社会の話題と反応を発信していくネットメディア

岸防衛大臣、台湾防衛の重要度を指摘:「台湾と与那国島の距離は約100km程」/米太平洋司令官の「台湾に対する中国の軍事的脅威への警戒記事」に対して

中国
スポンサーリンク

岸防衛相のツイート

スポンサーリンク

中国の台湾侵攻「大多数が考えるより間近だ」 次期米太平洋軍司令官

2021.3.24

バイデン米大統領から次期インド太平洋軍司令官に指名されたジョン・アキリーノ太平洋艦隊司令官(海軍大将)は23日、上院軍事委員会の指名承認公聴会で証言した。アキリーノ氏は、中国による台湾侵攻が「大多数の人たちが考えるよりも非常に間近に迫っている」と警告し、対応策をとるべきだと訴えた。

アキリーノ氏は「台湾に対する(中国からの)軍事的脅威は増している」と指摘。「中国共産党が米軍を地域から排除することを目的とした能力を向上させている」とも強調した。

スポンサーリンク

日米同盟はインド太平洋の安全に向けた磁石だ

 その上で、中国軍の軍事的進出を押さえ込む「太平洋抑止構想」の実現に向けてインド太平洋軍が議会に要求した、2022会計年度(21年10月~22年9月)から6年間で270億ドル(約2兆9000億円)に及ぶ予算を承認するよう要請した。

アキリーノ氏は日米同盟について「インド太平洋の安全と安定に向けた礎石であり、両国の軍事的関係はかつてなく強力だ」と強調した。

同時に、日本は中国からの攻撃に対抗できるよう、米軍との相互運用が可能な形で防空やミサイル防衛、制空、海上警備と情報収集・警戒監視・偵察(ISR)の能力を強化させていくべきだと指摘した。

スポンサーリンク

日本の自衛力強化にも言及

 また、日本が中国の弾道ミサイルや巡航ミサイルによる攻撃に自国で対応できる能力を確保することは、「日米および同盟諸国にとって死活的に重要だ」とも強調した。

中国が開発を進める極超音速兵器に対する防衛能力の強化で協力していく考えも明らかにした。

歴史問題などをめぐって冷却化した日韓関係については、「他国が米国と日韓を離反させるのに利用される恐れがある」と述べて懸念を表明した。

アキリーノ氏は1984年に海軍士官学校を卒業した後、空母艦載機の搭乗員、第5艦隊司令官などを経て2018年から現職。

中国の台湾侵攻「大多数が考えるより間近だ」 次期米太平洋軍司令官
【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米大統領から次期インド太平洋軍司令官に指名されたジョン・アキリーノ太平洋艦隊司令官(海軍大将)は23日、上院軍事委員会の指名承認…
スポンサーリンク

ネットの声

従前より日本では、機密情報に対するセキュリティが甘すぎる!スパイ防止法を制定・施行することが急務

最初に占拠するのは、尖閣諸島でしょう。無人島ですからね。尖閣を拠点にすれば、日本、台湾に睨みをきかせて、いつでも攻撃出来る。

岸大臣の両肩に掛かっています。何としても、日本防衛をお願いします。

防衛予算を大幅に増額すべし!国民の生命と主権・領土を守るという、日本の根幹に直結する課題!

国家間の平和な状態は、力の均衡によってのみ維持されうる

尖閣に自衛隊の基地とか演習場って作れないんでしょうか?

岸先生 最近の政府 ( 自民党 ) は おかしいです

冬季五輪がボイコットになるか、終ればいつでも侵攻可能。

国会議員達はわかってんだろうか?

台湾有事は、日本有事。侵攻させない様 速く包囲網と意志表示(自衛権の発動)をしないと。

日本国旗岸大臣日本国旗国防よろしくお願い致します

大和民族の心根が問われる!

第一列島線喫緊の課題

岸 信夫(wikipedia)

1959年(昭和34年)4月1日生まれ。日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(3期)。防衛大臣(第21代)、自由民主党山口県支部連合会会長。公益社団法人日本犬保存会理事。
参議院議員(2期)、衆議院外務委員長、外務副大臣、防衛大臣政務官、自民党外交部会長、衆議院安全保障委員長などを歴任した。初入閣は防衛大臣となったが、「国防族というよりは外交族」と言われ、主として外交関係のポストで地歩を築いてきた。
旧姓安倍、実父は外務大臣・内閣官房長官を歴任した安倍晋太郎、実母は安倍洋子。実兄に安倍晋三、祖父に岸信介、大叔父に佐藤栄作を持ち、いずれも内閣総理大臣を務めている。

岸信夫 - Wikipedia
参考記事
タイトルとURLをコピーしました