社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「住宅への太陽光パネル設置を義務化」の非常識発言の進次郎に保守層が激怒/「民主主義否定の暴論!」「基本的な常識も知識も教養もない!」「ファシズム的な発想だ!」

政治
スポンサーリンク

住宅の太陽光義務化「視野」 温暖化ガス目標強化に意欲―小泉環境相

2021年04月17日07時38分

小泉進次郎環境相は16日、時事通信のインタビューに応じ、政府の2030年度の温室効果ガス削減目標(現行は13年度比26%減)について「間違いなく今より強化されるのは目に見えている」と述べ、引き上げへの意欲を示した。

目標達成で「一番のカギは再生可能エネルギーだ」と強調。住宅への太陽光パネル設置義務化を「視野に入れて考えるべきだ」と訴えた。

再生エネの国内への導入の見通しについて、小泉氏は約10年後を見据え「技術革新の果実が生まれコストもより安くなり、ぐっと再生エネが入る時期が間違いなく来る」と指摘。30年以降に再生エネの活用が本格的に進展し、温室ガス削減が加速するとの見方を示した。

当面の取り組みについては「30年までの間にいかに太陽光を入れられるかが最重要」と説明。国や自治体の庁舎といった公共施設、農地などへの太陽光パネル整備を促す。

全国で再生エネの利用を推進するための自治体への支援に関しては「今のレベルでは全く足りない」と強調。米バイデン政権が地球温暖化対策などに向けたインフラ投資で約220兆円を投じる方針を踏まえ、「国際水準の投資を政府が見せていかなければ民間は大きく動かない。国の明確な覚悟を打ち出していく」と話した。

住宅の太陽光義務化「視野」 温暖化ガス目標強化に意欲―小泉環境相:時事ドットコム
小泉進次郎環境相は16日、時事通信のインタビューに応じ、政府の2030年度の温室効果ガス削減目標(現行は13年度比26%減)について「間違いなく今より強化されるのは目に見えている」と述べ、引き上げへの意欲を示した。目標達成で「一番のカギは再生可能エネルギーだ」と強調。住宅への太陽光パネル設置義務化を「視野に入れて考える...続きを読む
スポンサーリンク

著名人のツイート

国民の私有財産である住宅をどうするかを、政治が「義務化」する云々というのは民主主義の根本をひっくり返すような暴論であり、中国共産党ですらできなかったファシズム的な発想

こいつ、ほんまのバカ、というか、基本的な常識も知識も教養も知恵もまったく足りない無能な人間

バカを自覚していないのが怖い

スポンサーリンク

ネットの声

親子そろって、日本をぶっ壊す気ですかね。

こんなバカ選んで、国政に送り出してる選挙区の人々は責任を感じて欲しいですね!

害虫を全国に広めないで欲しい。

此処まで来たら犯罪ですよ

小泉進次郎を政治から引き摺り下ろさないと!!

今までの発言を鑑みても自覚のない馬鹿なのは確か。

スポンサーリンク

進次郎、レジ袋有料化、スプーン有料化、の次は「身分証が多すぎるから改善だ」(3/17)

3月17日

河野氏によると、自治体から多数の身分証について「重くて首が折れそう」という話もあったという。検査先に一つひとつの身分証を提示しなければならず、人事異動などでの発行事務にも手間がかかっていた。

このため、身分証1枚に資格などを統合する様式に変更。自治体が条例で定める独自の身分証についても、追加できるとしした。河野氏は「行政手続きに関する生産性が極めて低い現実を直視し、不便なものは自ら直すことが必要だ」と語った。(朝日新聞)

「首折れそう」多すぎる身分証 河野氏と小泉氏が改善:朝日新聞デジタル
 首からジャラジャラと垂れ下がる身分証、スッキリさせます――。河野太郎・規制改革担当相と小泉進次郎環境相が16日の閣議後会見でそんな発表をした。環境省の職員が立ち入り検査で使う多数の身分証について、愛…
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました