社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【オバマは金のため、トランプ氏は国のために働いた】オバマは大統領職で多額の利益を得、第45代トランプ大統領は損得抜きで働き、11億ドルの損失

スポンサーリンク

オバマは大統領になったことで多額の利益を得る。トランプは11億ドルの損失

 04/09/21

ビジネスの才覚を誇るドナルド・トランプ前大統領は、就任当初、資産の切り離しを断行した。2017年に売り払って再投資していれば、彼は16億ドルの金持ちになっていただろう。

左派メディアが何年にもわたってトランプを邪悪で貪欲な脅威として描こうとしてきたが、最近になって正反対のことが露呈した。

フォーブスは今週初め、トランプ氏が大統領就任後に11億ドルの損失を出し、億万長者ランキングで当初の順位から300位近く下げたと発表しました。

これは、トランプ氏の分身を悪魔のように描いてきた既成メディアにとって、大きな打撃となる。

スポンサーリンク

トランプ氏の財産は1/3に減少

“2017年1月にホワイトハウスに入ってから数ヶ月前に退去するまでに、ドナルド・トランプの財産は35億ドルから24億ドルへと3分の1近く減少した。“とフォーブスは書いている。

トランプ氏は、就任時にポートフォリオの売却を断念したことで、何年にもわたって大統領の座を遅らせた一方で、自分が作ったビジネスブームから利益を得るチャンスを失った。

フォーブスのダン・アレグザンダー記者は、いくつかのトランプ氏の資産をリストアップし、もし前大統領が最初からそれらを売却していれば、今よりも16億ドルも裕福な状態で大統領職を終えられたはずだと主張した。

スポンサーリンク

トランプ氏は無給で働き、寄付もした

トランプ氏は任期中、給料を受け取ることを断念し、代わりに40万ドルの年俸をさまざまな政府機関に寄付していました。

トランプ氏が国家の利益のためにポートフォリオを高める機会を犠牲にしたことは明らかですが、バラク・オバマ前大統領はそうであったとは言えません。実際には、オバマ氏はその地位からお金を稼いだのです。

スポンサーリンク

オバマは大統領職で金を稼義、資産は4000万ドル

2018年のBusiness Insiderのレポートによると、オバマ夫妻は現在、ホワイトハウスに入ったときの30倍以上の純資産があるという。オバマの現在の純資産は4,000万ドルと言われている。

オバマ氏は、2005年から大統領職の終わりまでの間に、大統領職の給与や書籍の販売、その他のビジネスベンチャーから2,000万ドルを得たと言われています。

2017年のフォーブスのレポートによると、オバマは『Dreams from My Father』で700万ドル近く、『The Audacity of Hope』と『Of Thee I Sing: A Letter to My Daughters』で900万ドル近くを稼ぎ、合計で約1560万ドルを著者としてワシントンで稼いだという。

スポンサーリンク

オバマは国の問題より利益を優先

簡単に言えば、オバマ氏は国の問題よりも、利益のために本を書くことを重視していたのである。また、政策を打ち出したとしても、「賃金格差をなくす」というような冗長なものだったり、2015年に最高裁が下した同性婚の判決を支持するなど、政治的にダメージを与えるものだったりしました。

一方、トランプ氏は就任後、南の国境を守り、命を守り、経済を活性化させ、何百万人ものアメリカ人にワクチンを接種するための基盤を築こうとしていました。(thebl)

Obama profits handsomely from his presidency: Trump loses .1 billion
When he first took office, former President Donald Trump, who prides himself on his business acumen,...
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました