社会の話題と反応を発信していくネットメディア

メジャー・リーグ・ベースボールのみごとなタブスタ!/MLBは選挙投票IDには反対なのに、チケットの受け取りにはIDが必要のダブスタだった

政治
スポンサーリンク

ダンスカビーノ氏のツイート

MLBはチケット受け取りに写真付きIDを要求するが、ジョージア州では有権者ID法でボイコット “

「ファンの皆さん、メジャーリーグベースボールで頑張ってください」

スポンサーリンク

MLBの見事なダブルスタンダード

ナンシーメイス共和党下院議員は “Hey @MLB, this you? “と書き、mlb.comのWill Callポリシーのスクリーンショットを添えた。

リーグは、チケット入手のための写真付き身分証明書のポリシーについての説明を求める複数の要求に応じなかった。

スポンサーリンク

MLBはジョージア州をボイコットし、幹部の香港支援を理由にNBAを脱退した中国企業と新たな契約を結んだ。

記事👇

今年のオールスターゲームのためにアトランタのトゥルイスト・パークを放棄する動きの推進派は、ジョージア州の共和党が支持する新しい選挙公正化法は有権者抑圧の一種であり、人種差別的であると主張している。バイデン大統領は、これを “21世紀のジム・クロウ “とさえ呼んでいます。

ジョージア州の新法は、民主党が上院選の両選挙区を決選投票で制し、バイデン大統領が選挙日にトランプ元大統領を抑えた後に登場した。

スポンサーリンク

ジョージア州の選挙改革法案は、まさに選挙の公正を目指す法案

ジョージア州の選挙改革法案は、期日前投票の日数を拡大し、開票作業の見学を認め、投票用紙の収穫を禁止し、有権者が言い訳なしに不在者投票を行うことを引き続き認めていますが、身分証明書の提示を求めるなどの措置を講じている。

また、州選挙管理委員会に郡に対する権限を与えます。また、投票の列に並んでいる人に食べ物や飲み物を配ることを禁止する機能もある。

この動きは全米の注目を集め、左派からは賞賛の声が、右派からは批判の声が上がった。

ドナルド・トランプ前大統領は、国民的娯楽である野球やその他の「覚醒した」企業のボイコットを呼びかけたが、一方でバラク・オバマ前大統領は、アトランタ・ブレーブスの最も有名な殿堂入りした選手を称える方法として、これを賞賛しました。(fox)

MLB requires photo ID to pick up tickets from Will Call, but boycotts Georgia for voter ID law
Major League Baseball responded to calls to boycott the state of Georgia over a controversial new voter-ID law by moving the All-Star game out of the Peach Stat...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました