社会の話題と反応を発信していくネットメディア

文在寅氏大完敗「韓国大統領府、予想越える大敗に衝撃」/退任後の「収監コース」現実味/『大統領退任後の末路一覧』

韓国
スポンサーリンク

<ソウル・釜山市長選>韓国大統領府、予想越える大敗に衝撃…174議席でもレームダック不可避

4/8(木) 6:37配信

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、ソウル・釜山(プサン)市長選挙で与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)・金栄春(キム・ヨンチュン)候補が敗北した結果に対して特別なメッセージを出さなかった。参謀も口を閉じた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民疎通首席室は「今日の立場発表はない」と述べた。

文大統領は8日に立場を明らかにするものとみられる。具体的な方式は未定だ。文大統領は与党が圧勝した昨年4・15総選挙の翌日、「大きな声にさえぎられた真の民心を見せた」という公開のコメントを出した。

スポンサーリンク

政権は完全にレームダック

青瓦台内部的では選挙敗北自体より予想よりも大きな得票率の差に衝撃を受けた様子だ。与党の核心関係者はこの日、中央日報の電話取材に対して「ソウルでこのような票差で負けたのは、2007年大統領選挙以上の完敗」とし「事実上、文大統領は与党の圧倒的議席(174議席)と関係なく野党が反対することを強行しにくい環境に直面することになった」と話した。

青瓦台はレームダックをやむをえず受け入れる雰囲気だ。民主党でも文大統領と距離を置こうとする雰囲気が顕著になりつつあるからだ。与党の核心人物は「文大統領が与党の過ちで行われる補欠選挙に候補を出すように黙認したことから責任があるのではないか」とし「チョ・グク事態、秋美愛(チュ・ミエ)事態、青瓦台参謀の投機問題などの根底には文大統領の意地があった」とした。(中央日報)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

韓国・文在寅大統領 市長選惨敗で退任後の「収監コース」現実味

韓国で7日、来年3月の次期大統領選の前哨戦と位置付けられる首都ソウルと南部釜山の市長選が行われ、革新系与党「共に民主党」の候補は両市で保守系最大野党「国民の力」の候補に敗れた。いずれの市長選も両党候補の事実上の一騎打ちで、文在寅政権に逆風が吹いた形だ。このままだと次の大統領選も野党候補が勝ちそうだ。そうなると、文大統領も歴代の大統領のように退任後に逮捕確実だろう。(東スポ)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

退任大統領の末路一覧

李承晩(り・しょうばん)初代〜3代大統領

李承晩ラインを引いて、竹島を不法占拠。数々の独裁的な政策を強引に断行した李承晩は、1960年4月の大統領選で圧倒的不利な状況だったため、不○で得票率100%という数字で当選。これを糾弾する大規模なデモが発生、暴徒化。政府が非常厳戒令するが、それでも抑えきれず、5月に李承晩は夜逃げハワイに亡命。

尹潽善(ユン・ボソン)第4代大統領
朴正煕による軍事クーデターで大統領を辞任

朴正熙(パク・チョンヒ)第5~9代大統領)
朴槿恵の父親。クーデターにより軍事政権を樹立。1979年10月晩餐会中に、恨み骨髄の側近に至近距離からピストルで銃殺される。

全斗煥(チョン・ドファン。第11、12代大統領)
退任後に言論弾圧や不正蓄財の罪で、無期懲役、追徴金約196億円の判決を受ける。

金大中(キム・デジュン)第15代大統領)
韓国唯一のノーベル賞受賞(平和賞)。金大中は南北首脳会談の直前に現代グループが事業の権利を得るべく行った北朝鮮への5億ドル(4億ドルとも伝えられてる)の違法な送金を命令し、中華人民共和国の北京・マカオ・香港を経由して金正日とその長男の金正男や側近の張成沢に渡ったとされる。このため首脳会談は送金の見返りだったという見方があり、ノーベル平和賞受賞に疑問を投げかけられている。在任中に三男が、翌月には長男と次男が、それぞれ数十億円にのぼる賄賂を企業から受け取っていとことが発覚し逮捕

廬武鉉(ノ・ムヒョン)第16代大統領)
退任後、贈賄容疑などで側近や親族の逮捕が相次ぐ。支援者である製造会社の社長から夫人に約1億円、実兄の嫁に約5億円が供与されていたことも発覚。検察は盧氏の逮捕を決定。逮捕を恐れた盧氏は自宅近くにある巨大な岩から飛び降り自殺。

李明博(イ・ミョンパク)第17代大統領)
在任中に事実上オーナーを務める会社の訴訟費をサムソングループに肩代わりさせるなど、約10億円の収賄疑惑が浮上し逮捕。懲役15年、約13億円の罰金

朴槿恵(パク・クネ)第18代大統領
知人である崔順実という人物に国政介入させたとして弾劾。大統領としての職務停止後、韓国の大統領初の罷免。2021年1月14日、懲役20年の実刑が確定。

スポンサーリンク

ネット

大統領選挙は5年後の犯罪者を決める韓国の最大イベントなんではないか?と

そんな繰り返しを何度しても変わらないし前政権とは違うからが常套句

5年周期で新しい国になる不思議な国

大人しくお縄に着くのか師匠のノムヒョンと同じ道を選ぶのか。まぁどちらでもいいが残念です。ブンにはしっかり断交までの舵取りをして欲しかった

韓国の大統領は退任後に収監されないと何かの呪いにかかるのだろうか。

皆お決まりのコースを行くのはある意味何かの信仰のように見える。

日本人にとって興味があるのは文さんの一年足らずの任期で何をやるかというより、圧倒的に彼の退任後のこと。

当選→退任(満了)→収監はもはや文化と呼ぶべきだろう。

選挙に負ければ、逮捕収監になることが、大統領の既定コースということが隣国の異常性を表している。隣国国民は、どう思っているのか?

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました