社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【国士】和歌山のベテラン漁師「政府に漁業従事者認められず拿捕の可能性のある中尖閣へ出漁:日本の領土を証明/中国船、約100メートルまで接近(八重山日報)

政治
スポンサーリンク

政治団体の国守衆と、放送局チャンネル桜の関係者ら6人が28日、石垣島に来島し、うち1人が地元漁船「泰生丸」に乗り、尖閣諸島周辺へ出漁した

海保と水産庁職員らは、6人を漁業従事者と認めなかった。和歌山県在住で漁師として約35年のキャリアを有する仲さんは「海保及び水産庁から非常に理不尽な回答があったが、大漁を目指したい」と決意。仲さんは、海保および水産庁から漁業従事者と認められないまま出航したため、20海里(約37キロ)を超えて運航すると、船舶安全法に抵触し、拿捕(だほ)される可能性がある。

スポンサーリンク

海保も水産庁も漁業従事者と認めず

 見解に食い違いがあったのは、チャンネル桜関係者らが「漁業従事者」か否か、という点。水島代表者らは、海保職員に船長との雇用契約を提示。しかし、海保は「現場レベルでは彼らが漁業従事者であるかどうか判断できない」と、水産庁に確認をとる。水産庁職員は「彼らが漁業従事者とは判断できない」と発言。

その後、2時間ほどの膠着状態が続いた。水島代表が、紀州日高漁業組合の組合員で、漁師の仲さんの組合証を海保職員に見せる。海保はまたも「彼が漁業従事者かどうかの判断ができない」とし、水産庁も「彼が漁業従事者であるかは確認できない」と同調。国交省海事局も「漁業従事者と判断することは難しい」とした。

スポンサーリンク

尖閣に行かせたくないとしか思えない

 水島代表はこの一連の対応に対して「35年のキャリアがある漁業従事者が出漁できないことが現実にあるのか。尖閣に行かせたくないとしか思えない」
海保によると、船舶安全法は、漁船と確認できない船が、20海里を超えて運航すると、その時点でその船は引き返すことを強制され、船の船長が法的責任に問われる可能性があるという。
 水島代表は「私は船『第一桜丸』の所有者でもある。これまで10数回尖閣で出漁した経験もある。加えて、ベテランの漁師の仲さんも漁業従事者でないと判断されたことは大変なことだ。政治的な意図を感じる。許しがたい」と話した。(八重山日報)

和歌山のベテラン漁師、尖閣へ出漁 「漁業従事者認められず」 20海里超えると拿捕の可能性(八重山日報) - Yahoo!ニュース
 政治団体の国守衆と、放送局チャンネル桜(水島総代表者)の関係者ら6人が28日、石垣島に来島し、うち1人(仲康彰さん)が地元漁船「泰生丸」に乗り、尖閣諸島周辺へ出漁した。海保と水産庁職員らは、6人を
スポンサーリンク

無事帰港「ビルみたいにでかかった」 中国船、約100メートルまで接近

3/30(火)

28日夜、石垣市登野城漁港を出発し、尖閣諸島周辺へ出漁した八重山漁協所属の第一桜丸(砂川徳次郎船長)と恵美丸(砂川晃輝船長)に乗船した漁師6人が、29日夜、登野城漁港に帰港した。

 「第一桜丸」に乗船した砂川幸徳さん(56)によると、地元船2隻は魚釣島周辺で操業したが、到着の約1時間前の午前4時に、中国海警局の船舶2隻(海警1303、海警2301)が地元船を待ち構えていたかのように現れたという。

その後、漁業地点まで1時間半ほど並走を続け、約100メートル以内まで近づいた。帰船する際には、魚釣島の沖から中国船1隻が地元船を追いかけてきた。
 「もう慣れたもんだよ。(中国船は)ビルみたいにでかかった」(砂川さん)。

スポンサーリンク

海保と中国船の両方が警笛/中国船は砲らしきものを搭載

 魚釣島で漁を行った漁師らによると、中国船が接近してきた際、並走した海上保安庁の巡視船と、中国船の双方とも警笛を鳴らしたという。出漁した漁業従事者の一人は「(中国船は)砲らしきものを搭載していた」と証言する。
砂川さんは、これまで30回ほど尖閣諸島周辺での漁経験がある。漁を始めた約8年前はには素潜りにもチャレンジ。「尖閣周辺は豊かな漁業環境。マチ類が良く獲れる」(砂川さん)。
中国は2月に中国海警局の船舶による武器使用を認める「海警法」を制定。2月にも尖閣諸島周辺に出漁した砂川さんは「あの時はさすがに怖かった」と振り返る。

第一桜丸と恵美丸は、29日午前12時には漁を切り上げ、約40キロのイソマグロを含め、約100キロの魚を釣り上げた。明日の午前中に水揚げ予定。
 砂川さんは「(尖閣諸島周辺は)よく釣れるよ、だってそりゃあ人がいねえんだもん。いい天気に恵まれて楽しかったよ」と笑った。(八重山日報)

「ビルみたいにでかかった」 中国船、約100メートルまで接近(八重山日報) - Yahoo!ニュース
 28日夜、石垣市登野城漁港を出発し、尖閣諸島周辺へ出漁した八重山漁協所属の第一桜丸(砂川徳次郎船長)と恵美丸(砂川晃輝船長)に乗船した漁師6人が、29日夜、登野城漁港に帰港した。  「第一桜丸」に
スポンサーリンク

本間奈々氏のツイート

スポンサーリンク

3月18日、岸防衛相「尖閣諸島は日本固有の領土」それ以外の答えはないとツイート

スポンサーリンク

ネットの声

このような愛国の勇士を蔑ろにしていいのか、、、

中共に忖度している弱腰の姿勢こそが、今までの混乱を招いたことになぜ気がつかない!!

民兵が乗り込んだ中国漁船はやり放題で日本の漁船には不当な制限…弱腰過ぎる。

上陸されても警告しかしない竹島同様乗っ取られるんじゃないか?前例があるから尖閣も強引に寄り切れば取れると思われてるんだろう。

海保では尖閣も国民も守れないし、水産庁は責任逃れをしたいと言うことでは・・・

拿捕するなら中国船を拿捕しろよ!なんで日本の領海内なのに自国民に警告を出すのかわからない。

日本の権利を守るために立ち上がったヒーローを逮捕する?日本のお役所は何を考えているのやら!中国は国を挙げて尖閣に押し寄せようとしているのに!

何度も言うけど、尖閣諸島に早く観測所の設置や自衛隊の駐屯を考えるべき。

海保も尖閣でにらみ合いで大変だとは思うが、二階などの老害に忖度するのではなく、日本の正義を守ってほしい。

本当に事無かれ主義や、弱腰、自国民にだけ、法律を適用するのだけはやめて頂きたい。法は万人に平等であり、自国内であれば外国人だろうが何であろうが適用されなければ法では無い。

国として譲れない一戦は護って頂きたい。

日本の行政は日本の国防を考えているのか?それともチャイナの利益を考えているのか明言してみろ!

尖閣諸島諸島は日本の領土、そこで日本漁船が漁をするのに、何の問題もないはず

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました