社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代トランプ大統領、コロナ対応の2人の博士に激怒、声明発表/バークス博士を「嘘つき」ファウチ博士を「バタバタする王様だ」と非難する痛烈な声明を発表

政治
スポンサーリンク

トランプ氏、Birx博士を「証明された嘘つき」と呼び、Fauci博士を「フリップフロップの王様」と非難する痛烈な声明を発表

「彼らは悪い習慣のようなものだ!」

ドナルド・トランプ前大統領は、かつてのコロナウイルス対策本部のトップリーダー2人の最近のインタビューに対して、1人を “証明された嘘つき”、もう1人を “フリップフロップの王様(ビーチサンダルのようにバタバタする) “と非難する、力強く激しい声明を発表しました。

トランプ氏は月曜日に長文の声明を発表し、バークス氏とファウチ氏の発言に異議を唱えました。

“彼らのインタビューに基づいて、私はファウチ博士とバークス博士について話す時が来たと感じました。彼らは2人の自己宣伝家で、自分たちの悪い直感と誤った勧告を隠すために歴史を変えようとしていますが、幸いなことに私はほとんどいつもそれを覆すことができた。

彼らの誤った政策決定により、我が国は中国やその他の国に開放され、経済活動の再開もままならず、承認されたワクチンの完成までに何年もかかることになり、何百万人もの命が危険にさらされることになりました」とトランプ氏は述べています。

スポンサーリンク

ファウチとバークスの動きは遅すぎた

“私たちは、アメリカの大統領が9ヶ月という記録的な速さでアメリカのワクチンを開発し、全世界の人々を救っています。私たちは、おそらく世界の歴史の中で最も重要な賭けである、ワクチンが効くという計算された賭けで、何十億ドルものワクチンを購入しました。ファウチ博士とバークス博士の動きはあまりにも遅すぎました。もし彼らに任せていたら、私たちは地下室に閉じこもり、国は金融恐慌に苦しんでいたでしょう。家族、特に子供たちは、この災害による精神的な負担にかつてないほど苦しんでいることでしょう」と続けた。

バイデン氏の就任後もコロナウイルス対策委員会に残ったファウチ氏は、最近のインタビューで、ワクチン開発に全力を尽くすことを選んだのは「最良の決断」だったと語っている。この発言に対して、元大統領は「昨夜のテレビ番組での偽りのインタビューで、私は、このような発言をしました。

スポンサーリンク

FDAに承認させたのは自分だ

“昨晩のCNNの捏造インタビューで、大学時代はスポーツマンだったが、野球のボールをホームプレートの近くに投げることができず、「ローラー」だったと語ったファウチ博士は、実際には承認されるまでに3年から5年、おそらくそれ以上かかると言っていたのに、ワクチンの功績を称えようとした。ファウチ博士は、FDAに早く承認されるよう圧力をかけることができませんでした。私がそれを実現したのです。フェイクニュースメディアでさえ、このことを知っていて報道しています」と元大統領は続けました。

スポンサーリンク

ファウチは当初マスクが不要と言っていたのに、今はマスクが必要だと言い出し、2枚も3枚もしている

“ファウチ博士は、『フリップフロップ』の王様でもあり、自分を少しでも良く見せるためにゴールポストを動かしています。彼は、中国のような国にわが国を開放しておきたいという理由で、私と激しく争った。その結果、多くの命が救われたのです。

また、ファウチ博士はマスクをする必要はないと言っていましたが、数ヵ月後にはマスクをする必要があると言い出し、今では2枚も3枚もマスクをしています。ファウチ博士は中国の武漢研究所にアメリカのお金を使いましたが、その結果がどうなったかは、もうおわかりですよね」と主張したのです。

スポンサーリンク

バークスは嘘つきで誰にも信頼されていない

トランプ氏は、最近のインタビューで、コロナウイルスによる10万人以外の死亡者数は、大幅に減らすことができたと語ったバークス氏に怒りをぶつけた。

“バークス博士は嘘つきで、信頼性はほとんど残っていない。彼女の提言の多くは『疑似科学』と見なされ、ファウチ博士は常に彼女のことを否定的に語り、実際、彼女と同じ部屋にはいたくないと言っていた。カリフォルニア州のように彼女の指示に従った州では、コヴィドの結果が悪くなり、学校に行けなくなって数え切れないほどの子どもたちの人生を台無しにし、多くの企業を破滅させ、ロックダウンそのものによって命を落としたアメリカ人も数え切れないほどいました」とトランプ氏は続けた。

スポンサーリンク

バークスは自己主張が激しく自分の指示に従わせる

“バークス博士はひどい医療顧問で、だからこそ私は彼女の助言にはほとんど従わなかった。彼女のモットーは、『私がするようにではなく、私が言うようにしなさい』であるべきだ。バークス博士は、国民に旅行をしてはいけないと大々的に指示し、感謝祭に家族に会うために遠出をして、家族に警察を呼ばれて警察に突き出されたことを誰が忘れられるでしょうか。その結果、彼女は恥ずかしながら辞任してしまった」。

“最後に、バークス博士は彼女がよく聞こえないと言っていますが、私には聞こえます」と彼は締めくくった。”COVIDによるうつ病に直結するような、バークス博士の方針以外の「非常に難しい」電話はなかった。彼女は、正しい答えを持っていない、とてもネガティブな声でした。時間が私の正しさを証明してくれた。私がファウチ博士とバークス博士を引き留めたのは、彼らが長い間、米国政府のために働いていたからだ。彼らは悪い習慣のようなものだ!”

Trump issues scathing statement calling Dr. Birx 'a proven liar' and blasting Dr. Fauci as the 'king of flip flops'
'They are like a bad habit!'
スポンサーリンク

声明全文

アンソニー・スティーヴン・ファウチ

1940年12月24日生まれ。アメリカ合衆国の医師、免疫学者。1984年からアメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の研究でロベルト・コッホ賞金メダル(2013年)受賞。アメリカ合衆国の政権6代に渡って大統領に感染症関係の助言をし、大統領エイズ救済緊急計画(英語版)の策定において中心的役割を果たした。

2020年1月からは、米国における新型コロナウイルス・パンデミックに対処するホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーの一人として活躍している。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)の医師として、50年以上にわたり様々な立場から公衆衛生に貢献してきた。科学者として、またNIHのNIAIDの責任者として、HIV/AIDS研究やその他免疫不全の研究に貢献してきた。ニューヨーク・タイムズ紙はファウチを「感染症に関する米国の第一人者」と呼んだ

アンソニー・ファウチ - Wikipedia
デボラリア・バークス

1956年4月4日生まれ。アメリカで医師や外交官を務めていました。ドナルド・トランプ大統領の下でホワイトハウスのコロナウイルス応答コーディネーター

彼女はさらに、2015年から2021年までグローバルヘルス外交の米国特別代表を務めました。彼女は2020年2月から2021年1月までホワイトハウスコロナウイルスタスクフォースに参加しました。彼女は、HIV / AIDSを専門としています。 免疫学、ワクチンの研究と国際保健、とを担当したエイズ救済緊急計画大統領HIV / AIDSの治療と予防プログラムを支援する65カ国中(PEPFAR)プログラム。

Deborah Birx - Wikipedia
参考記事
タイトルとURLをコピーしました