秩序あるシステムを再構築しています。”

スポンサーリンク

バイデンは、国境の壁の建設を中止し、強制送還を100日間モラトリアムし、トランプの「メキシコ残留」政策を終了させた。

バイデンはその後、亡命を求める移民に亡命申請が処理される間、メキシコに留まることを強制する「Remain in Mexico」政策を政権が再構築することを示唆しています。

バイデンが就任して以来、一人旅の子どもを含む移民が国境に大量に押し寄せ、施設を圧倒しています。(dailycaller)

Mexican President Blames Biden For Border Crisis, Says He Created ‘Expectations’
Mexican President Andres Manuel Lopez Obrador blamed President Biden's immigration policies for the crisis at the southern border during a press confer...続きを読む
スポンサーリンク

有権者の2/3はバイデンの国境政策にNO

3月23日

ホワイトハウスは、米国とメキシコの国境での移民の急増が「危機」と呼ばれるべきであることを否定するために数週間を費やしましたが、有権者の3分の2はそれが危機であると言います。

ラスムセンレポートの新しい全国電話およびオンライン調査によると、米国の有権者の67%が、米国とメキシコの国境での移民の現在の状況は危機であると述べています。23%(23%)は危機ではないと述べ、10%は確信が持てません。

米国の有権者1,000人の調査は、2021年3月18日と21日にラスムセンレポートによって実施された。サンプリングエラーのマージンは+/- 3パーセントポイントで、95%の信頼水準があります。(rasmussenreports)

参考記事
タイトルとURLをコピーしました