社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポンペオ前国務長官、IOCが北京五輪で中国企業にユニフォームの契約をしたことを批判/「ジェノサイドの中国が作ったユニフォームをアメリカ人に着せるつもりか!」

中国
スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官のツイート

大量虐殺された中国が作ったオリンピックユニフォームをアメリカ人に着せることを想像してみて欲しい。これは「ジム・イーグル(*1)」よりも悪いことだ。コカコーラの価値観は何を要求するだろうか?」

「そして、アメリカのオリンピック選手が不平を言った場合、彼または彼女はCCP国家安全保障法の下で逮捕の対象となり、中国の刑務所に入れられる可能性がある。これは序章に過ぎない...」

スポンサーリンク

オリンピック委員会は、新疆ウイグル自治区と関係のある中国企業にユニフォームの契約をした

国際オリンピック委員会(IOC)は、2021年の東京夏季オリンピックと2022年の北京冬季オリンピックのユニフォーム契約を、新疆ウイグル自治区に関連工場を持ち、新疆ウイグル自治区産の綿花を使用していることを公然と宣伝している中国の繊維会社に与えた。

なぜそれが問題なのか。中国のサプライチェーンは不透明であるため、商品が強制労働によって製造されているかどうかを判断することは困難です。

同社はIOCに対し、オリンピックのユニフォームに使用されている綿花は新疆ウイグル自治区産ではないと説明している。

 IOCは2019年9月、衡源郷(HYX)グループがIOC委員とスタッフのために、式典で使用されるような正式なユニフォームを供給すると発表した。

スポンサーリンク

ユニフォーム供給会社の工場の1つは新疆にある

HYXグループは、中国オリンピック委員会と長年の関係があり、2008年の北京オリンピックではスポンサーを務めている。
淘宝(タオバオ)やJD.comなどの電子商取引プラットフォームに掲載されている多くの商品に新疆綿を使用していると宣伝している。
HYX Groupは、フランチャイズ工場のコンソーシアムを統括しています。同社のウェブサイトによると、これらの工場の1つは新疆に位置している。

国際的な綿花の持続可能性を追求する団体「Better Cotton Initiative」は、2020年10月、新疆では倫理的に関与する方法がないと判断し、新疆から撤退することを発表した。

スポンサーリンク

オリンピックは、ウイグル地区で生産している企業とは一切関係を持つべきではない

“オリンピックは、ウイグル地区で生産している企業とは一切関係を持つべきではない。労働者の権利を擁護する団体であるWorker Rights Consortiumの戦略的研究ディレクターであるPenelope Kyritsis氏は、HYX Groupの情報を確認した後、「ウイグル地域から調達するだけでなく、製品広告でそれを自慢する企業と提携することは、道徳的に非難されるべきだ」と述べています。

“世界がウイグル地域で起きている惨事に目を覚ましているときに、IOCは見て見ぬふりをしているように見える」とキリツィス氏は述べている。

スポンサーリンク

IOCは人権侵害に目をつぶっている

IOCは人権を守ることを約束していますが、「主権国家の法律や政治体制を変更する権限も能力もありません」と声明は述べています。
新疆をめぐる論争は、IOCにとって新しいものではありません。12月には、中国の少数民族を代表する連合が公開書簡で、IOCは「中国当局が行っている広範かつ組織的な人権侵害に目をつぶっている」と述べている。

AP通信によると、IOCはスポーツイベントを運営しており、国内の政策について責任を負うことはできないと主張している。

スポンサーリンク

ユニクロや無印良品も宣伝していた

中国企業はしばしば、自社製品に高品質で知られる新疆綿を使用していることを宣伝している。かつては、日本の衣料品小売業者である無印良品やユニクロなどの国際的な小売業者も同様に宣伝していた。

しかし、新疆綿は、中国国内だけでなく海外でも議論の的となっている。というのも、より広範な強制同化キャンペーンの中で、数十万人のウイグル人が新疆綿産業で強制的な条件下で働いている可能性があるという証拠が出てきたからだ。(axios)

Olympic committee gave uniform contract to company with Xinjiang ties
Forced labor taints the textiles industry in China.
*ジム・イーグル

バイデンが記者会見で、言った意味不明の言葉。民主党のID無しの投票制度を自慢して言った言葉らしい。「共和党の州議会で浸透している投票法案は「非アメリカ的」「病的」「悪質」であり、さらに悪いことに、”This makes Jim Crow look like Jim Eagle “(この法律は鷲のジムをカラスのジムに見せようとしている)」と述べた。

参考記事
タイトルとURLをコピーしました