社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「乗車拒否問題」車イス芸人・ホーキング青山氏の意見に絶賛の声/「実力行使のようなやり方が他の障害者のためになるのかな?」「怒りをベースにしたら誰も得をしない」

一般
スポンサーリンク

JR「乗車拒否問題」 車イス芸人・ホーキング青山氏はこう見た

「なかば実力行使のようなやり方だと、障害者への理解どころか反発を招かないかとも思うのだ。そしてそれが、はたして他の障害者のためにもなるのか? といえば絶対ならないと思う」

そして、こんなエピソードを披露している。

「以前、電車に乗ったときのこと。初めて降りる駅に着いたとたん、ものすごく駅員さんの感じが悪かった。最初は困惑したし、気分も良いもんじゃないが、余計なことは言わずに、お礼だけ伝えてその場を去った。

その駅は、そのあと仕事で毎週使わなければならなかったので、その人がいるとそれだけで憂鬱だった」

スポンサーリンク

後でとけた誤解

出会って3カ月ほど経ったころ、いつものようにホームでその駅員さんと電車が来るのを待っていたら、ホーキングさんの顔をマジマジと見ながらこう言ったという。

あなたは明るいね。いつもかけてくれるお礼の言葉を聞いてれば声でわかる。前にこの駅に来てた車イスの人はまあ横柄でこっちが手を貸そうが何をしようが何も言わない。それは別に仕事だから良いけど、ある時世間話でもしてみようかと思って『こちらに来られるのは仕事か何かですか』って聞いたら『この駅に車イスで来るのは仕事じゃなきゃダメなのか!?』っていきなり凄まれちゃって。

あまりにも感じが悪くて正直嫌いでした。でその後今度はあなたが来られてまたおんなじような人だったら嫌だな、とずっと思ってたんですけど、いい人で良かった

スポンサーリンク

事前に連絡したら対応できるとまで言ってくれている

「本来なら健常者と同様に、連絡しないでもその場で普通に対応してもらえることがベストであることは間違いないし、それでこそ真のバリアフリーなわけです。

現状はそこまでいっておらず、そのことを問題提起することは大事だと思います。

過去には今以上に乗車拒否はあったし、私も経験したことがあります。

でも、この20年ほどで一気にバリアフリー化が進み、今は少なくとも『事前に連絡』さえしておけば、乗車拒否されることはなくなっています。

もちろんこれでいいわけではなく、さらにバリアフリー化を進めていくのが理想なのですが、ただ、今回の関係者の方のコメントを見ても、少なくとも『乗せ(たく)ない』とは言っていないわけで、むしろ『事前にご連絡いただければお待たせすることなく対応できる』とまで言ってくれているんだから、正直対立するのはあまり良いことではないように思いました。

スポンサーリンク

怒りをベースにしたら誰も得しない

多くの障害者が障害を理由に、本来人が当然の権利として行使できることを侵害あるいは剥奪された経験があること、その悔しさや怒りを抱えて生きてきたという現実があります。それを知ってほしい、わかってほしい……こんな思いをしている障害者が多いことは同じ立場なのでよくわかります。

一方で、『バリアフリー』といっても、あくまで理解があってこそ進むものなわけで、怒りをベースに進めようとしたら、反発を招いてしまって、結局誰も得をしないことになってしまうんじゃないかなあと思いました」(デイリー新潮抜粋)

JR「乗車拒否問題」 車イス芸人・ホーキング青山はこう見た(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
 コラムニストの伊是名夏子さんのブログが話題になり、議論を呼んでいる。  伊是名さんは車椅子で移動するのが日常だ。  著書『ママは身長100センチ』(ハフポストブックス・2019年刊)の紹介には
スポンサーリンク

ネットの声

この方、実際、過去のブログ記事が掘り起こされ、モラルに欠ける行為も指摘されています。

そりゃいろいろな思いはあるんでしょうけど、他の人に何かしてもらったときは一言「ありがとう」と言えるだけで大分違うと思うんですけどね。やってもらって当たり前という態度はよろしくないわな。この人だけの特殊な事例だと思います。

本当であればこういう意見が普通と言うか、今まで先人がバリアフリーを何故叫んできたか何故障害がある人でも共生できる社会になってきたか。互いの譲歩尊重があってこそ成り立ってきた。それにもかかわらず、この社民党役員の当人はハンディキャップをVIP待遇の印籠と思ってらっしゃる。

印籠あらば自分良ければそれで良しと思ってらっしゃるから他の障害持った人の肩身が狭くなる。そして社民党や朝日新聞あたりがそれを持てはやすからこそハンディキャップ問題への関心にバイアスがかかる悪循環を生む。実に嘆かわしい。

これで社民党が労働者をある種道具と思ってることが知れたし、朝日新聞がハンディキャップの印籠だけで物事を見てることがよーくわかったよ。

善意無くして共生があると思わないことです。

熱海市はバリアフリー構想のもと、2017年の網代駅を始め、利用者1,000人前後の無人駅にもエレベーターの設置をJRと共に進めています。

お互いに「お願いします」「ありがとう」ってだけのことなんだけどね。障害のあるなしに平等な立場で。それぞれがお互いを気遣いながら一生懸命やっているんだから。今回の件は女性が残念なことにこれができなかった。一方的な意見を述べすぎた。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました