社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【衝撃】覚悟を決めた?ハンター・バイデンが出した自虐暴露本は、法的問題の可能性がある話しまで記載/ウクライナブリスマ社からの報酬は疑わしいもの、アル中、コカイ○、兄嫁との不倫

政治
スポンサーリンク

ハンター・バイデン回顧録「美しいもの」

ハンター・バイデンの回想録「美しいもの」は、彼のひび割れへの依存、義理の姉とのロマンチックな関係、兄のボー・バイデンの死など、彼自身の人生の多くのトピックを探求しています。 (ガーディアン)

ニュースNPR「ハンター・バイデンの回想録「美しいもの」では、薬物乱用、ブリスマ、ボーとの関係、回復への道について詳しく説明しています。それは悲惨な旅です。

この回顧録は、同情というよりも、おそらく立ち上がるためのものだとロン・エルヴィングは書いている」

ハンター・バイデンの回想録「美しいもの」は、彼がどこにいたかを伝えようとしている。

2012年4月1日

「ビューティフル・シングス ハンター・バイデン著」

スポンサーリンク

アル中の薬物常習者

それは、ときに悲惨な旅でもある。

以前から報道されているように、若いバイデンはアルコールと薬の常習者である。アルコールと薬物の問題」という婉曲的な表現は、ここでは当てはまらないことは、回想録の冒頭で彼自身が明らかにしている。

“酒屋からアパートまでの1ブロックの道のりを、ボトルの栓を開けて一気飲みしないと歩けないほど、酒が欲しくてたまらなかったことがある」とバイデンは書いている。また、台所で粉末コカインをクラックに変換する方法も紹介している。

18歳のときにワシントンのダウンタウンにある広場で初めてクラックコカイソを購入した後、教育期間の大半を酒に費やした(「いつも人の5倍は飲めた」)バイデンは、まだ30代前半のときにリハビリ施設の見学を始めました。リハビリ施設では、短期間の断酒とその後の再発を繰り返し、そのたびに依存性が深まっていったようです。

彼は、父親が副大統領や大統領候補であった頃、ワシントンのアパートで何ヶ月も酒を飲み、ハリウッドのホテルのバンガローで何ヶ月もコカイソを吸っていたことを認めている

スポンサーリンク

これから法的・政治的に問題となる可能性の話しまで言及

また、彼の人生の中で、法的・政治的に問題となる可能性のある他の要素についても言及しています。

彼は、会ったことを覚えていない女性との間に子供をもうけたというDNAの証拠を認めています。兄の死後、未亡人がリハビリセンターから彼を連れ出した後に起きた、兄ボーの未亡人との不倫関係についても認めています。

スポンサーリンク

ブリスマから毎月5桁の収入を得ていたが、その報酬は「疑わしいもの」

また、最も稼いだ仕事のひとつであるウクライナの天然ガス会社「ブリズマ」との関係についても、1章を割いて紹介しています。若いバイデンは、その会社の取締役として、毎月5桁の報酬を得ていた。

しかし、ガスやウクライナの政治経済に関する専門知識を持たない彼にとって、その報酬は常に疑わしいものだった。

ハンター・バイデンによれば、彼は米国の信頼できる法律事務所と協力してブリズマを審査し、汚職防止法や米国および欧州連合(EU)からの透明性の要求を遵守できるように努めたという。ブリスマがハンターの家族とのつながりに関心を持っていることについては、こう書いている。

“私の苗字が切望された資格であることは間違いありません。それはいつものことです。もし、トランプ家の子供たちが父親のビジネス以外の仕事に就こうとしたとき、彼の名前が計算に入らないと思いますか?私の答えはいつも、自分の業績が独り立ちできるように、より一層努力することでした」

スポンサーリンク

離婚、中毒者、売人、詐欺師が集まる夜の裏社会へ出没

しかし、薬物使用については、ハンター・バイデン氏の回顧録以上に不利な証言はないだろう。父親や家族が何度も介入しても、彼は止められない。妻とは疎遠になり、妻は彼と離婚して娘たちの親権を持つ。再発するたびに彼は段々と落ちていき、ロサンゼルスの中毒者、売人、前科者、詐欺師が集まる夜の裏社会に出没するようになる。

そして最後のページでは、2019年の春になり、ハンターは南アフリカの映画監督で活動家のメリッサと出会い、ハンター自身が経験したことのない方法で、彼の人生を速やかにコントロールするようになる。この回想録は確かに告白ではあるが、従来の許しとは別の何か、つまり同情とは別の何かを求めているようだ。

Hunter Biden's Memoir 'Beautiful Things' Seeks To Tell Just Where He's Been
The account by the president's younger son is at times a harrowing journey; in the end, if not for forgiveness or sympathy, it may be about making a stand and t...続きを読む
スポンサーリンク

マージョリー・テイラー・グリーン議員は、バイデン家族はウクライナマネーに汚染されているとバイデンの弾劾を下院に提出した

弾劾声明の一部

•2016年、ウクライナの最高の汚職防止検察官であるViktor Shokinは、ブリスマとその所有者であるミコラ・ズロチェフスキーに対する継続的な調査。当時、ハンター・バイデンはブリスマの取締役会のメンバーであり続けました。ニュース報道によると、当時のバイデン副大統領は、「ウクライナの指導者たちが解雇しなかった場合、米国のローン保証で10億ドルを差し控えると脅した」(ショーキン)。その後、ウクライナ議会はショーキンを解雇した。

•父親の副大統領時代、ハンター・バイデンは多くのビジネス関係を築いた。
外国人と一緒に、父親へのアクセスと引き換えに、外国の情報源から数百万ドルを受け取った。ハンターが行った金融取引は、ハンター・バイデンと彼の家族に関連する深刻な防諜と恐喝の懸念を示している。

参考記事
タイトルとURLをコピーしました