社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポンペオ前国務長官「3年前の今日、力による平和を実現した。戦争で威嚇するのではなくそれを阻止するためだ」

スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官のツイート

3年前の今日、トランプ大統領は私を北朝鮮に派遣し、両国間の会談を交渉しました。私たちの新しいアプローチは、強さによる平和でした。戦争を威嚇するのではなく、抑止するためだ。

この会談とその後の首脳会談の結果は?長距離ミサイルの実験はゼロ、核実験もゼロ、そしてアメリカ人の人質も戻ってきた。米国第一主義の直接的な結果である

スポンサーリンク

バイデン政権になった途端、北朝鮮は巡航ミサイル発射した。バイデン大統領 それを“挑発”と捉えなかった

2021年3月24日 13時33分

朝鮮が今月21日に巡航ミサイルとみられる2発を発射したことが韓国軍の関係者の話で明らかになりました。

これについてアメリカのバイデン大統領は新たな挑発とは捉えていないという認識を示し、政権の高官も通常の軍事活動の範囲内だとして北朝鮮に外交を通じて関与していく姿勢を示しました。

韓国軍の関係者は北朝鮮が今月21日の朝に西部のピョンアン(平安)南道オンチョン(温泉)付近から巡航ミサイルと推定される2発を発射したと明らかにしました。

またアメリカの複数のメディアもアメリカ政府当局者の話として北朝鮮が複数の短距離ミサイルを発射したと報じました。

スポンサーリンク

2月26日、バイデンはトランプ大統領時の平時記録を破り、シリアに対する空爆を開始した

2月26日

米国は木曜日に、イランが支援する民兵であると述べたものに属する建造物に対してシリアで空爆を実施した、と2人の当局者がロイターに語った。

当局者は匿名を条件に話し、ジョー・バイデン大統領によって承認されたと述べた。

米国は東部で軍事空爆を実施しました 米国当局によると、米国は、イラク北部のエルビルでの最近のロケット攻撃に対する報復として、イラクと の国境に沿って シリアイランが支援する民兵を標的にした。

ニューズウィークが2020年11月に述べたように、ドナルド・トランプはジミー・カーター以来の最初の大統領であり、米軍を軍事紛争に巻き込まなかった。

バイデン大統領は、トランプ大統領の大統領職から始まった平和記録を破り、今や米国を別の外国戦争に巻き込むと脅迫している。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました