社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領圧倒的支持82%】/有権者の78%が選挙IDの義務化に賛成、2/3がMLBは取引している「中国」をボイコットすべき/マクラフリン調査

政治
スポンサーリンク

「メディアはバイデンに厳しく接している」は、わずか14%

2021 12:13 PMCurrent|Bio|Archive

全有権者のうち、ニュースメディアがジョー・バイデンに厳しく接してきたと答えた人は約半数の45%、厳しく接してきたと答えた人はわずか14%でした。無党派層では、「やさしい」と答えた人が52%、「厳しい」と答えた人は7%でした。穏健派は38%が「やさしい」と答え、12%が「やさしい」と答えました。テレビニュースを見る傾向のある55歳以上の有権者は、ニュースメディアがバイデンにやさしいと答えたのは62%で、より厳しいと答えたのはわずか5%でした。

バイデンは約束を守っていない」は52%

バイデン大統領は、アメリカを団結させ、人種関係を改善するという約束を守ったと答えた有権者は46%と半数以下。

アフリカ系アメリカ人の74%、ヒスパニック系アメリカ人の64%が「バイデン大統領はその約束を守った」と答えているのに対し、白人有権者の36%だけが「その約束を守った」と答え、全体の52%が「守っていない」と答えています。

スポンサーリンク

大多数(73%)はキャンセルカルチャーは行き過ぎだと考えている

大多数の有権者は、”Cancel Cultureはアメリカで行き過ぎており、国をまとめてアメリカ人を団結させる代わりに、Cancel Cultureはアメリカを分裂させ、私たちの言論の自由が脅かされている “という声明に73%が同意しています。

この意見に反対したのはわずか16%で、トランプの有権者の87%が賛成しましたが、バイデンの有権者の61%も同様でした。キャンセル文化は行き過ぎであり、言論の自由を脅かすものである」という意見は、党派、イデオロギー、人口統計のすべての層で多数を占めました。

スポンサーリンク

有権者の78%が選挙IDを義務化すべき

全有権者の4分の3にあたる78%が、「選挙における有権者証明書の義務化」を支持しています。この義務化は、有権者が投票する際や不在者投票を依頼する際に、自分が自分自身であることを証明する、政府発行の有効な身分証明書を提示することを義務付けるものです。

反対はわずか17%。トランプ氏の有権者の92%、バイデン氏の有権者の66%がこの施策を支持しています。不在者投票を含む投票の際の有権者IDについては、白人の83%、アフリカ系アメリカ人の72%、ヒスパニック系の61%など、すべての党派、イデオロギー、属性の有権者層で強い支持があります。

スポンサーリンク

2/3以上が「MLBは取引している中国をボイコットすべき」

しかし、「メジャーリーグベースボールやその他の企業が有権者法を理由にジョージア州をボイコットする前に、彼らが有利なビジネス取引や投資を行っている共産主義中国が、奴隷労働を行い、キリスト教徒やその他の宗教を迫害し、自由で民主的な選挙を禁止していることを理由にボイコットする必要がある」という意見には、3分の2の67%が賛成しました。

反対はわずか19%でした。ジョージアをボイコットする前に中国をボイコットしようという合意は、あらゆる地域、政党、イデオロギー、人種、その他の属性に広がっています。アメリカの有権者の大多数は、MLBやその他の企業が、共産主義中国への服従とは対照的に、ジョージアへの扱いは分裂的で偽善的であると見なしていることがよくわかります。

スポンサーリンク

トランプ氏は2位を引き離す圧倒的支持

2024年にトランプ大統領が再び大統領選に出馬した場合、共和党の予備選挙投票者は82%対15%でトランプ大統領を支持するでしょう。

15人の候補者で混戦が予想される中、トランプ大統領が55%の得票率でリードしています。マイク・ペンス氏が10%、ロン・デサンティス氏が7%で、2位と3位は非常に離れています。トランプ大統領のいない16人の候補者では、マイク・ペンスが19%でトップ、ドナルド・トランプ・ジュニアが15%、ロン・デサンティスが14%、テッド・クルーズが10%で続いています。ジョン・マクラフリンは、35年以上にわたり戦略コンサルタント、世論調査員として活躍しています。

https://www.newsmax.com/mclaughlin/Exclusive-McLaughlin-Polling-Likely-Voters/2021/04/16/id/1017869/
スポンサーリンク

MLBは中国共産党との取引を拡大した翌日にジョージア州でのオールスターゲームをボイコットしました。

2021年4月4日

メジャーリーグは、中国共産党との関係が深い中国企業「テンセント」との契約を拡大した。

この発表は4月1日に行われた。

4月2日、メジャーリーグはオールスターゲームをジョージア州から移動させました。ジョージア州のリーダーたちが、同州での不在者投票に写真付き身分証明書を必要とする新しい選挙法を可決したためだ。MLBは、これは非民主的だとしている。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました