社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【ララ・トランプの第45代トランプ大統領インタビュー】その3/「Twitterはつまらなくなった」、ララ「あなたがいないから、みんな寂しいのです」

政治
スポンサーリンク

ララ:メディアはハンターを報道しなかった。逆に保守派検閲されている

ララ・トランプ

大手ハイテク企業のソーシャルメディアが検閲を行っていたことも知っています。Twitter社のジャック・ドーシー氏はつい最近、選挙期間中にハンター・バイデンのノートパソコンの記事を検閲したのは間違いだったと発言しましたが、これはバイデン家に不利になるような大きな問題であることは誰もが知っていました。

私たち保守派は検閲されていますので、あなたの見解を聞かせてください。保守派として疑問の余地はありませんが、私たちはソーシャルメディアで検閲を受けています。

まだ発表の準備ができているかどうかはわかりませんが、保守派の言論の自由を認めるために、ソーシャル・ソーシャルメディア・プラットフォームの可能性があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

検閲は本当にあった。ハンターが最悪の始まりだった。(支持率に)10ポイントの差がついた

ドナルド・トランプ

ハンター・バイデンがハンターとの間に起こったことをすべて見せなかったのは、本当に検閲があったからだと思いますし、そんなことはしたくないでしょう。トラブルに巻き込みたくないですからね。彼にはいくつかの困難がありましたが、選挙期間中にそのようなことを一切見せず、キャンセルのようにカットしてしまいました。

それを見せてくれなかった時が、本当に最悪の始まりだったんだ。昔からフェイクはありましたが、かつては彼らが現れて、私が現れて、あなたが戦うか、誰か他の人が戦うか、というフェイクでした。

私を信じるかもしれないし、反対側を信じるかもしれないし、キャスターを信じるかもしれない、誰であれ。でも、ハンターの話は出てこなかった。本当に中止になってしまったんだ。後になって世論調査が出てきたが、その結果、10ポイントの差がついただろうと言われている。

スポンサーリンク

Twitterはつまらなくなった。

今、私たちはそれを発信しています。私はプレスリリースを使って情報を発信しています。プレスリリースを出すと、みんながそれを拾ってくれるんです。よりエレガントな方法だと思います。私にとっては、その方がエレガントなのです。

それほど長くする必要はありません。通常はそれほど長くする必要はありませんが、長くすることはできます。そして、私たちはその言葉を理解していると思います。それに加えて、私は、みんなが私に側にいてほしいと思っていることを考えています。

Twitterはとてもつまらなくなってしまいました。

ララ・トランプ

あなたがいないからです。あなたがいなくて寂しいのです。

ドナルド・トランプ

多くの人がツイッターを去っていますが、それはつまらなくなったし、本当に視点が悪くなっています。そして、人々はツイッターを去っています。多くの人がTwitterを去っています。

だからこそ、何かを生み出す余地があると思うのです。私は、1つまたは2つの声明を出すことにしていますが、それを1日で行い、何かを口述して書き出し、それを発表することにしています。そして、それをプレスリリースという形で発表します。そうすると、みんなに取り上げてもらえるんです。

スポンサーリンク

国境の壁は大事だった

ララ・トランプ

だから、ソーシャルメディアは必要ないのかもしれませんね。あなたはそうします。

ドナルド・トランプ

私はそうは思わない。私は間違っているかもしれないが、私たちはそうは思っていない。でも、ソーシャルメディアがあまりにも堕落してしまって、人々はもうそれを信じられなくなっていると思います、本当に。つまり、多くのメディアが非常に腐敗しているのです。まるでメディアそのものが腐敗しているかのようですね。

スポンサーリンク

これから夏までに大変なことが起こるだろう

その通りです。私たちにはもう報道の自由はありません。私たちには報道の自由がありましたよね。言い方が悪いですが。もう報道の自由はありません。腐った報道機関があり、彼らがしたいのは、その視点と理由を売ることだけです。

警察の資金援助、国境の開放、国境を見てください。何が起こっているのか見てみましょう。今までで最高の国境があったのに。壁は最高のものです。

500マイルに及ぶ壁を建設しましたが、これは大成功でした。あとは、それを完成させるだけです。しかし、壁は何かをするよりも優れています。それは本当に効果的です。今起こっていることは、夏に起こることの比ではありません。夏には、これまで誰も見たことがないようなものを見ることになるだろう。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました