社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ジョージ・フロイト氏裁判:ジェナ・エリス弁護士「控訴すれば有罪判決が覆る」/無罪なら暴力を振るうと言った民主党議員の発言等で、陪審員にバイアスがかかった可能性を指摘

政治
スポンサーリンク

ジェナ・エリス弁護士のツイート

“ショービンは公正な裁判を受けたのか?それは控訴審で問われることになるだろう」とエリスは言う。”そして、私は彼がそうだったとは思いません。控訴裁判所がすべての要素を考慮するならば、控訴審ではこれを覆して彼に再審を与えることになると思います」

スポンサーリンク

ジェナ・エリス弁護士、控訴すれば有罪判決が覆るだろう

憲法学者のジェナ・エリス氏は、ミネアポリス市の元警官デレク・ショービン氏が偽造容疑者ジョージ・フロイド氏を殺害した罪で有罪判決を受けたことについて、火曜日にNewsmax TVで公正な裁判を受けていないと述べ、控訴すれば有罪判決が覆るだろうと示唆した。

“デレク・ショービンは公正な裁判を受けたのか?2020年のトランプ大統領選挙で弁護士を務めたエリス氏は、「デレク・ショービンが公正な裁判を受けたかどうかは、控訴審で問題になるでしょう。”そして、私は彼がそうであったとは思いません。控訴裁判所がすべての要素を考慮するならば、控訴審ではこれを覆して彼に再審を与えることになると思います」。

スポンサーリンク

裁判長は「有罪にならないと暴力を振るう」と言った民主党議員の発言を受け、裁判が通常と違う形で行われたことを指摘し控訴の理由を指摘

ピーター・ケーヒル裁判長は、ショービン氏が有罪にならなければ群衆に暴力を振るうことを示唆するようなマキシン・ウォーター下院議員(カリフォルニア州選出)の発言を受けて、陪審員の隔離、裁判の移動、無効審理の宣言を行わなかったことを引き合いに出し、エリス氏は控訴の理由を数多く指摘した。

ペロシ氏、トランプ氏を “扇動 “で弾劾した後、暴力を扇動したマキシン・ウォーターズ氏を擁護した👇

“陪審員は実際に正しい評決を下したのか、そしてマキシン・ウォーター氏の発言やJoe Biden氏の今日の発言があったとしても、彼らは同じ評決を下したのか、それとも影響を受けたのか?エリスは “Stinchfield “でこう述べました。

エリスは “Stinchfield “で次のように述べています。「だからこそ、バイアスがかかっているように見えることは非常に重要なことなのです。陪審員は事実の発見者であり、感情的な正義の戦士ではありません

スポンサーリンク

デレク・ショービンは公正な裁判を受けたとは思えない

検察官と弁護人の両方を務めた経験を持つエリスは、デュープロセスは憲法上の意味で機能していないと述べた。

“デレク・ショービンは公正な裁判を受けたのでしょうか?私はそうは思わない」とエリスは言う。“その意味で、真の正義は果たされなかったのです。社会正義の戦士たちは勝利を宣言している。判決直後のジョー・バイデンの発言は、人種間の不平等についてのもので、これはもっと大きな文脈でのショービンについてのものだと思います。

“この事件に個人的に関わりたいと思っている人たちは、企業のホワイト・ギルト(白人の罪悪感)が原因だと思っている。それはこの裁判の目的とは全く違います」。

https://www.newsmax.com/t/newsmax/article/1018399?section=politics&keywords=ellis-chauvin-fairtrial-appeal&year=2021&month=04&date=20&id=1018399
{{description}}
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました