社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【トランプJr激怒】「こんなデタラメはありえない」/バイデンがなんと不法移民食い止めるために、国民の税金で移民への現金送付とワクチン送付を検討

スポンサーリンク

トランプJrのツイート

「1. バイデン氏、トランプ氏の国境政策を覆す。

2. 2. 予測可能で予防可能な国境での危機が発生する。

3. そして今、ジョーは自分が引き起こした国境危機を解決するために、アメリカの納税者のお金を使って外国人に現金を支給するという解決策を考えている。

こんなデタラメはありえない!!!」

「ホワイトハウスは、移民を食い止めるために中央アメリカ人への現金支払いを検討」

スポンサーリンク

米国は移民を食い止めるために中央アメリカへの現金支払いを検討

スポンサーリンク

バイデン政権は移民を食い止めるために中米への現金支給を検討している

ワシントン発ロイター通信によると、米国は中米の特定の国からの移民が経済的に苦しくなって北上するのを助けるために、条件付き現金給付プログラムを検討しており、COVID-19ワクチンをこれらの国に送ることも検討しているという。

ホワイトハウスの南部国境調整官であるロベルタ・ジェイコブソン氏は、ロイターのインタビューに応じ、この現金給付プログラムの可能性は、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルの北部三角地帯の人々を対象とするだろうと述べ、具体的に誰が現金を受け取るかについては言及しなかった。

スポンサーリンク

移民は増加の一途

3月に米国とメキシコの国境で米国国境警備隊に捕まった人数は約16万8,000人で、2001年3月以来の高水準となっており、ここ数ヶ月の間に着実に増加しています。

“ジェイコブソン氏は、「我々は、人々が移住する経済的な理由と、保護や安全保障上の理由の両方に対処するため、あらゆる生産的な選択肢を検討している」と述べました。

ジェイコブソンは、どのような現金給付プログラムがどのように機能するのか、詳細な説明はしなかった。

“一つだけお約束できるのは、アメリカ政府は人々にお金や小切手を配るつもりはないということです」と述べた。

1月20日に就任したジョー・バイデン米国大統領は、移民の根本的な原因を解決するために、4年間で40億ドルの開発援助を中米に提供することを求めています。この数字は、今年の約5億ドルの援助から大幅に増加します。

スポンサーリンク

直接現金支給はしないが、非政府組織を通して個人に資金を流す

この問題に詳しい人物がロイターに語ったところによると、現金給付の選択肢のひとつとして、国際的な非政府組織や地元の非政府組織を通じて個人に資金を流し、その組織が審査を行うというものがあります。

メキシコ政府の高官によると、メキシコは最近メキシコシティで行われた米国の特使との会合で、同様の現金給付プログラムをオプションとして提案したとのことです。

メキシコ政府は、アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール大統領の国内福祉プログラムの主要な柱である若年失業者や小規模農家への現金支給をモデルに、中米で限定的にこのようなプロジェクトを試験的に実施してきました。

EXCLUSIVE U.S. considering cash payments to Central America to stem migration
The United States is considering a conditional cash transfer program to help address economic woes that lead migrants from certain Central American countries to...続きを読む

ペロシは、国境は改善されていると妄言👇

バイデンはトランプ政権の壁を再開👇

万策尽きたバイデン、とうとう移民よ来るなのCMまで流す👇

参考記事

 

タイトルとURLをコピーしました