社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ダン・スカビーノ氏「コカ・コーラ」1缶飲むと1時間以内に体にどんな影響を及ぼすかツイート/コカ・コーラは不正選挙防止法案に反対し、トランプ氏のボイコット対象

スポンサーリンク

ダンス・カビーノ氏のツイート「コカコーラ1缶が体に与える影響」

コカ・コーラ1缶が実際に体に与える影響。20分の血糖値上昇から「クラッシュ」まで、わずか1時間で炭酸飲料がもたらす影響をインフォグラフィックで明らかにしました。

スポンサーリンク

10分でスプーン10杯の砂糖

最初の10分で ティースプーン10杯分の砂糖が体内に入ってきます。圧倒的な甘さでもすぐには吐かないのは、リン酸がフレーバーをカットしてくれるからで、それによって飲み続けることができる。

20分後 血糖値が急上昇し、インシュリンが分泌されます。肝臓はこれに反応して、手に入れた糖分を脂肪に変えてしまいます。肝臓はこれに反応して、手に入る糖分を脂肪に変えます(この時点では脂肪がたくさんあります)。

スポンサーリンク

ヘロイソ作用と同じ作用

40分。カフェインの吸収が完了します。瞳孔が開き、血圧が上昇し、それに反応して肝臓はより多くの糖分を血流に放出します。脳内のアデノシン受容体が遮断され、眠気が起こらなくなる。

45分後 体内のドーパミン生成量が増加し、脳の快楽中枢を刺激します。これはヘロイソの作用と物理的に同じです。

60分以上でリン酸が下腸でカルシウム、マグネシウム、亜鉛と結合し、代謝がさらに促進されます。

また、砂糖や人工甘味料を大量に摂取すると、カルシウムの尿中排泄量が増加しますので、注意が必要です。(dailymail)

What a can of Coca-Cola REALLY does to your body in just an hour
The graphic was compiled by The Renegade Pharmacist, a blog run by a former UK pharmacist Niraj Naik and includes a seven-stop breakdown.
スポンサーリンク

4月3日、ドナルド・トランプ氏はCocaColaCoなどに対し、行動を起こすよう呼びかけていた

スポンサーリンク

デルタ航空とコカ・コーラ社はジョージア州の投票を正当にしようとする新法に反対するよう圧力をかけていた

4月3日

デルタ航空とコカ・コーラ社は、「ジョージア州の投票を困難にする新法に公に反対するよう、活動家や黒人経営者から2週間にわたって圧力をうけていた」とニューヨーク・タイムズ紙は指摘しています。”この法律が可決されてから6日後の水曜日に、両社は「明確な」反対を表明しました。

Rasmussen Researchが3月17日に発表した1,000人の有権者を対象とした調査によると、75%の有権者が、米国の選挙で投票を許可される前に写真付き身分証明書を要求することを支持しています。これは、黒人有権者の69%を含み、その他の非白人有権者および白人有権者と統計的に同様です。(beckernews)抜粋

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました